特集

フライング Vを年代ごとにレビュー。Vintage Salon vol.7 Gibson Flying V Collection
特集

フライング Vを年代ごとにレビュー。Vintage Salon vol.7 Gibson Flying V Collection

GIBSON
・1958年製 Flying V sn:8 2704
・1967年製 Flying V sn:000926
・1975年製 Flying V sn:412168
・1980年製 Flying V2 sn:82940021

 東京・渋谷にある“ESPミュージアム”で、2017年1月29日(日)、「Vintage Salon vol.7 Gibson Flying V Collection」が開催される。これはESPミュージアム所蔵の貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らし、そのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開視聴会だ。今回は59年、67年、75年のフライングVに加え、80年のフライング V2も登場。デモンストレーターにSYUを迎え、ミニライブ形式の「Vintage Salon」となることが予想される。

マニアックなレスポールのバリエーション・モデルも登場!「Vintage Salon vol.6 Gibson Les Paul Collection」
特集

マニアックなレスポールのバリエーション・モデルも登場!「Vintage Salon vol.6 Gibson Les Paul Collection」

GIBSON
・1957年 Les Paul Standard sn:7 6169
・1958年 Les Paul Standard sn:8 6802
・1959年 Les Paul Custom sn:9 1598
・1959年 Les Paul TV model sn:9 6269

 東京・渋谷にある“ESPミュージアム”で、2016年11月27日(日)に「Vintage Salon vol.6 Gibson Les Paul Collection」が開催された。これはESPミュージアム所蔵の貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らし、そのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開視聴会だ。今回は、大変豊富な所蔵品の中から1957年~60年の選りすぐりの様々なレスポールが6本登場予定。GAKKIソムリエでは、これらの中から3本の仕様や特徴を紹介しよう。

ギブソンの様々なギターのサウンドを視聴できるVintage Salon Vol.5
特集

ギブソンの様々なギターのサウンドを視聴できるVintage Salon Vol.5

GIBSON
・1960年製 Les Paul Standard sn: 0 7451
・1958年製 Les Paul Special sn: 8 2453
・1965年製 SG Standard sn:265405
・1965年製 Firebird III sn:123801

 東京・渋谷にある“ESPミュージアム”で2016年9月11日(日)に「Vintage Salon vol.5 Gibson編」が開催された。これはESPミュージアム所蔵の貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らして、そのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開視聴会だ。今回は、ギブソン編としてLes Paul Standard 1960年製、Les Paul Special 1958年製、SG Standard 1965年製、Firebird III 1965年製の4本が登場。

ギタリスト、ジョシュ・スミスを迎えたVintage Salonの番外編
特集

ギタリスト、ジョシュ・スミスを迎えたVintage Salonの番外編

GIBSON
・1959年製 Flying V sn:9 1713
・1956年製 Les Paul Custom sn:612365

FENDER
・1956年製 Telecaster sn:12649
・1959年製 Stratocaster sn:35038

 東京・渋谷にある“ESPミュージアム”で2016年7月10日(日)に「Vintage Salon vol.4 番外編」が開催された。これはESPミュージアム所蔵の貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らして、そのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開視聴会だ。今回はESPミュージアムとベムラムのエフェクターで知られるトライサウンドの合同企画として、次世代の名ブルースギタリストと期待されているジョシュ・スミス(JOSH SMITH)がESPミュージアム所蔵のギターをプレイするスペシャル・バージョン。 今回登場する4本は「ギブソン・フライングV 1959年」「ギブソン・レスポール・カスタム 1956年」「フェンダー・テレキャスター 1956年」「フェンダー・ストラトキャスター 1959年」だ。極めてレアなフライングVはもちろんのこと、他の3本は所蔵ギターの中でも弾き込まれた風格のあるギターが登場した。

ブラックガードからペイズリーまで『ESPミュージアム』所蔵のテレキャスターを4本一挙レビュー
特集

ブラックガードからペイズリーまで『ESPミュージアム』所蔵のテレキャスターを4本一挙レビュー

FENDER
・1954年 Telecaster sn : 2721
・1957年 Telecaster sn : -21037
・1965年 Telecaster Custom sn : L90348
・1968年 Telecaster (ペイズリー) sn : 240283

 東京・渋谷にある“ESPミュージアム”で、2016年5月8日(日)に「Vintage Salon vol.3 Fender Telecaster編」が開催された。これはミュージアムが所蔵する貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らしてそのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開視聴会だ。今回はテレキャスターを4本フィーチャーし、「1954年製」、「1957年製」「1965年製テレキャスター・カスタム」「1968年製(ペイズリー)」のサウンドを、ギタリスト横内“TAKE”健亨の演奏で体験。ここでは4本のヴィンテージ・テレキャスターを紹介しよう。

『ESPミュージアム』所蔵のレオ・フェンダー在籍時ストラトキャスター4本一挙レビュー
特集

『ESPミュージアム』所蔵のレオ・フェンダー在籍時ストラトキャスター4本一挙レビュー

FENDER
1954年製 Stratocaster sn : 0483
1957年製 Stratocaster sn : 15195
1962年製 Stratocaster sn : 71770
1965年製 Stratocaster sn : L86976

東京・渋谷にある“ESP ミュージアム”で、2016年3月20日に『Vintage Salon Vol.2』が開催された。これは、ミュージアムが所蔵する貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らしてそのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開試聴会。しかも、同じモデルの年代違いを同じ条件で試奏することで、仕様や年代の違いによるトーンの違いが明確になる。今回はレオ・フェンダーがフェンダー社に在籍していた時期に生産されたストラトキャスターをテーマに「1954年製」「1957年製」「1962年製」「1965年製」の4本のギターを試奏された。

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.4
特集

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.4

 ヒストリック・セレクトは、最新のトゥルー・ヒストリックやこれまでのアーティストモデルを基に、楽器店からのオーダーで様々な仕様に組み合せることができる。ここでは実際に2015年秋に日本に届いたヒストリック・セレクトの一部を紹介してみよう。
撮影 : 大谷十夢治

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.3
特集

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.3

 ヒストリック・セレクトは、どのようにしてオーダーされるのだろう。近年日本のギブソン・ディーラーは、より日本のニーズにマッチした製品を製作するために、年に4回ナッシュビルにあるギブソン・カスタムのファクトリーにオーダーツアーを組んでいる。ファクトリーに保管されている全てのボディ材を念入りにチェックし、自分たちで考えたコンセプトのイメージに最適な木材をフィニッシュとのマッチングを考慮しながらひとつひとつ念入りに選んでオーダーしている。定期的に今回は特集のパート3としてツアーに参加しているギブソン・ディーラーのスタッフの方々に集まって頂き、ラウンド・テーブルを行った。ヒストリック・セレクトはどのようにして誕生するのか? ファクトリー・ツアーでは何が行われるのか? ギブソン・ディーラーのスタッフ達は、トゥルー・ヒストリック(以下TH)やヒストリック・セレクト(以下HS)をどう見ているのか? 彼らの本音を語ってもらおう。

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.2
特集

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.2

エドウィン・ウィルソン / ギブソンカスタム ヒストリック・プログラム・マネージャー

ギブソン・カスタムのトゥルー・ヒストリック、ヒストリック・セレクトのプロジェクトを実現するにあたり、先頭に立って指揮をしているのが、ヒストリック・プログラム・マネージャーを務めるエドウィン・ウィルソンである。彼のヴィンテージ・リイシューに対するあくなき追求心とこだわり、ギター作りに関する幅広い知識と技術があってこそ、この2つのプロジェクトが実現したことは間違いない。ギター作りに込められた彼の強いこだわりを語ってもらった。

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.1
特集

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.1

長年ヴィンテージ・レスポールを細部まで研究してきたギブソン・ヒストリック・プログラム・チームが全ての仕様やパーツの素材、形状、製作方法に至るまで原点に立ち帰ったヴィンテージ・リイシューの集大成“トゥルー・ヒストリック”と“ヒストリック・セレクト”が完成した。
これまでのリイシュー・モデルとはどこがどのように異なるのか? トゥルー・ヒストリックとヒストリック・セレクトとの違いは何か? そしてそのサウンドは? 新たな次元の扉が今開かれた。

取材協力:GIBSON GUITAR CORP.JAPAN

1 2

Player

2017年2月号

定価976円
(本体904円)A4判

2016年12月29日(木)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

KEITH RICHARDS

ブルースカバー作をリリースしたローリング・ストーンズより、キース・リチャーズをフィーチャー。
新作にも参加したエリック・クラプトンとの交流、ミカウバーの解説、さらに1985年のインタビュー音声と「ブラウン・シュガー」のレクチャートラックを収録したCDを付属!

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!