インタビュー

大切な人へ宛てた"手紙"が歌になる「音色ポスト」

Behind The Scene

近藤あきら / 渡辺キョータ

音色ポスト 代表

 音色(ねいろ)ポストはブライダルをはじめとして、記念日など特別な日や行事のためにプロの作曲家やミュージシャンが楽曲を制作する全く新しい音楽サービスだ。今回はその代表である近藤あきら氏(写真左)と、(『GAKKI ソムリエ』のデモンストレーターでもある)コンポーザーの渡辺キョータ氏(写真右)に話を訊いた。

2_neiro.jpg

1_neiro.jpg 「音色ポスト」とはどのようなサービスなのでしょうか?

 大切な人への想いのこもった手紙を歌詞にして"世界に一つだけの歌"を制作できるサービスです。ご依頼いただく方の音楽知識はゼロで利用でき、結婚式やプロポーズ、お子様の誕生など様々な用途のサプライズや記念として利用できます。音楽を使った盛大な演出にも、控えめでさりげない演出にも、依頼者が求める演出にマッチングできることも特徴です。

 どんなきっかけでこのようなサービスを始めたのでしょう?

 人生の中の一番幸せな瞬間を僕の作った音楽で盛り上げたいと思ったのがきっかけです。バンドやバックミュージシャン、音楽制作などいろいろとやってきましたが、個人の心にピンポイントで届く曲を作ってみたいという気持ちがだんだん強くなってきました。

 なるほど。

 その際に、制作側と依頼者が想いを共有するためにはどうしたらいいかを考えました。思い出と音楽を繋ぎやすい"手紙から歌を作る"という依頼者参加型の方法を選びました。大切な人への想い、最高のシチュエーション、特別な1曲をテーマとして「想い=体験=音楽」を一体化します。これによって、作品としての音楽を聴く度に体験や想いに繋がり、リスナー個人個人の心に想いを響かせることができます。

 手紙から音楽を作るから「音色ポスト」というネーミングなのですね?依頼者は手紙を書くようにして依頼するのも新しいですね。

 最初はメールなどでお問い合わせいただくことからスタートします。そこで、どんな楽曲にしたいか、曲調やジャンルなどを確認します。その上で、曲を贈りたい人への手紙を書く要領で"想いを綴った手紙"を書いていただきます。音色ポストのスタッフは、その手紙を元にプロの観点から曲に合うように調整して、作詞、作曲、録音という流れで進行します。依頼者自身が楽器で参加したり、歌を歌えるプランなどもあります。詳しくはHPをご覧ください。

 その方法だと専門的な音楽知識は不要で、しかもスピーディーに進みそうですね?

 自分が利用した時のことを想定し、めんどくさいことは極力排除しました(笑)。お問い合わせなどはメールをメインにしていますから、打ち合わせなどもスムーズに進みます。お客様とは顔を合わさず制作が終了することがほとんどです。もちろんお会いしての打ち合わせも可能です。

 音色ポストのスタッフは皆プロとして活躍している方々だと思いますが、依頼者の気持ちを曲にする上で特にこだわっている部分は?

 歌詞の部分では、やはり手紙から作ることがポイントでしょうね。手紙を書く時には相手のことをしっかり考えて、心を込めますよね? だからこそ、言葉には強力な力が宿るはずです。それをメロディに乗せて"歌"にすることで、想いが人の心に、より印象深く刻み込まれると僕は思います。何回聴いても飽きないメロディを作曲し、そして演奏もDTMで全て作るのではなく"生"の演奏をメインにしてリアルさも追求しています。やっぱり人が演奏するのが僕は好きなんですよね。

3_neiro.jpg▲曲の内容やテーマに合わせ男声、女声、いずれのボーカルにも対応。出来る限りナマの音にこだわっている。

 生の演奏が多いとは驚きました。音色ポストにはどんなスタッフが参加していますか?

 渡辺キョータをはじめとする第一線で活躍しているプロミュージシャンやレッスン・トレーナーなどが楽曲制作と演奏を行なっています。人と音のつながりを考えられるメンバーなのでクオリティも安心していただけると思います。

4_kyota.jpg▲『GAKKI ソムリエ』のデモンストレーターの渡辺キョータはメイン・コンポーザーで活躍中だ。

 これまで依頼されてきたのはどのようなケースが多いですか?

 結婚式や披露宴でご両親への手紙を歌にしてのプレゼント、結婚式やプロポーズでのサプライズ、相手への贈る言葉を曲にして残したい、結婚式でBGMとして流したい、記念曲にするといったようなケースですね。やはりサプライズイベントのご依頼が多いです。

 依頼者の反応はいかがですか?

 皆さん、貴重な体験をさせていただきました、と非常に喜んでいただいております。実際に自分が書いた手紙が歌になっていくわけですからね。普段なら恥ずかしくて言えない言葉も、手紙なら書けるという人も少なくありません。特別な日に聴いた音楽は歳を重ねても忘れないものですし、曲を聴くたびに情景を思いだして涙される方などもいらっしゃいます。こういうお言葉は音色ポストをやってよかったと思います。

 費用はどのぐらいかかりますか?

 最も人気があるのは「サプライズプラン」で8万円(税抜)です。これは手紙にしていただき、当社のプロ・ボーカリストが歌うもので、制作期間は1~2ヶ月です。「スペシャルプラン」は15万円(税抜)で、納期は2~3ヶ月です。これは依頼者の歌声を録音できるプランになり、当社アーティストが付き添い、技術指導をしながらレコーディングを行います。また、ギターやピアノなど楽器での演奏参加にも対応します。他にも、全てこちらで制作する「おまかせプラン」6万円(税抜)もあります。

 今後はライブ演奏にも対応するとか?

 音楽の力を存分に味わっていただきたいので、今後はライブ演奏も視野に入れております。目の前で生の演奏で観られると、もっと感動していただけると思うんですよね。

 今回は記念の曲をメインに伺いましたが、他にも業務サービスをしているようですね?

 音色ポストでは企業様のテーマソングやイベントソングの制作など、幅広く行っております。まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

2_neiro.jpg

問い合わせ : 音色ポスト
http://www.neiropost.com/

本記事は2017年3月時点の情報です。

Player

2017年5月号

定価760円
(本体704円)A4判

2017年4月1日(土)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

エレファントカシマシ

“誰も読んだことがないエレカシの30年” デビュー30周年を迎えるエレファントカシマシの楽器変遷から迫る、もうひとつのバンドストーリー

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!