インタビュー

We Love FENDER GUITARS! Vol.15

We Love FENDER GUITARS!

堀 芳郎

 「GAKKIソムリエ」のオリジナル企画“We Love FENDER GUITARS!”。アマチュア・ギタリスト達のギターライフやギターストーリーを、ギタ−の紹介と共にたっぷりと語って貰う人気コーナー。そうだ、僕達はフェンダー・ギターで大きくなったんだ!大切な思い出、そこにはいつもギターがあった…。

WLF_kiji_banner.png 同級生のストラトキャスターを譲ってもらったのが高校2年生の時。そこから僕のフェンダー人生が始まった。途中ギブソンやマーティン、スタインバーガー、クレイマーなど、様々なギターに出会った。子育ても一段落し、10数年前からまた昔のバンド仲間と音楽活動を再開。近年頻繁に手にするギターは、カスタムショップ製の白いテレキャスターとマイケル・ランドゥーのシグネチャー・ストラトキャスター。これまでに色々なギターを手にした分、フェンダー・ギターの素晴らしさが良く分かる。いつもありがとう、フェンダー・ギター...。

■月々1万円の分割払いで...

wlf_hori-1280-101.jpg ギターを始められたのはいつ頃ですか?

 僕は1961年生まれなんですが、中学2年生の時に始めました。ライダーというブランドのドレッドノートを買いました。当時サイモンとガーファンクルが好きで、フォークから入りましたね。でも和製フォークはダメでした。伯父がエルヴィスとかビング・クロスビー、パット・ブーンとか好きで、そっち路線を小さい頃から聴かされていましたから。

 エレキを始めたのは?

 高校1年生ですね。中学3年生の頃にハードロックに目覚めたんです。当時はディープ・パープルとかが好きでストラトが欲しかったのですが、最初に買ったのはなぜかグレコのブライアン・メイ・モデルで(笑)。

 えっ? 自分で選んだのでは...(笑)。

 そうです(笑)。何だろう、スイッチがいくつも付いていたので、いろんな音が出るんじゃないかと...。でもそれはすぐに飽きて、次にフェルナンデスのSTタイプやバーニーを買いました。

 フェンダー・ギターを購入されたのは?

 高校2年の後半かな。同級生の友人がストラトを持っていたんですよ。70年代前半のモデルだった思います。それが欲しくて欲しくて...。でもお金はないし...。あの当時ストラトは高嶺の花でしたから。それで、23ヶ月お願いしたら、同級生がそのストラトを売ってくれたんです。月々1万円の分割払いで(笑)。1年ちょっと彼に毎月払っていましたね。サンバーストのストラトでした。それが初めてのフェンダーです。

 初めてのストラトはいかがでした?

 もう、これを自分が弾いて良いのだろうかっていう...(笑)。高校生でも、このギターはきちっと作られているなって感じましたね。

■そろそろまたバンドでも...

wlf_hori-1280-102.jpg その次にフェンダーを買われたのは?

 それからはしばらくの間フェンダーを買っていないです。二十歳のお祝いに、ES-335を買ったのですが、それからは色々なギターに興味が出てきて、だいぶ遠回りをしました。クレイマーやスタインバーガー、アコースティックだとマーティン000-45を2本、それからギブソンL7の古いやつとかも使っていました。

 ずいぶん買いましたね...(笑)。

 そうですね(笑)。しばらくの間仕事が忙しくてギターをほとんど弾かない期間もあったのですが、友人達もようやく子育てが一段落したので、またバンドでもやろうかという流れが来まして...。それが1213年前かな。その時に、それじゃあということで、トッド・クラウスの赤いサンバーストのストラトを買いました。それからまたギブソン ES-339とか、ヒストリックコレクションのES-S335やトゥルーヒストリックのレスポールなどを買っていましたね。フェンダーだとメキシコ製のテレキャスター、それから今日持ってきたカスタムショップ製のテレキャスター、カスタムショップのマイケル・ランドゥ・モデルも買いました。そうそう、昔フェンダーにいたジョン・カラザースのギターも使っています。

 今日お持ちいただいたモデルは?

 マスタービルダーのジェイソン・スミスのテレキャスターです。ロベン・フォードが好きで、彼のテレキャスに近いモデルをオーダーしました。でも、テレって、使いこなすのがなかなか難しいですね。ですので、ステージでは自信がないです(笑)。もっと歳を取ってから家でブルースでもやれたら良いなと思っています。本当ならサオはせいぜい3本くらいまでかなって思っていたんです。沢山あると手を掛けてあげられないですから。周りにかなりギターを追究している人達がいるので、そういう人達に影響されて、いつのまにか数が増えちゃって...。

 バンドをずっとやっているのですか?

 いや、みんな忙しいので定期的にはなかなか...それでも最低年に1回はライブをしています。バンドのメンバーは、中学、高校の仲間なんですよ。ですので、今となっては貴重かなと。誰か欠けるまではね(笑)。

 ライブという目標があると、あの曲だったらやっぱりあのギターが...みたいな(笑)。

 それはありますね〜(笑)。それもあってつい...(笑)。

 マイケル・ランドゥ・モデルはいかがです?

 フィェスタレッドも昨年発売された2ハムの57ブロンドも良いですね。とにかく音が素晴らしい! 僕は銀座の楽器店で買うことが多いのですが、同じモデルを何本か用意してもらって、チューニングの段階で倍音が出るようなギターを選んでいます。やはり弾き比べると違いは分かりますね。ギターはネジの締め具合で音が変わるから、面白いですよね。

 現在欲しいモデルはありますか?

 このモデルがっていうのは特にないですが、今持っているのがアッシュのギターばかりなので、次いくならアルダーのギターが欲しいですね。テレかストラト...やはりストラトかな。マイクはハム、シングル、シングルも良いかなって...。ここ数年ダメージ加工モデルの購入が続いたので、汚いやつは卒業です(笑)。レリックも良いけど、やり過ぎはどうかな...。

 なるほど。でもこんなにギターを沢山買って、よく奥様から怒られないですね。

 ですね〜。まあ女房はこういうことにけっこう理解があるんです。そもそも昔からのバンド仲間ですからね...(笑)。

wlf_hori450-prof-101.jpg[今週のゲスト]
堀 芳郎
1961年生まれ。東京在住。S&Gでアコースティック・ギターを始める。高校2年の時、友人にストラトキャスターを譲ってもらう。結婚後子供を育て上げるまではバンド・エレキは無し、クラシック・ギター、ギブソン L7などアコースティックを自宅で楽しむ。2005年、中学/高校の友人達とバンドを結成するにあたりエレキ再始動。2本目のストラトキャスターを購入。ロベン・フォードに憧れてブロンド・テレキャスターを購入。2014年カスタムショップのブロンドのテレキャスターをロベン仕様に近づけた仕様でオーダーメイド。2年前に63マイケル・ランドゥ・モデルと出会い、昨年末ジェイソン・スミスのマイケル・ランドゥ1957 ストラトキャスターを購入する。

FENDER Custom Shop Master Built Series Jason Smith 1959 Telecaster Relic

tl-1.jpg マスタービルダーのジェイソン・スミスが製作したテレキャスター。堀さんが憧れるロベン・フォード愛用の白いテレキャスターを意識して近い仕様のモデルをオーダー。ホワイトブロンドのアッシュ・ボディは木目が透けて見える。このモデルを購入する6年前にもメキシコ製の白いテレキャスターを入手した。

 スラブボードと呼ばれる厚みのあるローズウッド・フィンガーボードを採用したメイプルネックは、ご覧のとおりバリトラ。フェンダーでここまで木目の出ているギターはあまり見かけない。ジェイソン・スミスのサインが刻印された彼専用のバック・プレートが使用されている。艶の消えたホワイトブロンド・フィニッシュはレリック加工され、ヴィンテージ感を上手く演出。ボディには軽量なアッシュ材が使用されている。

tl-2.jpg

We Love FENDER GUITARS!

連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.14
北 翔太 /
Master Built Series '69 Stratocaster by Todd Krause
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.13
西田 泰司 / Robben Ford Ultra SP , Stratocaster
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.12
佐藤 雅之 / Robben Ford Model
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.11
関口 健一 / Telecaster Thinline CC , 1963 Stratocaster NOS
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.10
遠藤 淳也 / 1966 Stratocaster by Dennis Galuszka
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.9
加藤 健平 / 1960 Stratocaster
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.8
稲垣 隆 / 60th Anniversary 1954 Stratocaster
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.7
渡辺 敬友 / 1957 Stratocaster , 1962 Stratocaster NOS
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.6
小島 章紘 / 1959 Jazzmaster NOS
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.5
久保田 衛 / 1966 Stratocaster
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.4
北川 裕康 / 1957 Stratocaster Dennis Galuszka
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.3
池田 進太郎 / Custom Telecatser
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.2
永田ショーザブロー / Harrison Tribute Rooftop Tele
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.1
篠田 徹 / 54 STRAT, Michael Landau Signature 1963 Relic Stratocaster

※We Love FENDER GUITARS!は今後隔週連載になります。次回更新は3月17日(金)です。

Interview : 田中 稔 (月刊『Player』)

製品情報

FENDER Custom Shop
Master Built Series Jason Smith

もっと見る

Player

2017年7月号

定価760円
(本体704円)A4判

2017年6月2日(金)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

角松敏生

1987年にリリースされたインストゥルメンタルアルバムの新録「SEA IS A LADY 2017」が完成。楽器誌だから語れる角松流ギターインストの美学

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!