インタビュー

We Love FENDER GUITARS! Vol.18

We Love FENDER GUITARS!

川村 兆

 「GAKKIソムリエ」のオリジナル企画“We Love FENDER GUITARS!”。アマチュア・ギタリスト達のギターライフやギターストーリーを、ギターの紹介と共にたっぷりと語って貰う人気コーナー。そうだ、僕達はフェンダー・ギターで大きくなったんだ!大切な思い出、そこにはいつもギターがあった…。

WLF_kiji_banner.png 17歳で初めてエレキギターを手にした。バンド活動にも夢中になった。しかし、社会人になり忙しく仕事に追われていく中で、ギターから少しずつ離れていった...。あれから20年、ある切っ掛けからまたギターを手にした。バンド活動も再開し、念願のカスタムショップ製ストラトも手に入れた。第2のギター人生が充実していく中で、多くの音楽仲間と出会い、掛け替えのない時間を過ごしている。ありがとうフェンダー、ありがとうストラトキャスター...。

■音がすごく好みだった

WLF_kawamurasan1280-101.jpg ギターを始められたのはいつ頃ですか?

 エレキを本格的にやろうと思ったのは17歳の頃です。親父がクラシック・ギターをやっていたので、家にはギターがありましたが、いたずらで触った程度でしたね。

 最初に購入したエレキギターは?

 フェルナンデスのストラト・タイプです。当時BOOWYが流行っていて、遊び仲間とバンドをやろうという話になり、BOOWYのコピーバンドを組みました。

 では、フェンダーを意識されたのは?

 実は、その後20年近くギターから離れていたので、私は俗にいう復活組なんです。40歳になってまたやってみようと。フェンダーを初めて買ったのは89年前で、アメリカン・デラックスを買いました。アッシュ・ボディでメイプル指板のモデルを。そこからまた色々とあり、一度機材を手放して4年程前からまた本格的に...。

 現在バンド活動は?

 やってます、私はギター&ボーカルです。いわゆるロックバンドですけど、尊敬しているギター好きのギタリストがいて、その方からお誘いを受けまして...。ガレージ・ロックっぽいジャンルですけど。The Birthdayのカバーとかをやっています。新宿の小さなライブハウスなどで時々。

 お持ち頂いたギターを紹介して下さい。

 4年前にまたギターをやり出して最初に買ったのはレスポールで、それでしばらくやっていたんですが、だんだんテレキャスターとかストラトも欲しくなって(笑)。で、次に買ったのがジョン・クルーズが製作した54年モデルのテレキャスでした。その後にアコギだとか色々買ったりして、やはりストラトも欲しくなって、2013年に新宿の楽器店でこれを見つけました。

 どんなストラトを探されていたんですか?

 音がパーカッシブっていうか、パーンと鳴るようなストラトを探していました。あとリア・ピックアップがちゃんと使えるギターということで。このストラトはアルダーボディなのですが、アッシュのニュアンスがあるんですよ、音も太くて。杢目がハッキリしているし。もちろん外観ではなく、ちゃんと音で選びました。本当は、あまりレリックの激しいのは好みじゃないんですけど、音がすごく好みだったので(笑)。

 改造はされましたか?

 してないです。後ろのスプリングをロウヴィンテージに替えているくらいですね。替えたときは相性がいまひとつかなと思ったけど、しばらくしたら馴染んできたのか悪くないです。トーンが鈴鳴りっぽくて、多少柔らかくなりましたね。落ち着いた感じに。

 特に気に入っているところは?

 リアもちゃんと使えて、ミッドが太くて、ロック向きのトーンが良いですね。

 ローズウッド指板の場合、スラブボード派とラウンドボード派がいますが...。

 僕はどっちも好きです、やはり使う用途ですかね。

 トーン以外のポイントは?

 ネックですね。かなりしっかりしています。これは重要な要素ですね。

 外観もヴィンテージ感がすごいですね。

 よく言われます、凄いねって(笑)。

 ヴィンテージのストラトと弾き比べたことはありますか?

 バンドのリーダーが61年と62年のオリジナルを持ってるので、よく比べています。と言っても、隣で聴いてるだけですけどね(笑)。やっぱりヴィンテージはヴィンテージの良さがあるし、現行品は現行品の良さが...。上手く説明できないけど...。でも、ヴィンテージはすでに音が出来上がっているんじゃないですか? 現行モデルはこれからどんどん変わっていくと思うけど...。でも、リーダーの持っているヴィンテージは力強さもちゃんとありますし、かなり良いですね。

 ネック・グリップはいかがですか?

 僕のはオーバルCシェイプなので、少しオリジナルとは違いますけど、好みで言えば私はヴィンテージの方が好きかな。

 ネックの太さは音に影響しますからね。

 しますね。やっぱり一番重要なのはネックだと思っています。でも、ストラトはいじりがいがあるから楽しいですね。

■唯一手元に残ったストラト

WLF_kawamurasan1280-102.jpg フェンダー製品で今狙っているのは?

 欲しいのは沢山ありますよ! もう一回テレキャスも欲しいな...。前のテレキャスは手放しちゃったんですよ。色々事情があって機材を全部。このストラトは唯一手元に残った1本なんです。だから縁があったのかなって。

 テレキャスターはなかなか難しいギターだと皆さんおっしゃいますが...。

 ええ、確かに難しいですね。でも昔からテレキャスターは好きで...。

 テレキャスターで有名なギタリストはとにかく上手い人が多いので、それもあるのかもしれないですね。テレキャス以外では?

 アッシュ・ボディでメイプル指板の54年モデルのストラトとか欲しいな〜。

 このフェンダー・バックステージにはカスタムショップの色々なモデルがあるので、目移りしないですか(笑)?

 しますよ、でもどれも凄い! オーラが...。

 ヴィンテージ・リイシューも良いですが、リイシューではなく、今までに存在しないようなタイプのギターが作れるのもカスタムショップならではですね。

 ホント、そうですよ。

 今ギターは何本お持ちですか?

 3本です。レスポール・ジュニアとグレッチのテネシアン、それからこのストラトです。

 まったく違うタイプのギターですね。

 一回機材を全部処分したときに、バンドの練習ができなくて困っていたら、以前このコーナーに登場したレコーディング・エンジニアの遠藤さんがレスポール・ジュニアの安い中古を探してくれたんです。でも、次はやはりテレキャスターかな?(笑)

WLF_kawamurasan_s450-110.jpg[今週のゲスト]
川村 兆
1972年10月26日生まれ。東京都在住。
システムキッチン施工業
40歳から20数年振りにギターを復活し、第二のギター人生を送っている。音楽はオールジャンル好きで、アコースティック・ギター、クラシック・ギター、エレクトリック・ギターを触るのが大好き。SNSで知り合った音楽仲間と、DIJ.United #7と言うバンドでギター&ボーカルを担当して活動中。

■FENDER Custom Shop Master Build Series 1961 Stratocaster Heavy Relic Build by John Cruz

st60s-1.jpg 2013年にカスタムショップで製作されたオリンピックホワイトのストラトキャスター。マスター・ビルダーのジョン・クルーズが、1961年製の仕様で製作した1本。かなりのヘヴィ・レリックで、フィニッシュが剥げているだけではなく、ボディ材のアルダー材がえぐれている。どこから見ても、リアル・ヴィンテージ。

 ピックやバックルの当たる部分は、すっかり木地が剥き出しになっている。ボディは、木目のはっきりしたアルダー材が使用されている。スラブボードと呼ばれる厚みのあるローズウッド・フィンガーボードは、62年にラウンドボードと呼ばれるラウンド状で薄めのローズウッドに変更されたが、どちらもロック系やブルース系ギタリストに好まれる傾向にある。ネック裏の塗装もほとんど残っていない。

st60s-2.jpg

We Love FENDER GUITARS!

連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.17
平野 慎吾 / 1960 Stratocaster
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.16
石井 聡 / 1954 Stratocaster Custom Built For Normans Rare Guitars
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.15
堀 芳郎 / Master Built Series Jason Smith 1959 Telecaster Relic
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.14
北 翔太 /
Master Built Series '69 Stratocaster by Todd Krause
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.13
西田 泰司 / Robben Ford Ultra SP , Stratocaster
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.12
佐藤 雅之 / Robben Ford Model
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.11
関口 健一 / Telecaster Thinline CC , 1963 Stratocaster NOS
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.10
遠藤 淳也 / 1966 Stratocaster by Dennis Galuszka
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.9
加藤 健平 / 1960 Stratocaster
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.8
稲垣 隆 / 60th Anniversary 1954 Stratocaster
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.7
渡辺 敬友 / 1957 Stratocaster , 1962 Stratocaster NOS
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.6
小島 章紘 / 1959 Jazzmaster NOS
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.5
久保田 衛 / 1966 Stratocaster
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.4
北川 裕康 / 1957 Stratocaster Dennis Galuszka
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.3
池田 進太郎 / Custom Telecatser
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.2
永田ショーザブロー / Harrison Tribute Rooftop Tele
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.1
篠田 徹 / 54 STRAT, Michael Landau Signature 1963 Relic Stratocaster

Interview : 田中 稔 (月刊『Player』)

製品情報

FENDER Custom Shop
Master Build Series 1961 Stratocaster Build by John Cruz

もっと見る

Player

2017年7月号

定価760円
(本体704円)A4判

2017年6月2日(金)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

角松敏生

1987年にリリースされたインストゥルメンタルアルバムの新録「SEA IS A LADY 2017」が完成。楽器誌だから語れる角松流ギターインストの美学

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!