インタビュー

PLEKを導入したPCI Japanのショールーム/リペア工房「Xotique」オープン

Behind the Scene

戸次 純一郎

株式会社プロサウンドコミュニケーションズジャパン

 ギター/ベース/エフェクター・ブランドのXoticを始め、E.W.S.JAPAN、RAW VINTAGE、Z-VEX、Dr.Zといったブランドを取り扱うプロサウンドコミュニケーションズジャパン(PCI Japan)のショールーム「Xotique(エキゾティーク)」が今年2月に赤坂にオープンした。同社オフィスの1Fがリペア工房、2Fがショールームという構成になっている。リペア工房には、海外ではすでに数多くの有名ギター・ブランドが導入している、ギター/ベース用測定/調整マシン「PLEK」が導入されており、今後はギタリストやベーシストの注目を集めることだろう。今回は同社の戸次(べっき)さんに、このショールームの特徴についてお話を伺った。

A_MG_1735.JPG PCIジャパンは2年前に赤坂にオフィスを移転しましたが、その時点でショールームを作る構想はあったのですか?

 いいえ、当時は全く予定はありませんでした。ですが、移転当初から1Fで展開していたリペア工房の機能をさらに強化する事になり、それに合わせて、この赤坂という便利な立地を活かした展開を考えてこのショールームのオープンに至りました。

 アメリカのPCI本社の方にもショールームはあるのですか?

 本社はロスアンジェルス郊外にありますのでショールームはありません。ただし、ここで成果が出たら、アメリカでもひょっとしたらオープンするかも知れませんね(笑)。

 赤坂という場所のメリットは?

 ここの近くには、プロユースのリハーサル/レコーディングスタジオや、レコード会社がありますので、プロ・ミュージシャンの方々が比較的集まりやすい場所だと言えます。

B_MG_1705.JPG▲赤坂8丁目の閑静なエリアにあるXotique。ロゴと展示されたギター/ベースが目印。

_MG_1732.JPG ここではXoticのギター/ベースのカスタムオーダーも受け付けていますね?

 カスタムオーダーについては、ゆったりした環境で試しながら話し合い、何よりもエキゾティックの取り扱い元として、お客様のご要望をより詳細に汲み取ることができると思います。

 エフェクターやアンプも試奏が可能ですね?

 取り扱い製品のほぼ全ては揃えています。RAW VINTAGEのピックアップを搭載したギターも用意しています。エフェクターに関しては、お客様のご要望などを反映したXotique限定のカスタムモデルやユニークな品揃えにしてくように今後展開できればと考えています。

C_MG_1715.JPG_MG_1708.JPG_MG_1707.JPG_MG_1692.JPG▲ウッディで落ち着いた雰囲気のショールーム。同社取り扱い楽器のサンプルを豊富に揃えている。
 

 リペアはどの範囲まで対応していますか?
 
 一般的な修理、メンテナンスには一通り対応しています。塗装ブースはまだないので、塗装の必要な修理に関しては、外注先なども含めてご相談を受けています。リペア内容については事前にお問い合わせいただいた方がスムーズだと思います。

D_MG_1727.JPG この度、PLEKを導入した理由は?

 リペアを強化するに当たって、PLEKは大きなメリットだと考えました。ネックなどの状態をPLEKでスキャンすれば、そのデータが数値化されて保存できます。次回リペアする際にはそのデータを目安に作業ができますので、いつでもお好みのベストなセッティングに戻しやすいのがPLEKの特徴です。また、新品のエキゾティックのギター/ベースには全てPLEKでスキャン/処理を施して出荷していく予定です。リペアだけでなく、製品そのものに付加価値が付けられることもPLEKを導入した主な理由ですね。

 PLEKの作業の流れと所要時間はどのくらいかかりますか?

 ネックなどをスキャンして診断してから、まずトラスロッドで調節し、スキャンし出来るだけネックの状態を良くし、フレットの削る量が最小になるようにと、お客様のご要望を伺って、PLEKでフレットの擦り合わせ処理を行います。その後、フレットの研磨、最終セットアップを施します。全ての所要時間はだいたい2時間から2時間半ぐらいですね。その間は2Fのショールームで展示している楽器を試したり、書籍や雑誌も豊富に用意しているので、それをご覧になったりしてお時間を過ごしていただけます。PLEKを利用していただいたほぼ全ての方々には、ご満足いただいております。現段階ではご予約は入り始めていますが、まだ比較的ご都合の良い良い日時で受け付けが可能だと思います。

 このスペースを利用した今後の展開は?

 お付き合いのあるミュージシャンのインタビュー映像の収録場所として使用すると思います。あとは、まだ具体的には決まっていませんが、今後はクリニックやセミナーなどのイベントも開催したいですね。

E_Xotique_map.jpg

Xotique(エキゾティーク)
東京都港区赤坂8-12-12 2F
Tel.03-3408-6007(PCI Japan)
http://www.xotique.jp

※この記事は2017年4月時点の情報です。

Player

2017年8月号

定価760円
(本体704円)A4判

2017年7月1日(土)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

GLAY

Player初登場!待望の新作「SUMMERDELICS」を引っ提げて、TAKURO&HISASHIへのロングインタビュー&ギターレポート

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!