ニュース

ボスの新たなアコースティック・アンプ「BOSS Acoustic Singer」 イベントレポート

 話題のアコースティック・アンプ「BOSS Acoustic Singer-Pro/Acoustic Singer-Live」を使用したインストアイベントが、アコースティックステーション リボレ秋葉原にて、2月11日(土・祝)に開催された。

A_MG_1568.JPG

 NAMM2017で発表された、アコースティック・ギタリストのパフォーマンスに必要な機能を凝縮したアンプ「BOSS Acoustic Singer-Pro/Acoustic Singer-Live」のリリースに合わせて開催されたインストアライブ。デモプレイヤーにはディープファンクバンド「在日ファンク」のギタリスト、仰木亮彦氏が出演した。

D_MG_1565.JPG

  仰木氏は在日ファンク以外では弾き語りライブも精力的に行なっているおり、バンドとはまた異なるフォーキーな音楽性が魅力である。ライブの際には基本的にD.I.を使用し、一方でバンド・アンサンブルでアコギを使用する際には、D.I.からパラレルでPAとアンプに出力して使用することが多いとのこと。

B_MG_1556.JPG

 このAcoustic Singer(ACS)シリーズについては「音にパンチがあって埋もれない」「キャビネットの作りが良くウーファーの音をしっかり受け止める」といった第一印象を持ったそうで、まさにACSシリーズは、バイアンプ構造で駆動するツイーターとウーファーが生み出す輪郭のはっきりしたサウンド、そしてスピーカーの振動をロスなく伝える強固なキャビネット構造など、弾き手が納得する効果を生み出している。

C_MG_1555.JPG

 イベントでは、ギターとマイクの各チャンネルのセッティングや、ピエゾ・サウンドにアコギ本来の豊かな鳴りを取り戻す「アコースティック・レゾナンス」3パターンでの効果の違いなどが説明された。

 さらにアコースティック・ギター専門店でのイベントとのことで、アルバレズ・ヤイリやメイトン、ギブソンといった店頭にあるギターや自身のガット・ギターを持ち替えて、そのサウンドの違いも実演された。この他、ACSシリーズの特徴であるルーパーとボーカル・ハーモニーを駆使した楽曲の演奏も行われて、短い時間ながらACSシリーズの魅力を凝縮して体感することができた。

 製品についての詳細はこちらまで。

問い合わせ:ローランド株式会社お客様相談センター
Tel.050-3101-2555
http://jp.boss.info

製品情報

もっと見る

Player

2017年9月号

定価760円
(本体704円)A4判

2017年8月2日(水)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

ハマ・オカモト

本邦初公開!ベースコレクションと音楽人生をマニアックに追究

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!