ニュース

ギタリストの利便性とサウンドで大幅進化を遂げたFENDER MUSTANG™ GT ~新製品発表会

5月18日にフェンダー・バックステージにてフェンダーの新型アンプ「MUSTANG™ GTシリーズ」の発表会が開かれた。大幅に進化したムスタングGTシリーズの魅力を発表会のレポートとしてお送りしよう。

mustanggt-104.jpg フェンダーのムスタング・アンプは、単にギターの音を増幅するアンプだけでなく、エフェクター内蔵、そのプログラムをダウンロードできるなどの多機能アンプとして2011年に登場した。その後、モデルチェンジを経て、今回、ムスタングGTシリーズとしてMUSTANG™ GT40 価格=28,800円(税抜き) MUSTANG™ GT100 価格=50,000円(税抜き)  MUSTANG™ GT200 価格=72,000円(税抜き) の3機種が登場した。

m_001.jpg

 ムスタングGTの主な機能を列挙すると、

・歴代のフェンダー・アンプをはじめとする豊富なアンプモデルと本格的なマルチ・エフェクターを内蔵し、ギターをプラグインするだけで、本格的なサウンドを楽しめる。

・スマホ用のアプリ"FENDER TONE™"でサウンドをエディットしたり、コントロールできる。

・Bluetoothを装備しているので自分のスマホなどに入れているお気に入りの音楽と一緒にプレイしたり、バッキング・サウンドをバックにライブステージでパフォーマンスできる。

・アンプとして世界初のWi-Fi機能を搭載。これにより(PCなどを介さず)アンプ本体でアップデートやプリセット・サウンドをダウンロードできる。

 などがある。これらは単に機能を装備している程度の低いレベルのものではない。というのも、アンプのシミュレートサウンドも非常に良く特徴を捉え、エフェクター類は種類も豊富でエディットなどが直感的で使い勝手が良い。特にFENDER TONE™アプリを使うと豊富な機能をさらに手早くエディットできるばかりか、ほぼリアルタイムにアンプと連動するため実用性が高い。このFENDER TONE™アプリは、フェンダー社が作ったサウンドと世界の有名ギタリストが作ったサウンドも用意される他、世界中の一般のギタリストが作ったサウンドを共有できる環境が整備されていく。このようにサウンドとギタリストの利便性を徹底して追求したモデルとして、大幅に進化した多機能アンプだ。

2310100000_amp_frt_001_nr.jpg

▲MUSTANG™ GT40 価格=28,800円(税抜き)

40w / 6.5インチ・スピーカーを2基搭載し、幅38.73cm、高さ26.7cmでホームユースなどに最適なモデル。バックはクローズドでバスレフにより低音もフォローする。ギターをプラグインするだけで、本格的なサウンドと最新機能が楽しめる、それでいて28,800円ら価格を実現した驚異的なコストパフォーマンス・モデル。

2310200000_amp_frt_001_nr.jpg

▲MUSTANG™ GT 価格=50,000円(税抜き)

100w /12インチ・スピーカーを1基搭載。幅52.1cm、高さ44.5cmのサイズで、重さは9.97kgという10キロを切る軽さを実現した100wアンプ。持ち運びしやすいステージアンプだ

2310300000_amp_frt_001_nr.jpg

▲MUSTANG™ GT200 価格=72,000円(税抜き)

 200w / 12インチ・スピーカーを2基搭載した100w×2のステレオ・アンプ。こちらも重量が15.4kgのステージ・アンプとしては非常に軽い。発表会のデモンストレーションでギタリストの菰口雄矢が使用していたモデル。ステレオサウンドを含めフラッグシップ機に相応しいサウンドを生み出していた。

mustanggt-107.jpg

▲GT200のアンプ上面のパネル部分。右端にはオケなどを入力できるAUXインとヘッドホンアウトも装備。

mustanggt-109.jpg

▲高輝度のLCDを装備しており、暗転したステージや斜め位置からでも視認性が高い。このLCDにはエディットなどに必要な情報が合理的に表示されるユーザーフレンドリーなものなので(アプリなしに)本体だけでもサウンドメイキングしやすい。

mustanggt-200.jpg

▲フットスイッチのMGT-4。プログラム・チェンジの他、ルーパー機能を使うために必要。なお、GT200にはMGT-4が付属するが、GT40とGT100は別売りとなる(7月発売予定)。

mustanggt-111.jpg

▲GT100の背面パネル。ステレオのFXセンド/リターンの他、XLRのステレオアウトも装備している。

mustanggt-110.jpg

▲GT100のスピーカー部。セレッション製のカスタムスピーカーを搭載。

mustanggt-112.jpg

mustanggt-113.jpg

▲スマホ用アプリのFENDER TONE™の画面。上の写真はアンプモデルのリスト。フェンダーが自社の名アンプをシミュレートしたものが多く見受けられる。下の写真は有名ギタリストたちが作ったサウンドのアーチスト・エクスクルーシブの画面。画面サウンドはジョー・ボナマッサが作成したサウンドだ。

問い合わせ:フェンダーミュージック株式会社


Tel.0120-1946-60


http://www.fender.co.jp

製品情報

FENDER MUSTANG GT Series

もっと見る

Player

2017年9月号

特別定価976円(本体904円)A4判

2017年9月1日(金)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

MARC BOLAN(T.REX)

生誕70周年/T.REXデビュー50周年を迎えるマーク・ボラン。特別付録CDには「ザ・グルーヴァー」のレクチャー・トラックと本人インタビュー音声を収録!

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!