ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. JギターHOME >
  2. ギタ-テクニック

マイページ

ギタ-テクニック

Guitarよもやま話
第1回 オクターブチューニングをあわせよう
あなたのギターは大丈夫?
第2回 “ウラ拍”を鍛えよう
ノリの基本はバックビート
第3回 ネックをチェックしよう
ネックは生きている
第4回 色々なフラット・ピックを試そう!
ピックによってキャラクターの違う音が出る
第5回 「耳コピ」にチャレンジしよう!
「根気」と「慣れ」が大事!
第6回 コードをぶっちぎれ!
理論はあとまわしでとりあえず楽しもう!
第7回 変則チューニング大百科1
オープンやドロップチューニング
第8回 変則チューニング大百科2
少し変わったチューニングにもチャレンジ!
第9回 ハンマリング・オンとプリング・オフ
項目別基本テクニックCHECK!第一回
第10回 トリル、グリス&スライド
項目別基本テクニックCHECK!第二回
第11回 チョーキング
項目別基本テクニックCHECK!第三回
第12回 ビブラート
項目別基本テクニックCHECK!第四回
第13回 アルペジオ
これは便利!!右手パターン集【1】
第14回 右手バリエーション
これは便利!!右手パターン集【2】
第15回 ピック・カッティング
これは便利!!右手パターン集【3】
第16回 ピックで弾くアルペジオ他
これは便利!!右手パターン集【4】
第17回 ウォーム・アップ・エクササイズ
運指トレーニングを兼ねたエクササイズ
第18回 ウォーム・アップ・エクササイズ2
実戦に役立つエクササイズ
第19回 歪みを知る!
いい音を作るために基本を理解しよう!
第20回 手クセ・フレーズ集
“すぐに使える”便利なフレーズ集
第21回 エフェクターの接続順
どんな種類があるの?接続順は?
第22回 アンプ&エフェクター
状況別セッティング例を紹介!
第23回 音楽用語辞典
今さら聞けない用語をピックアップ
第24回 TAB譜記号辞典
色々な奏法を示す“記号”を理解しよう
第1回 オクターブチューニングをあわせよう

 10代の頃やっとバンドを組み、はりきってリハーサルに出かけていったものの、音を出してビックリ! ちゃんとチューニングしたはずなのに俺だけ音がはずれっぱなし。その時はなんとか、ごまかしたんだけど、どうして音痴になったのか? わけもわからず家中のギター関連の本を引っぱりだして調べたら、 そこに 『オクターブ・チューニング』 っていう耳慣れない言葉が書いてあったのだ(苦笑)。 指はものすごく速く動くのに音がずっとハズレっぱなしだったり、バンド全体でチューニングがズレてたりしてる人達がよくいるけど、 「変だな!?」 って思ったらまず、チューニング・メーターとドライバー を用意してオクターブ・チューニングを合わせよう! 音痴じゃ聞いてくれる人にも失礼だしね。
 『オクターブ・チューニング』 ってのは、開放弦の音とフレットを押さえた音のズレを直すチューニ ングで、 「開放弦の12フレットのハーモニクス音」 と 「12フレットを押さえた実音」 をきちんと合わせるチューニング法のこと。これがズレてるとフレット音痴になっちゃうわけ。 じゃあ、やり方を簡単に説明しておくね!

◆ 12フレットのハーモニクス音をだす
12フレットはブリッジからナットまでの弦全体のちょうど半分にあたるポイントです。
  各弦のここに軽く指をあてて弾いたときにでる音が12フレットのハーモニクス音です。
◆ 12フレットを押さえた実音をだす
次に実際に各弦の12フレットを押さえて実音をだします                 
◆ この2つの音をチューニングメーターでチェックする
『ハーモニクス音』が・・・  
・『実音』 より高い場合⇒
・『実音』 より低い場合⇒
◆ ドライバーで調整する

ネジを締める感じで
時計方向に回すと
コマが前に出る


ネジを緩める感じで
反時計方向に回すと
コマが後にさがる
12フレットを押さえたとき、ブリッジ側の弦の長さがナット側に比べて長いから音が低くなってしまっているのでブリッジのコマを前に出せばよい。   12フレットを押さえたとき、ブリッジ側の弦の長さがナット側に比べて短いから音が高くなってしまっているのでブリッジのコマを後にさげればよい。
チューニングをチェックした後、弦を緩めてコマを調整してまたチューニングする。
この作業を1弦~6弦までの各弦に根気よくおこないオクターブ・チューニングを合わせていく。
注意点
1.ネック調整や弦高調整はきちんとやっておこう。
2.弦は新品を使うことをおすすめする。
3.コマを動かすごとにチューニングを合わせて、少しづつ調整していこう。
4.コマを前後に動かす時は必ず弦を緩めてからおこなうこと。
アコースティック・ギターなどはサドルの幅が極端に狭いので、調整できる範囲が限られてしまう。
購入時になるべくオクターブ・チューニングの合っているものを選ぼう!
後から気付いても、高額な修理費がかかってしまうので…。
エレキ・ギターでもオクターブ・チューニングが合わないくらい、ブリッジの位置が極端にずれて
取り付けられてる場合もあるので注意しよう!
(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.