ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. JギターHOME >
  2. ギタ-テクニック

マイページ

ギタ-テクニック

Guitarよもやま話
第1回 オクターブチューニングをあわせよう
あなたのギターは大丈夫?
第2回 “ウラ拍”を鍛えよう
ノリの基本はバックビート
第3回 ネックをチェックしよう
ネックは生きている
第4回 色々なフラット・ピックを試そう!
ピックによってキャラクターの違う音が出る
第5回 「耳コピ」にチャレンジしよう!
「根気」と「慣れ」が大事!
第6回 コードをぶっちぎれ!
理論はあとまわしでとりあえず楽しもう!
第7回 変則チューニング大百科1
オープンやドロップチューニング
第8回 変則チューニング大百科2
少し変わったチューニングにもチャレンジ!
第9回 ハンマリング・オンとプリング・オフ
項目別基本テクニックCHECK!第一回
第10回 トリル、グリス&スライド
項目別基本テクニックCHECK!第二回
第11回 チョーキング
項目別基本テクニックCHECK!第三回
第12回 ビブラート
項目別基本テクニックCHECK!第四回
第13回 アルペジオ
これは便利!!右手パターン集【1】
第14回 右手バリエーション
これは便利!!右手パターン集【2】
第15回 ピック・カッティング
これは便利!!右手パターン集【3】
第16回 ピックで弾くアルペジオ他
これは便利!!右手パターン集【4】
第17回 ウォーム・アップ・エクササイズ
運指トレーニングを兼ねたエクササイズ
第18回 ウォーム・アップ・エクササイズ2
実戦に役立つエクササイズ
第19回 歪みを知る!
いい音を作るために基本を理解しよう!
第20回 手クセ・フレーズ集
“すぐに使える”便利なフレーズ集
第21回 エフェクターの接続順
どんな種類があるの?接続順は?
第22回 アンプ&エフェクター
状況別セッティング例を紹介!
第23回 音楽用語辞典
今さら聞けない用語をピックアップ
第24回 TAB譜記号辞典
色々な奏法を示す“記号”を理解しよう
第2回 “ウラ拍”を鍛えよう

 メトロノーム(クリック)に合わせてギターを弾くと、うまく演奏できなかったという経験はありませんか?
演奏しながらメトロノームが遅く感じたり、速く感じたりするのは自分のリズムが揺れているからであって決してメトロノームのせいではありません。

また、私たち日本人は、幼稚園の頃からリズムを“あたま拍(ハク)”でとる教育をうけてきています。
ようなら」や「い」とか「ジャン・ン・ン」など、あらゆるキーワードを“あたま拍”(1・2・3・4)で復唱してきました。
それに対してアメリカの子供達は「ジャ・―ケ・ン―ポン」=「
1・と―2・と―3」という風に1と2の“ウラ拍”の部分でウデを引いてから3の“あたま拍”で出す、という動きを自然にしています。生活の中にすでにウラ拍で“ノル”という感覚を持ち合わせているんですね。
だからといって、私たち日本人が先天的にリズム感が悪いというわけではないので安心して下さい。
トレーニング次第でいくらでもリズム感はつけられるのですから。

今回は、その練習のやり方をメトロノームを使って2つほど紹介します。
合わせるリズムではなくて、“ノル”リズムを目指しましょう!

     
 8分音符のウラ拍でメトロノームを鳴らす

かかとで普通に1―2―3―4とリズムを踏みながらメトロノームを と “と”の位置で鳴らせるように練習してみてください。それができたら・・・


という動きを試してみてください。これはゴスペル隊の人達がすごく大げさにやっている動きなので、映画「天使にラブソングを1・2」などを見て参考にしてください。

  
 2拍目と4拍目でメトロノームを鳴らす

  これは“バック・ビート”と呼ばれる現代音楽の“ノリ”の基本になっているポイントのみにメトロノームを鳴らすやり方です。
テンポ=120の曲であれば、=60にメトロノームをセットしておこなってください。
この練習も1・2・3・4とリズムをかかとで踏みながら、ドラムのスネアの位置をイメージして、2拍目と4拍目に指を鳴らして練習してみてください。和田アキ子さんのイメージですね。


  ギターを持たずに、これらの動きができるようになったら簡単な曲のストロークなどから、メトロノームに合わせてギターを引く練習に入ってください。ギターは小手先で弾くものではなく、からだ全体を使って、その動きの中で弾くものだと思ってください 。
『ダンスを踊るように弾く』
これが目標です。
(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.