特集

拡大版!お茶の水大楽器祭りinソラシティ ソムリエ's Choice 30 Vol.7

《ソムリエ's Choice 30 Vol.7 / including》
・1989 Paul Reed Smith Custom 24 Vintage Yellow

ochafes_kurosawabaner.jpg

choice-7.png

《Gakkisommelier 's Choise 11 of 30》

■1989年製のごく初期型のPRSカスタム24

811-798.png

ochafes2017_1280-105.jpg

▲1989 Paul Reed Smith Custom 24 Vintage Yellow

拡大版!お茶の水大楽器祭り特別価格=462,000円(税別)

(通常店頭価格=598,000円)

 ポール・リード・スミスが個人製作家から数名の仲間と共にカスタム、スタンダードというギターの製作を始めたのは1985年。このカスタム 24は、1989年製でいわゆるPRSシェイプとなったごく初期モデルのひとつ。現在と比較すると、やや大きな面取り加工が施されたヘッドストック、ボディに施されたアーチやカッタウェイの形状は、滑らかでやや緩いカーブに仕上げられている印象を受ける。シャーラーに特注された初期型のロック・チューナー、アルミ削り出しで作られたトレモロ・ブロック等の特徴に加えて、ピックアップは、ポールピース素材を含めて、完全なオリジナル仕様で作られている。コントロールも現在とは異なるボリューム、6ウェイ・トータリー・セレクター、そしてメロウなヴィンテージ・トーンがプリセットされたスイート・スイッチが組み込まれている。やや退色したヴィンテージ・イエロー・カラーが良質なフレイム・メイプルを際立たせている。

(Text : Jun Sekino)

ochafes2017_1280-176.jpg

▲現在とは起伏などが異なるボディ形状。この時期も現在もどちらも造形美溢れるデザインであることは変わりが無い。ochafes2017_1280-172.jpg

▲アルミ削り出しによるブリッジ、そしてピックアップもポール氏がこだわったオリジナル品が使われている。ochafes2017_1280-173.jpg

▲マホガニーのバックとメイプルのトップというオーソドックスな組み合わせだが、大胆な面取りにより重くなり過ぎないデザイン。

ochafes2017_1280-171.jpg

▲シンプルなコントロールだが。多彩なサウンドを生み出す。また、トップ材のメイプルも密度の高いフレイムの入った上質な木材が使われている。

ochafes2017_1280-175.jpg

▲現在よりもやや小ぶりなヘッド。シャーラーのロック・チューナーはこの時期の最新のもの。

ochafes2017_1280-174.jpg

▲上質なブラジリアン・ローズウッド材を使ったフィンガーボードの上を飛翔するバード・インレイ。

※本製品は日替わりの目玉品として「拡大版!お茶の水楽器祭りinソラシティ」のイベント会場で販売される商品です。また、製品は1989年製のヴィンテージ品です。


目玉品購入の諸注意はこちらをご確認ください。

http://www.kurosawagakki.com/items/detail/519221.html


GAKKI ソムリエ's Choice 30の一覧

各記事をチェックして『拡大版!お茶の水大楽器祭り』へGO!

ochafes_kurosawabaner.jpg

Player

2018年2月号

定価890円(本体824円)A4判

2018年1月4日(木)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

LUNA SEA

5人ゆえのプレイ、ソングライティングが結実した、今、明かされる『LUV』その境地

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!