特集

吾妻光良ギターコレクション【Vol.7/ EASTWOOD Teleoline】

ギターはマンドリンが合体!マンドリン側 のPUの取り付け方がダイナミック!

azuma900.png

【Vol.7】 EASTWOOD Teleoline

Azuma_gear_m900-100.jpg

Azuma_gear_m900-101.jpg

▲ギターの上部にエレクトリック・マンドリンが配置されたダブルネック。マンドリン用PUは急な角度で取り付けられている。これだけ低音弦側と高音弦側で音を拾う位置が変わるとおそらくトーンにも大きく影響があるのでは?

Azuma_gear_m900-102.jpg

▲ボディ全体のアウトラインはほぼシンメトリック。

Azuma_gear_m900-103.jpg

▲マンドリン側のチューナーの配置は5:3。ナット部からストリング・ポストへは4弦がやや傾くが、ほぼ左右対称で放射状に広がる配置。

Azuma_gear_m900-104.jpg

▲ギターはプレートを使っているが、マンドリン側ではボディに直接ボルトで止めるジョイント。マンドリン側の演奏性を考慮しているのだと思われるが、ボディ裏にはかなり急な角度でえぐられたコンターがある。

azuma900.png

Photo by KAZUTAKA KITAMURA


az_ban-3-100.jpg吾妻光良 & The Swinging Boppers
『スケジュールド・バイ・ザ・バジェット』
SMAR CD
AICL-3699

2,800円(税抜)

Player

2021年9月号

定価1,620円(本体1,500円)A4判

2021年8月2日(月)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

人間椅子

初表紙 48頁に及ぶ巻頭大特集
30周年を経て放たれる傑作オリジナルアルバム『苦楽』

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!