特集

【kagaribi】 ~ 『ALPEX FESTIVAL 2019』 FINALISTS

昨年10月に開催予定だったALPEX FESTIVAL 2019 FINAL。台風の影響で1月19日(日)渋谷LUSHに開催が延期された。そのファイナリストの6グループを紹介しよう。その第六回はkagaribiだ。

 月刊『Player』で連載中の「ALPEX Colorful Artist」はヘッドホンブランドALPEXが推薦するミュージシャンのインタビューと主催コンテスト"ALPEX FESTIVAL"をインフォメーションするコーナーだ。
 約半年の予選を勝ち抜いた6グループが10月の『ALPEX FESTIVAL 2019 FINAL』に出演予定だったが、首都圏を襲った台風の影響で1月19日(日)渋谷LUSHへと延期された。そこで月刊『Player』1月号と2月号の2回に分けて掲載したALPEX FESTIVAL 2019 FINALに出演するファイナリストたち全6グループの紹介を掲載しよう! 今回はkagaribiだ。

alfes_banner.png

※本記事は同日の出演順に、短期集中連載します。


kagaribi-2.jpg

Kagaribi / メンバーの素性が明かされていない秘密結社

なんとも言えない、どうしようもない時に、 集まれれば、そこに小さく篝火が灯っている。

 Kagaribi...はて、そんなバンドいたっけ? と予選に足を運んだ人で不思議に思う人はいることだろう。彼らは前身バンド"BOT"での予選通過後、バンドとしてさらなるレベルアップを果たした。現在はKagaribiという名で活動している。

 「kagaribiの掲げるコンセプトは、自己嫌悪。誰もが持っている感情で、誰もが目を背けたくなる感情です。何かを望んだら何かを望んだ分だけ辛い思いや、その望みが叶わなかった時の喪失があります。身勝手に誰かを信用したり、期待すると、その分だけ身勝手に裏切られます。でも突き詰めると、その結果を手引きするのは、全て自分自身です。本当に自分が嫌になる。でもそれは、生きることに誠実で、真面目だから故の痛みだったり、悲しみだったり、苦しみだったりするのではないでしょうか。そんな日常の閉塞感、孤独感、無力感、そんな生きづらさを感じてる人に、何か...一人じゃないぞと、伝えれるといいなと思ってます。無理に肯定していかなくても大丈夫だと、代弁していければ。そんなバンドです。

 バンドを模って活動していくつもりですが、正直なところ、バンドでありながらバンドでなくてもいいのかなと、とも思ってます。一つの掲げた大きなテーマ(抽象的ではありますが)のもと、そこに賛同するものが集まる集団であれれば最高だなと。松明を片手に皆んなを引っ張って、荒野をどんどんと進んで道を示していくバンドではなく、なんとも言えない、どうしようもない時に、集まれれば、そこに小さく篝火が灯っている。だからkagaribiです。誰かを救いたいなんて傲慢を思っているわけじゃなく、自分たちも自分たちを見に来てくれたり、聞いてくれたりする方達に救われたいから、ここで篝火を灯していたい。そんな感じです」とヴォーカルを担う人物は語る。

 「APE~人類退化の恩恵」はシャープなギターサウンドにシンセが絡みつつも、歌メロといいギターソロといいキャッチーなメロディも印象的だ。ミステリアスなイメージながらもポピュラリティも感じる。「エンターテイメントの中で活動している上では、世間のポピュラリティから目を背けることなんてできませんよね! 歌にしても、浮いたメロを乗せるにしても、客観的にキャッチーなものでないと納得はできないですし。「APE -人類退化ノ恩恵- 」も当日、バッチリ演奏します!」

 前身バンドでは英詞を多用していたが、kagaribiでは日本語主体で構成していくそうでその変化をぜひ目の当たりにしてほしい。

Text : Kazutaka Kitamura (月刊『Player』)


01alpexfes_logo_fix.png

■会場 : 渋谷LUSH

■日時 : 2020年1月19日(日) OPEN / 16:00 START / 16:30

前売り/ 1,500円 当日 / 2,000円 +ドリンク代

※前売りチケットは1月8日現在、「各出演者取り置き分のみ」となっています。また当日券は当日の状況を見て発売されます。当日券はhttps://twitter.com/alpex_officialにてご確認下さい。

2019ALPEX-0.jpg

■出演

super aruca / モノミユ / Sissylamp / Butterfly inthe stomach / Amethyst / kagaribi

■ゲスト

フィルフリーク / 涼風あき / ザ・コインロッカーズ

【フィルフリーク】ワイヤレスイヤホンBTN-Z2500 コラボMV【ALPEX】

Player

2020年7月号

定価1,620円(本体1,500円)A4判

2020年6月2日(火)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

我が青春のジミー・ペイジ&嗚呼、憧れの50'sギター達

究極の伝記『ジミー・ペイジの真実』に迫る/60ページに亘って綴るトラディショナル・ギターの大特集

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!