特集

ブラックガードからペイズリーまで『ESPミュージアム』所蔵のテレキャスターを4本一挙レビュー
特集

ブラックガードからペイズリーまで『ESPミュージアム』所蔵のテレキャスターを4本一挙レビュー

FENDER
・1954年 Telecaster sn : 2721
・1957年 Telecaster sn : -21037
・1965年 Telecaster Custom sn : L90348
・1968年 Telecaster (ペイズリー) sn : 240283

 東京・渋谷にある“ESPミュージアム”で、2016年5月8日(日)に「Vintage Salon vol.3 Fender Telecaster編」が開催された。これはミュージアムが所蔵する貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らしてそのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開視聴会だ。今回はテレキャスターを4本フィーチャーし、「1954年製」、「1957年製」「1965年製テレキャスター・カスタム」「1968年製(ペイズリー)」のサウンドを、ギタリスト横内“TAKE”健亨の演奏で体験。ここでは4本のヴィンテージ・テレキャスターを紹介しよう。

『ESPミュージアム』所蔵のレオ・フェンダー在籍時ストラトキャスター4本一挙レビュー
特集

『ESPミュージアム』所蔵のレオ・フェンダー在籍時ストラトキャスター4本一挙レビュー

FENDER
1954年製 Stratocaster sn : 0483
1957年製 Stratocaster sn : 15195
1962年製 Stratocaster sn : 71770
1965年製 Stratocaster sn : L86976

東京・渋谷にある“ESP ミュージアム”で、2016年3月20日に『Vintage Salon Vol.2』が開催された。これは、ミュージアムが所蔵する貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らしてそのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開試聴会。しかも、同じモデルの年代違いを同じ条件で試奏することで、仕様や年代の違いによるトーンの違いが明確になる。今回はレオ・フェンダーがフェンダー社に在籍していた時期に生産されたストラトキャスターをテーマに「1954年製」「1957年製」「1962年製」「1965年製」の4本のギターを試奏された。

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.4
特集

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.4

 ヒストリック・セレクトは、最新のトゥルー・ヒストリックやこれまでのアーティストモデルを基に、楽器店からのオーダーで様々な仕様に組み合せることができる。ここでは実際に2015年秋に日本に届いたヒストリック・セレクトの一部を紹介してみよう。
撮影 : 大谷十夢治

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.3
特集

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.3

 ヒストリック・セレクトは、どのようにしてオーダーされるのだろう。近年日本のギブソン・ディーラーは、より日本のニーズにマッチした製品を製作するために、年に4回ナッシュビルにあるギブソン・カスタムのファクトリーにオーダーツアーを組んでいる。ファクトリーに保管されている全てのボディ材を念入りにチェックし、自分たちで考えたコンセプトのイメージに最適な木材をフィニッシュとのマッチングを考慮しながらひとつひとつ念入りに選んでオーダーしている。定期的に今回は特集のパート3としてツアーに参加しているギブソン・ディーラーのスタッフの方々に集まって頂き、ラウンド・テーブルを行った。ヒストリック・セレクトはどのようにして誕生するのか? ファクトリー・ツアーでは何が行われるのか? ギブソン・ディーラーのスタッフ達は、トゥルー・ヒストリック(以下TH)やヒストリック・セレクト(以下HS)をどう見ているのか? 彼らの本音を語ってもらおう。

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.2
特集

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.2

エドウィン・ウィルソン / ギブソンカスタム ヒストリック・プログラム・マネージャー

ギブソン・カスタムのトゥルー・ヒストリック、ヒストリック・セレクトのプロジェクトを実現するにあたり、先頭に立って指揮をしているのが、ヒストリック・プログラム・マネージャーを務めるエドウィン・ウィルソンである。彼のヴィンテージ・リイシューに対するあくなき追求心とこだわり、ギター作りに関する幅広い知識と技術があってこそ、この2つのプロジェクトが実現したことは間違いない。ギター作りに込められた彼の強いこだわりを語ってもらった。

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.1
特集

【特集】GIBSON CUSTOM HISTORIC SELECT SPECIAL 2015 Part.1

長年ヴィンテージ・レスポールを細部まで研究してきたギブソン・ヒストリック・プログラム・チームが全ての仕様やパーツの素材、形状、製作方法に至るまで原点に立ち帰ったヴィンテージ・リイシューの集大成“トゥルー・ヒストリック”と“ヒストリック・セレクト”が完成した。
これまでのリイシュー・モデルとはどこがどのように異なるのか? トゥルー・ヒストリックとヒストリック・セレクトとの違いは何か? そしてそのサウンドは? 新たな次元の扉が今開かれた。

取材協力:GIBSON GUITAR CORP.JAPAN

『ESPミュージアム』所蔵の1959年レスポールを3本一挙にレビュー
特集

『ESPミュージアム』所蔵の1959年レスポールを3本一挙にレビュー

GIBSON
・1959年製 Les Paul Standard sn : 9 1167
・1959年製 Les Paul Standard sn : 9 0611
・1959年製 Les Paul Standard sn : 9 1974

 2015年秋、渋谷にオープンした『ESPミュージアム』は、ESPがエンドースしているミュージシャンの愛用するギター/ベースと約30年という時間をかけてESPグループがコレクションしてきたヴィンテージ・ギターを展示している常設のギター・ミュージアムだ。
 そこで2016年1月24日(日)に「Vintage Salon Vol.1」というイベントが開催された。これは本来は展示のみとなっているヴィンテージ・ギターのサウンドをプロ・ギタリストの演奏で聴く視聴会イベント。今回はその第一回に相応しく、1959年製ギブソン・レスポール・スタンダードが登場した。
 「GAKKI ソムリエ」では、1959年製レスポール・スタンダード、シリアルナンバー“9 1167”、“9 0611”、“9 1974”の3本を取材した。いずれもコンディションが良いのはもちろん、細部には製造時の個体差があり、半世紀以上の時間を経た風格もそれぞれ。「GAKKI ソムリエ」が得意とする詳細な解説とポイントを得た写真で、その魅力と3本の違いをご覧いただきたい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Player

2018年6月号

定価890円(本体824円)A4判

2018年5月2日(水)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

JOY-POPS 村越弘明+土屋公平

18年ぶりの再会、そして全国ツアー「Wrecking Ball」

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!