特集

検索結果7件 1~7件を表示
フライング Vを年代ごとにレビュー。Vintage Salon vol.7 Gibson Flying V Collection
特集

フライング Vを年代ごとにレビュー。Vintage Salon vol.7 Gibson Flying V Collection

GIBSON
・1958年製 Flying V sn:8 2704
・1967年製 Flying V sn:000926
・1975年製 Flying V sn:412168
・1980年製 Flying V2 sn:82940021

 東京・渋谷にある“ESPミュージアム”で、2017年1月29日(日)、「Vintage Salon vol.7 Gibson Flying V Collection」が開催される。これはESPミュージアム所蔵の貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らし、そのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開視聴会だ。今回は59年、67年、75年のフライングVに加え、80年のフライング V2も登場。デモンストレーターにSYUを迎え、ミニライブ形式の「Vintage Salon」となることが予想される。

マニアックなレスポールのバリエーション・モデルも登場!「Vintage Salon vol.6 Gibson Les Paul Collection」
特集

マニアックなレスポールのバリエーション・モデルも登場!「Vintage Salon vol.6 Gibson Les Paul Collection」

GIBSON
・1957年 Les Paul Standard sn:7 6169
・1958年 Les Paul Standard sn:8 6802
・1959年 Les Paul Custom sn:9 1598
・1959年 Les Paul TV model sn:9 6269

 東京・渋谷にある“ESPミュージアム”で、2016年11月27日(日)に「Vintage Salon vol.6 Gibson Les Paul Collection」が開催された。これはESPミュージアム所蔵の貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らし、そのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開視聴会だ。今回は、大変豊富な所蔵品の中から1957年~60年の選りすぐりの様々なレスポールが6本登場予定。GAKKIソムリエでは、これらの中から3本の仕様や特徴を紹介しよう。

ギブソンの様々なギターのサウンドを視聴できるVintage Salon Vol.5
特集

ギブソンの様々なギターのサウンドを視聴できるVintage Salon Vol.5

GIBSON
・1960年製 Les Paul Standard sn: 0 7451
・1958年製 Les Paul Special sn: 8 2453
・1965年製 SG Standard sn:265405
・1965年製 Firebird III sn:123801

 東京・渋谷にある“ESPミュージアム”で2016年9月11日(日)に「Vintage Salon vol.5 Gibson編」が開催された。これはESPミュージアム所蔵の貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らして、そのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開視聴会だ。今回は、ギブソン編としてLes Paul Standard 1960年製、Les Paul Special 1958年製、SG Standard 1965年製、Firebird III 1965年製の4本が登場。

ギタリスト、ジョシュ・スミスを迎えたVintage Salonの番外編
特集

ギタリスト、ジョシュ・スミスを迎えたVintage Salonの番外編

GIBSON
・1959年製 Flying V sn:9 1713
・1956年製 Les Paul Custom sn:612365

FENDER
・1956年製 Telecaster sn:12649
・1959年製 Stratocaster sn:35038

 東京・渋谷にある“ESPミュージアム”で2016年7月10日(日)に「Vintage Salon vol.4 番外編」が開催された。これはESPミュージアム所蔵の貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らして、そのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開視聴会だ。今回はESPミュージアムとベムラムのエフェクターで知られるトライサウンドの合同企画として、次世代の名ブルースギタリストと期待されているジョシュ・スミス(JOSH SMITH)がESPミュージアム所蔵のギターをプレイするスペシャル・バージョン。 今回登場する4本は「ギブソン・フライングV 1959年」「ギブソン・レスポール・カスタム 1956年」「フェンダー・テレキャスター 1956年」「フェンダー・ストラトキャスター 1959年」だ。極めてレアなフライングVはもちろんのこと、他の3本は所蔵ギターの中でも弾き込まれた風格のあるギターが登場した。

ブラックガードからペイズリーまで『ESPミュージアム』所蔵のテレキャスターを4本一挙レビュー
特集

ブラックガードからペイズリーまで『ESPミュージアム』所蔵のテレキャスターを4本一挙レビュー

FENDER
・1954年 Telecaster sn : 2721
・1957年 Telecaster sn : -21037
・1965年 Telecaster Custom sn : L90348
・1968年 Telecaster (ペイズリー) sn : 240283

 東京・渋谷にある“ESPミュージアム”で、2016年5月8日(日)に「Vintage Salon vol.3 Fender Telecaster編」が開催された。これはミュージアムが所蔵する貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らしてそのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開視聴会だ。今回はテレキャスターを4本フィーチャーし、「1954年製」、「1957年製」「1965年製テレキャスター・カスタム」「1968年製(ペイズリー)」のサウンドを、ギタリスト横内“TAKE”健亨の演奏で体験。ここでは4本のヴィンテージ・テレキャスターを紹介しよう。

『ESPミュージアム』所蔵のレオ・フェンダー在籍時ストラトキャスター4本一挙レビュー
特集

『ESPミュージアム』所蔵のレオ・フェンダー在籍時ストラトキャスター4本一挙レビュー

FENDER
1954年製 Stratocaster sn : 0483
1957年製 Stratocaster sn : 15195
1962年製 Stratocaster sn : 71770
1965年製 Stratocaster sn : L86976

東京・渋谷にある“ESP ミュージアム”で、2016年3月20日に『Vintage Salon Vol.2』が開催された。これは、ミュージアムが所蔵する貴重なヴィンテージ・ギターを、アンプで鳴らしてそのサウンドの素晴らしさを体験するという有料予約制の公開試聴会。しかも、同じモデルの年代違いを同じ条件で試奏することで、仕様や年代の違いによるトーンの違いが明確になる。今回はレオ・フェンダーがフェンダー社に在籍していた時期に生産されたストラトキャスターをテーマに「1954年製」「1957年製」「1962年製」「1965年製」の4本のギターを試奏された。

『ESPミュージアム』所蔵の1959年レスポールを3本一挙にレビュー
特集

『ESPミュージアム』所蔵の1959年レスポールを3本一挙にレビュー

GIBSON
・1959年製 Les Paul Standard sn : 9 1167
・1959年製 Les Paul Standard sn : 9 0611
・1959年製 Les Paul Standard sn : 9 1974

 2015年秋、渋谷にオープンした『ESPミュージアム』は、ESPがエンドースしているミュージシャンの愛用するギター/ベースと約30年という時間をかけてESPグループがコレクションしてきたヴィンテージ・ギターを展示している常設のギター・ミュージアムだ。
 そこで2016年1月24日(日)に「Vintage Salon Vol.1」というイベントが開催された。これは本来は展示のみとなっているヴィンテージ・ギターのサウンドをプロ・ギタリストの演奏で聴く視聴会イベント。今回はその第一回に相応しく、1959年製ギブソン・レスポール・スタンダードが登場した。
 「GAKKI ソムリエ」では、1959年製レスポール・スタンダード、シリアルナンバー“9 1167”、“9 0611”、“9 1974”の3本を取材した。いずれもコンディションが良いのはもちろん、細部には製造時の個体差があり、半世紀以上の時間を経た風格もそれぞれ。「GAKKI ソムリエ」が得意とする詳細な解説とポイントを得た写真で、その魅力と3本の違いをご覧いただきたい。

1

Player

2019年9月号

定価1,620円(本体1,500円)A4判

2019年8月2日(金)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

J × Duff McKagan

日米ロック・ベーシストの2大巨頭を徹底追究

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!