インタビュー

エルフリーデと愛器の数々  Part.3  ゆーやん
インタビュー

エルフリーデと愛器の数々  Part.3  ゆーやん

  • Talk about…
  • エルフリーデ / ゆーやん

月刊『Player』6月号に掲載され、話題となったエルフリーデ。リスナー/プレイヤー問わず、また、幅広い世代から支持されている。今回から3回に分けて彼女たちの楽器を紹介する。その第三回はゆーやんのLUWIGのスネアだ。

エルフリーデと愛器の数々  Part.2  星野李奈
インタビュー

エルフリーデと愛器の数々  Part.2  星野李奈

  • Talk about…
  • エルフリーデ / 星野李奈

月刊『Player』6月号に掲載され、話題となったエルフリーデ。リスナー/プレイヤー問わず、また、幅広い世代から支持されている。今回から3回に分けて彼女たちの楽器を紹介する。その第二回は星野李奈のSugiベースだ。

エルフリーデと愛器の数々  Part.1 山吹りょう
インタビュー

エルフリーデと愛器の数々  Part.1 山吹りょう

  • Talk about…
  • エルフリーデ / 山吹りょう

月刊『Player』6月号に掲載され、話題となったエルフリーデ。リスナー/プレイヤー問わず、また、幅広い世代から支持されている。今回から3回に分けて彼女たちの楽器を紹介する。その第一回は山吹りょうのストラトキャスターだ。

橋爪もも 愛器TAYLOR 914ce
インタビュー

橋爪もも 愛器TAYLOR 914ce"髭丸"

  • Talk about…
  • 橋爪もも

自作ロリータファッションに身を包み、アコースティックギターを手に情感たっぷりの楽曲を歌い上げるシンガーソングライター橋爪もも。その美しいルックスからは想像つかない、生々しい心理描写や人間模様を、彼女はリアルに、ときに爪痕を残すかのように激しく描くのである。

60年製バーストを使ってZEPを弾くLIVE!Duesenberg 匠インタビュー Part.2
インタビュー

60年製バーストを使ってZEPを弾くLIVE!Duesenberg 匠インタビュー Part.2

  • Talk about・・・
  • デューセンバーグ

前回のデューセンバーグのギタリスト匠インタビューに続き、今回は60年製バーストを含む使用機材を紹介。今回はギターをはじめレアな機材が目白押しだ!

60年製バーストを使ってZEPを弾くLIVE!Duesenberg 匠インタビュー Part.1
インタビュー

60年製バーストを使ってZEPを弾くLIVE!Duesenberg 匠インタビュー Part.1

  • Talk about・・・
  • デューセンバーグ

6月1日に原宿クロコダイルに70年代にZEPコピーバンドとして名を馳せた「デューセンバーグ」が登場。今回はギタリスト匠のプロフィールを中心にインタビューした。

ウソツキ 2019.04.01  USOTSUKA NIGHT HOME@渋谷WWW X
インタビュー

ウソツキ 2019.04.01  USOTSUKA NIGHT HOME@渋谷WWW X

 今年でデビュー5周年を迎えるウソツキ。バンド名にちなんで2014年より毎年開催されているエイプリルフール・ワンマンも今年で6回目。タイトルは"USOTSUKA NIGHT HOME"と銘打ち、"此処このイベントが僕らのホーム、原点"という決意が込められた。同時に今年1月をもって吉田健二(g)が脱退した新体制ウソツキとしては初のワンマン。ソールドアウトでギュー詰め状態の会場には普段とは違う緊張感も漂っていた。

SPiCYSOL 2019.04.05 Tour 2019
インタビュー

SPiCYSOL 2019.04.05 Tour 2019"FREE"@渋谷WWW

  • ライブレポート

1月にリリースされた『FREE-EP』を携え、全国5ヶ所で開催された「SPiCYSOL Tour 2019 "FREE"」。ツアーファイナルの会場は渋谷WWW。中盤のMCでKENNY(vo,g)も語っていた通り、かつてはソールドアウトが叶わなかった同会場だが、今回は見事にリベンジを果たす結果となった。

マーティン アーティストリレーション担当者 MARTIN ECモデルを語る
インタビュー

マーティン アーティストリレーション担当者 MARTIN ECモデルを語る

  • クリス・トーマス
  • マーティン社アーティストリレーション担当者

 4月に待望の来日公演を行うエリック・クラプトン。1974年の初来日から45周年、海外アーティストとしては史上最多となる96回もの日本武道館公演を実現、そして平成最後の日本公演と、今回も話題性に富んだ来日公演となる。
 そしてエリックの愛用するギターの一つとして知られるのがマーティン000-28ECだろう。1996年に発売されて以来、シグネチャーモデルとしては異例のロングセラーを続ける人気を誇る。そこで今回はマーティンのアーティストリレーション担当のクリス・トーマス氏にエリック・クラプトン シグネチャーモデルに関するインタビューを行った。

Living with Martin Guitar Vol.18
インタビュー

Living with Martin Guitar Vol.18

  • リビング・ウィズ・マーティンギター
  • コージー・のむら

『GAKKIソムリエ』のオリジナル企画、【Living with Martin Guitar】は、マーティン・ユーザーのギターライフを語ってもらうインタビュー・コーナー。音楽とギターとの出会い、マーティン・ギターの魅力、そして日々の生活におけるマーティン・ギターの存在・・・。憧れのマーティンを手にした喜びをインタビュー!

1 2 3 4 5 6 7 8 9

Player

2019年6月号

定価890円(本体824円)A4判

2019年5月2日(木)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

SANTANA

サンタナの奇蹟/ギターシーンに衝撃を与えるAFRICA SPEAKS

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!