インタビュー

連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.3

We Love FENDER GUITARS!

池田 進太郎

「GAKKIソムリエ」のオリジナル連載企画、"We Love FENDER GUITARS!"がスタート!アマチュア・ギタリストのギターライフやギターストーリーをたっぷりと語ってもらう新コーナーの誕生だっ!

WLF_kiji_banner-3-3.png

 クリームと出会ってロックに目覚め、高校3年で最初に買ったエレキがカスタムショップのカスタム・テレキャスター。現在所有する3本のテリーは、どれも個性的なモデルばかりだ。"テレキャスターは3ウェイサドルが基本"と語る29歳のギタリストは、11年間愛用するカスタム・テレに絶大な信頼を寄せている。フェンダーを愛し、テレキャスターを愛する若きギタリストが、ギターストーリーを語る...。

■お小遣いを貯めてテレキャスを...

 ギターを始めたのはいつ頃ですか?

 小学校6年生の時ですね。楽器をやりたいと思ったのですが、友達の何人かがピアノを習っていたので、同じ楽器を習うのはイヤだし、たまたま近所にギター教室があったので習いに行きました。最初はアコースティック・ギターで始めたんですが、おばあちゃんが美空ひばりを好きだったので、家の歌本で「川の流れのように」のメロディを弾いたり、ビートルズを弾いたりしていました(笑)。

WTF161112-1280-110.jpg エレキギターに興味は?

 洋楽はずっと好きだったのですが、高校生の時に、友人からクリームのアルバムを借りて聴いたのが切っ掛けです。あのサウンドにもの凄く衝撃を受けましたね。"これだ!"と思って、エレキを弾こうと...。

 最初に買ったエレクトリックは?

 今日持ってきたテレキャスターです。

 えっ!? 最初に買ったエレキが、カスタムショップのテレキャス...。

 はい。親が"買う時は良い物を買って、長く使いなさい"という考え方でして、最初にこのギターを買いました。長年貯めていたお小遣いやお年玉で高校3年生の時に買ったんです。修学旅行のお小遣いも使わないでそれにあてました。それから11年間自分のメインギターです。

 なぜ最初にテレキャスターを?

 ちょっとひねくれたところがあって、友達がストラトやレスポール・タイプのギターばかりだから、同じギターは嫌だなと思って、あまり人が持っていないテレキャスにしようと思いました。そして楽器屋さんに行ったら、このギターがど真ん中に置かれていて、"オッ!"っと思って。ソニックブルーも珍しいし...。カスタム・テレキャスターなので、バインディングも付いていてそれも珍しくて。手にしたときは嬉しかったですね!

 革製のピックガードは?

 2年間音楽の専門学校に通ったんですが、そこで革で何かを作るという授業がありまして、その時に自分で作りました。型を取って、絵柄をデザインして、着色して...。

 ずいぶんモダンなレザークラフトですね。

 そうですね、僕は球が好きで丸を組み合わせてデザインしたんです。ちょっとステンドグラスみたいで、気に入っています。長年弾いているのでかなり色が剥げてきちゃって...。でも、愛着が湧きますね。

 これまでに色々なテレキャスターを弾かれたと思いますが、このギターのサウンドは?

 どのテレキャスターよりも、これが一番良い音ですね(笑)。あまりキンキンした音ではなく、芯があって太いです。

■ユーリ・シスコフのテレ

 他にフェンダー・ギターは?

 カスタムショップのテレキャスが2本あります。ひとつは、72年スタイルのテレキャスター・カスタムで、フロントにワイドレンジ・ハムバッカーが付いたサンバーストのモデルです。あと1本は、ユーリ・シスコフの作ったテレキャスターも持っています。これは、以前渋谷で行われたギターショーで見つけたんですが、トレモロユニット仕様です。ちょうどテレキャスでアームが付いたモデルがないかと捜していたんですよ。僕マスタービルダーの中で、ユーリの作るギターが一番好きなんです。凄く綺麗なギターが多いです。以前ボディの中に小さなオルゴールが組み込まれたユニークなモデルを見たことがあります。あと、指板全面にインレイが施された華やかなギターとか...。まあそういうモデルは数百万円もするので買えませんけど(笑)。僕のギターは30万円代だったので、ユーリのギターにしては安かったです。ギターショーで見つけてかなり悩んだんですけど...。あっ、携帯に写真があるので、ちょっとお見せします...。これこれ...(マスタービルト・ユーリ・シスコフ・チェンバード QMT テレ・ウィズ・トレモロ)。

S-ikeda-101.jpgのサムネイル画像

 おっ、ボディがフィギュアドトップで、凄く綺麗ですね〜!

 ありがとうございます。ちょっと安くするって言われたので、思い切って買いました。凄く気に入ってます。

 フェンダーを3本持っていて、3本とも個性的なテレキャスというのも珍しいですね。

 そうですね、あまり人と同じギターは...。僕みたいな人は少ないでしょうね。

 まあ、レギュラーモデルやヴィンテージ・リイシューとも異なる新しいモデルが用意されているのがカスタムショップの楽しさでもありますね。今欲しいギターは?

 いっぱいありますよ! 先日もフェンダーのバックステージで見つけたんですが、ストラトのマルチレイヤー・フィニッシュのモデルがあったんですよ。すっごい綺麗でした! しかも、ネックはテレキャスターなんです。あと、ボディが桐でできているストラトもありましたね。

 え、桐ボディ?

 ええ、日本の桐です。タンスとかに使用されている。凄く軽いんですよ。あれなら持ち運びは楽だろうな〜。

■ギターを弾かなかったんです...

WTF161112-1280-111.jpg 話しは変わりますが、先日「ザ・クラシック・ロック・アワード」に行ったんですよ。ジミー・ペイジが出るっていうんで、楽しみにしていたら、確かにステージには登場したんですが、ギターを弾かなかったんです! 酷くないですか〜(笑)。出てきたと思ったら、ちょっと喋って、でトロフィーを渡したらそのまま帰っちゃいました〜。もう、ショックでしたよ〜。てっきり演奏してくれるのかと...。帰る時会場もどよめきましたよ"え〜〜!"って(笑)。でも、ジョー・ペリーはギターを弾いたんですが、昔からよく使っているサンバーストのストラトをリバースにしたギターを使っていました。あれはフェンダーじゃないのかな、緑色のパーロイドのピックガードが付いたモデル。ジェフ・ベックもリバース・ヘッドのストラトでしたが、彼らのようなリバース・ヘッドのフェンダーが欲しいですね。他の人と違うギターがいいな〜。

 カスタムショップのギターは、レギュラーモデルと違いを感じますか?

 ネックが、凄く良いですね。自分に合っているというか。とにかく弾きやすい印象です。でも、レギュラーモデルも悪くないですよ。

 テレキャスターって、使いこなすのが難しくないですか?

 僕は慣れているけど、最初はちょっと難しいでしょうね。ハイポジションも弾きやすくはないし、サドルが3ウェイだからチューニングもコツがいりますね。でも、やっぱりテレキャスターは3ウェイが基本ですよ。とは言っても、ユーリのギターだけは6ウェイが付いていますけど(笑)。まあ、自分はなんかそういう不器用なくらいのギターの方が好きなんです。キース・リチャーズですよ、キース(笑)。

 ギターって、機嫌の良い時と、悪い時ってありません?

 あります。全然良い音が出ない時とかね。でも、そんな時は自分の弾き方が悪いんだと思ってます。このテレキャスターは完璧なので、音が悪いのは自分のせいだって(笑)。

WTF161112-1280-101-2.jpg【今週のゲスト】

池田進太郎(SHINTARO IKEDA)

1987年10月27日生まれ。北海道小樽出身。 12歳からアコースティック・ギターを始める。その後クラシック・ギター、エレクトリック・ギターを弾くようになる。学生時代はバンドを、現在はサポートギタリストとしてライブなども行っている。最近よく聴くミュージシャンは、Sonny Landreth、Ray Gomez、Robben Ford、など。テレキャス大好き!Twitter(@stelecaster0160)

■FENDER Custom Shop Custom Telecatser

ikd-1.jpg

 高校生の時に購入したカスタムショップ製のカスタム・テレキャスター。11年間メインギターとして愛用している。ソニックブルー・フィニッシュが経年により、ペパーミントグリーンのように見える。ピックガードは、自作の革製。大小のカラフルな丸をレイアウトしたポップなデザインで、上半分は木ネジ、下半分は両面テープで固定している。 ヘッドの裏には一昔前のカスタムショップのロゴと購入した楽器店のシール、そして進太郎の頭文字の"S"が青いラインストーンでデザインされている。かなり軽量で、ボディにはバインディングが施され、スラブネック仕様。フレットがだいぶ減っているが、まだオリジナル・フレットが残っている。ボディサイドには「芸能上達 うまくなる」のシールが...。

ikd-2.jpg

■FENDER Custom Shop Telecaster by Yuriy Shishkov

yuri.jpg

 カスタムショップ製のテレキャスターは3本所有している。こちらはシニア・マスター・ビルダーのユーリ・シスコフが製作したチェンバード仕様のテレキャスター。2ハムバッカーにトレモロユニットを搭載したモダンなデザイン。ギターショーで見つけて一目惚れで購入した1本。玉杢のネックとフィギュアドトップがプレミアム感を演出。 バックプレートには日本の影絵作家・藤城清治の「聖女クララの光」という作品のステッカーが貼られている。 


We Love FENDER GUITARS!

連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! Vol.5
久保田 衛 / 1966 Stratocaster
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.4
北川 裕康 / 1957 Stratocaster Dennis Galuszka
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.3
池田 進太郎 / Custom Telecatser
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.2
永田ショーザブロー / Harrison Tribute Rooftop Tele
連載 ギター・ラブ・ストーリー We Love FENDER GUITARS! vol.1
篠田 徹 / 54 STRAT, Michael Landau Signature 1963 Relic Stratocaster

Interview : 田中 稔 (月刊『Player』)

Player

2017年11月号

定価760円(本体704円)A4判

2017年10月2日(月)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

REBECCA

ロング・インタビュー&武道館レポート/プレイバック'85-'86-Maybe Tomorrow Story レベッカ・サウンドの現在・過去・未来に迫る総力特集!

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!