インタビュー

ウソツキ 2019.04.01  USOTSUKA NIGHT HOME@渋谷WWW X

 今年でデビュー5周年を迎えるウソツキ。バンド名にちなんで2014年より毎年開催されているエイプリルフール・ワンマンも今年で6回目。タイトルは"USOTSUKA NIGHT HOME"と銘打ち、"此処このイベントが僕らのホーム、原点"という決意が込められた。同時に今年1月をもって吉田健二(g)が脱退した新体制ウソツキとしては初のワンマン。ソールドアウトでギュー詰め状態の会場には普段とは違う緊張感も漂っていた。

  • IMG_0201.jpgのサムネイル画像

 開演予定時刻を回ると、暗転ともに場内に張り巡らされた電飾が星のように瞬き、フロアからは驚きの声が漏れる。高揚感を高めるSEを背に、ウソツキのメンバーと今回のライブでサポート・ギタリストを務めるはるか(エドガー・サリヴァン)が登場。1曲目に選ばれたのは「新木場発、銀河鉄道」。ファンにはお馴染みである列車の走る音や汽笛の音を模したギターのイントロが響いた瞬間、約500人が一斉に歓声を上げる。続けて2015年リリースの2ndミニアルバム『新木場発、銀河鉄道は行く。』同様に「過去から届いた光の手紙」へと繋いでいく。早くも竹田昌和(vo,g)は興奮と感謝の気持ちを抑え切れずといった様子で、何度も真っ直ぐな想いをオーディエンスに伝えていた。

  • IMG_0006.jpgのサムネイル画像
  •  その後もウソツキの武器のひとつであるコーラスワークが活きる「ボーイミーツガール」、グルーヴィなビートで心地良く踊らせる「夏の亡霊」など、序盤から5周年のキャリアからのオールタイムベスト的セットリストを用意。また、メンバーの卓越した演奏技術が楽しめるのもウソツキのライブの魅力である。大口径&深銅のラディック・ビスタライト・セットを高音コーラスも担いながら叩きこなす林山拓斗(ds)、竹田からの"平成一ベースを速く弾く男"という紹介から設けられた藤井浩太(b)のベースソロ・コーナーでは、ボスハンド・タッピングなど様々な奏法で湧かせ、「恋はハードモード」の後半では竹田がギターヒーローばりのプレイを聴かせる(クライマックスでは背面弾きまで飛び出した!)。タイトル繋がりで「水の中からソラ見てる」と「アンダー・ザ・シー」を違和感なくシームレスに繋いだアレンジも圧巻だった。レイドバックしたムードで一旦終わらせておきながらも、竹田の"なーんつってな"のひと言から怒濤の轟音アンサンブルにスイッチした瞬間はまさに鳥肌もの。
  • IMG_0132.jpgのサムネイル画像
  •  一方で良い意味でグダグダなMCも場を和ませる。ライブの数時間前に行われた新元号の件には一切触れないというウソツキらしい捻くれた宣言も飛び出したが、ステージ上の小道具はこれまでウソツキのアートワークやMVに登場したものであることや、そのセットの中で一際異彩を放っていた縫いぐるみ"あうあう君"のエピソードなども披露された。
     終始にわたってハイライトしか見当たらない本編だったが、個人的なポイントはアンコールの1曲目で披露された「ピースする」だ。曲を締め括る"そしたら ほら みんなピースしてる"の歌詞と共に掲げられた満開のピースサイン。この光景にメンバーはもちろん、オーディエンスも5年間の意味を感じたようで、竹田も思わず感極まったことを照れずに明かしていた。MCを挟み、この日の為に頑張って間に合わせたという新曲「0時2分」(仮)、モータウン・ビートとスティーヴィー・ワンダー・オマージュな間奏がピースフルな空気に染め上げる「ラブソングは無力だ」でフィナーレ。
  • IMG_0060.jpgのサムネイル画像
  •  

 アンコールでは6~8月の3ヶ月連続でワンマンライブ"USOTSUKA NIGHT STORIES"の開催も発表。「#1 love」と銘打たれた6月のライブは、ウソツキが初めてワンマンライブを行った東京・下北沢MOSAiCが会場に選ばれた。7月は「#2 cosmo」と題して東京・青山 月見ル君想フにてライブが行われる。3カ月連続ワンマンライブの最終公演「#3 party」は東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催され、なんとゲストとしてスキマスイッチの常田真太郎が出演! まだまだウソツキの5周年は面白くなりそうである。

USOTSUKA NIGHT STORIES #1 love

2019.6.22(土)下北沢MOSAiC

OPEN17:30 START18:00

オールスタンディング 前売り¥3,500

USOTSUKA NIGHT STORIES #2 cosmo

2019.7.20(土)青山月見ル君想フ

OPEN17:30 START18:00

オールスタンディング 前売り¥3,500

USOTSUKA NIGHT STORIES #3 party

2019.8.21(水)渋谷Mt RAINER HALL PLEASURE PLEASURE

OPEN18:30 START19:00

全席指定前売り ¥3,800

Text by KENTA TOGAWA

Photo by KOJI YAMANO

Player

2019年11月号

定価1,620円(本体1,500円)A4判

2019年10月2日(水)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

KISS

我が青春のKISS 史上最大規模のファイナル・ジャパン・ツアー

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!