インタビュー

「その先へ、一歩先へ行くんだ。」LAZYgunsBRISKYライブレポート

Live Report

LAZYgunsBRISKY

 6月26日に約2年ぶりの全国流通の新作CD『Riot Bulb』をリリースするLAZYgunsBRISKY。今回、レポートする6月7日のライブは、新曲「Riot」を演奏する予定とのこと。激しい雨の中、下北沢のClub Queに向かった。

 実は、5月下旬に月刊『Player』8月号で彼女たちに新作『Riot Bulb』についてのインタビューと後述のギター/ベースの撮影を行っている。その際、6月7日のライブで新曲を披露すると話を聞き、ライブレポートをすることとした。というのも新作『Riot Bulb』は彼女らの現在最も興味があるダンスミュージックやラップを大幅に取り入れた作品で、それをどのように演奏するのか、大変興味を持ったからである。

 6月7日下北沢のClub Que。この日、関東は梅雨入り、西日本では避難警告が出たほどの大雨。しかも、今回は3組出演のトップとあって、来場者も会場入りしたものの、雨具を片づけて・・など来場者のテンションは普段よりも低めと言わざるを得ない。しかし、SEが終わり、彼女らが登場するとテンションはいきなり高まった。というのも、今日のオープニング曲は「Kiss me」だからだ。最近の彼女らのライブではこの曲は中盤に演奏され、この曲から会場が大いに盛り上がる。そのアイコンとなっている。つまり、1曲目からアクセル全開で幕を開けた。

LGB0607-900-100.jpg

 続いての曲は「Axis」。ボーカルのLucyがオーディエンスを盛り上げる定番の曲で、今日の盛り上げ方は本来の"A・B・C・D!"ではなく、今日のネタを入れて"ツ・ユ・イ・リ"だ。この2曲ですでに会場のテンションはMAXに近づいた。その後、「Suitable suicide」とハイテンポな「Dress to kill」が演奏され、すでにLucyは汗だく。MCで本日がライブ初披露となる「Riot」について語った。

 Lucy_small-115.jpg「この曲は強く生きる女の生きざまの歌。悔しいことも、頑張っていることも、一杯ある中で・・歯を食いしばって、強く生きる女。強く見せたくて、化粧して、着飾って、表参道をハイヒール履いて、ヅカヅカ歩くんだっていう、そんな女の生きざまの歌なんですけど、その生きる道をランウエイと考えていて、そのランウエイの・・ランウエイって行き止まりがあるでしょ?行きどまったポイントがあるでしょ?その先へ、一歩先へ行くんだ。行かないと、まだ死ねない、っていう・・」

 ライブで彼女たちを見ていると、その歌詞に歌われているような大人の女性を体現していると感じる。以前のパワーとスピードで押し切ろうとするパフォーマンスではなく、全員が先日30代となり、音楽性が豊富に、演奏にも磨きがかかり、成長を強く感じる。この「Riot」はキメフレーズも多く、シンセの浮遊感とビートが特徴。激しい楽曲が中心のセットリストの中で同期させたり、各々の高度なフレーズなどライブでは表現が難しいかもしれないが、今日の初演でも何ら問題なく演奏しており、ミュージシャンとして頼もしい。LAZYgunsBRISKYの新たなる局面、Lucyがこの曲にこめた想いである"ランウエイのその先"に踏み出しているといえるだろう。

LGB0607-900-101.jpg

 この日は、その後、「Hello again」、「Freak」、「Shiny」が演奏され、3マンの短いライブだったが、ボルテージが高く、梅雨空を吹き飛ばす、楽しく、美しいライブとなった。新曲は「Riot」だけだったが、アルバム『Riot Bulb』にはこれまでにないスタイルの曲も含まれており、それらの曲をライブでどのように演奏するのか、また、それらの曲をライブでどのように成長させていくのか?と興味は尽きない。4人の美貌も輝きを増しており、彼女たちのステージでの一挙一動もライブの大きな魅力となっている。ツアー・スケジュールはすでに公開されているので、ぜひチェックしてもらいたい。

 

LAZYgunsBRISKY 公式ホームページ
https://lazygunsbrisky.com/

LAZYgunsBRISKY - Riot MV (Short Ver.)

< LAZYgunsBRISKY Tour 2019 [Riot Bulb] >
■6月30日(日)北海道 札幌SPIRITUAL LOUNGE(開場17:30 開演18:00)

■7月12日(金)千葉 稲毛K's DREAM(開場18:00 開演18:30)

■7月19日(金)埼玉 北浦和KYARA(開場18:00 開演18:30)

■7月26日(金)東京 下北沢CLUB251(開場18:00 開演18:30)

■7月27日(土)大阪 南堀江knave(開場17:30 開演18:00)

■7月28日(日)愛知 新栄クラブロックンロール(開場17:30 開演18:00)

■8月17日(土)愛知 今池GROW(開場17:30 開演18:00)

■8月19日(月)兵庫 music zoo KOBE太陽と虎(開場17:30 開演18:00)

■8月21日(水)大阪 club vijon(開場:未定 開演:未定)

■8月24日(土)福岡 小倉WOW(開場18:00 開演18:30)

■8月25日(日)福岡 Queblick(開場17:30 開演18:00)

☆ツアーファイナル ワンマン公演

■8月31日(土)東京 下北沢ReG(開場17:00 開演18:00)

<チケット>
○一般発売
◆販売期間
2019年6月1日(土)10:00~
https://eplus.jp/lazygunsbrisky2019
8月21日(水)大阪 南堀江club vijon公演は後日発売。詳細は追ってお知らせ致します。
○オリジナル手売りチケット
ライブ物販にて販売中。入場はプレイガイドの後となります。

≪LAZYgunsBRISKY × Gacharic Spin ツアー≫ 

[Riot Bulb]× "ガチャっ10LIVE 2019" ~番外編~

■8月7日(水 )東京 新宿RUIDO K4(開場18:30 開演19:00)

前売り ¥4,000(税込)/ 当日 ¥4,500(税込)
w/Gacharic Spin

<チケット>
https://eplus.jp/sf/detail/2970830001-P0030001

上記は6月11日時点の情報です。詳しくは
https://lazygunsbrisky.com/special/riotbulb/
にてお確かめください。


 この後、『GAKKIソムリエ』では「Yuko,Azu,Moeの使用楽器のレポート」記事と「『No Buts』~『Riot Bulb』にいたるまで」のインタビュー記事を掲載予定です。また、記事冒頭で書いたように、今回の一連の記事の発端となったインタビューは月刊『Player』8月号(7月2日発売)に掲載。そこでは『Riot Bulb』について掘り下げたカラー2ページのボリューム。いずれの記事も上記掲載のLucyのカットのようなスタジオでの撮りおろし写真と『ソムリエ』自慢の楽器の詳細写真も掲載します。LgBのコアなファン、あらたに興味を持った人にも満足してもらえる多角的で充実の内容をお送りします。乞うご期待!!


Text / GAKKIソムリエ(Photo / Lucy's solo shot)
Live Photo / 木村辰郎

Player

2019年9月号

定価1,620円(本体1,500円)A4判

2019年8月2日(金)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

J × Duff McKagan

日米ロック・ベーシストの2大巨頭を徹底追究

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!