ニュース

『2016楽器フェア』11月6日フォトレポート

 『2016楽器フェア』は本日6日まで東京ビッグサイト(西ホール1・2)で開催された。
200社以上のメーカーと30社以上の楽器店が参加した今回の入場者は4日、5日とも前回を上回っている。出展社ブースでのイベントを含めると3日間で2千件と推定されるイベントが開催され、展示されている楽器の試奏にも列ができるほど活気に溢れるショーとなった。
 本日はその最終日をイベントを中心にフォトレポートしよう。

【製品】

IMG_1999_framas.JPG

▲FRAMUS Idolmaker/Panthera II

 50〜70年代に存在し、1992年にワーウィックの創業者が再び新たに設立したギター・ブランド、フレイマス。スティーヴィー・サラスのシグネチャー・モデルのアイドルメーカー(写真上下・各左側2本)と、最新モデルのパンセラII(写真上右端)。

IMG_1824_TMC.JPG▲TEMPLE AUDIO DESIGN Solo/Trio

 カナダ・ブランドのペダルボードが国内初お目見え。超軽量なアルミ製ボード本体に別売りの専用プレートによるクイックリリース機構を採用し、ペダルのレイアウトが手軽に行えると共に、高い安定性を実現。

IMG_1791_marshall.JPG▲MARSHALL Code50/Code25

 マーシャルのモデリング・アンプ・シリーズ。歴代のマーシャル・サウンドを網羅したリアルなモデリング・アンプと、タブレットと組み合わせたユニークな操作性が特徴。

IMG_1792_line6.JPG▲LINE 6 Spider V Series

 好評のスパイダー・シリーズがリニューアル。多彩なモデリング・アンプ/エフェクトに加えて、アコースティック・サウンドもリアルに再現するフルレンジ・スピーカー・システム、ワイヤレスレシーバー機能も搭載している。

IMG_1766_crews.JPG▲CREWS MANIAC SOUND Memoly Of Sonoma Custom

 ミュージックランドKEYのブースで販売されていたクルーズマニアックサウンドのエレガット・ギター。ボディ・サイド/バックにマダガスカル・ローズウッドを採用したハイエンド・モデル。

IMG_2026_weed.JPG▲weed×KAORU UGEEE

 DIR EN GREYの薫がプロデュースしたweedとのコラボレーション・モデルが登場。3バンドEQとミッドブースト・スイッチを搭載したディストーション。限定台数販売とのことで今後注目を集めるモデルだ。

【イベント】

IMG_1993_FG.JPG

▲ヤマハギター50周年企画 ヤマハ「FG」弾き倒し祭り@2016楽器フェア

 ヤマハギターの代表的モデル「FG」の歴代モデルが一堂に集結!たくさんのFGを自由に弾き比べられるとあって往年のギターファンが多数訪れた。

IMG_1969_yokoyama.JPG▲YOKOYAMA GUITARS Presents 松井祐貴スペシャルクリニック

 ソロ・アコースティック・ギタリストの松井祐貴による、愛用しているヨコヤマギターズを使用した、ミュージックランドKEY主催クリニック。パーカッシブな演奏とメロディアスなフレーズを組み合わせた流麗なプレイを披露。会場にはヨコヤマギターズのビルダー、横山正の姿も。

IMG_1975_variax.JPG▲Line 6 Variax デモンストレーション

 多彩なモデリング・サウンドを内蔵したVariax Standardを使用したデモンストレーション。ギタリストとしてのみならず、ボーカル、ダンス、釣りガールなどマルチな面を持つ磯貝真由が、様々なモデリング・サウンドを駆使した演奏を披露。

IMG_2020_hosco.JPG▲三宅伸治 DUESENBERGギターデモンストレーション

 ブルースなどのルーツ・ミュージックに根ざしたギター・プレイで人気の三宅伸治によるデモンストレーション。近年愛用しているデューセンバーグのStarPlayerやレゾネーター・タイプのRezobro、スティールギターのPomona6を使用し、ブルース・フィーリング溢れるプレイを披露。

IMG_2088_xotic.JPG▲PCIデモンストレーションfeat.アレン・ハインズ

 LAシーンの実力派ギタリスト、アレン・ハインズによるXOTIC製品を使用したデモンストレーション。自身のシグネチャー・ギターと近日発売されるエフェクター「Soul Driven」の特徴を解説。また、最新アルバムなどから数曲のエモーショナルなギター・プレイを披露した。

IMG_2032_warwick.JPG▲WARWICKセミナー

 ドイツのベース・ブランド、ワーウィックより生産責任者のマーカス・スパングラーが来日。同社独自の製法や木材などを解説。

2016-1106aa-1.jpg

ギタリストの桜村眞監修によるSeed Kotetsuギター。

 その魅力を本人のデモ演奏とSago New Material Guitarsの高山氏の解説を交えて紹介したスペシャルセミナー。

2016-1106aa-2.jpg

▲Cole Clarkのエレアコ

 ダニエル・シャンペインによるデモンストレーションの様子

2016-1106aa-3.jpg

▲ZOOMのARQ AR-96セミナー

 ZOOMから登場した話題のリズムマシンARQ AR-96を使用したパフォーマンスをミュージシャンのItsukaが披露。

2016-1106aa-4.jpg

▲Provision ベースセミナー

 根岸考旨と種子田健が愛用するProvisionベースの魅力を語った池部楽器店ベーシストによるセミナーの模様。

2016-1106aa-5.jpg

▲T's Guitarsのマスタービルダーである高橋謙次が第一線で活躍するミュージシャンと共に2日間に渡ってサウンドの秘密を語るスペシャルセミナー(提供:池部楽器店)。2日目はMintjama2cが登場。

Player

2018年3月号

定価890円(本体824円)A4判

2018年2月2日(金)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

LAZY

デビュー40周年記念! 東京ワンマンライブに密着

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!