ニュース

 4月15日・16日の二日間に渡って、大阪ATCホールにて開催された「サウンドメッセ2017」。今回のサウンドメッセでは、国内のギター関連メーカーにより発足された「G.E.N.(Gakki Engine of Nippon)」に参加する23社/25ブランドが出展した。2016 楽器フェアで大好評だった、スタンプラリー方式の楽器の試奏企画「GEN SOUND TASTE 2017」が実施された。さらに、イベントホールでは各ブランドのギターを実際に弾いた若いプレイヤーの感想を聞きつつ、そのブランドの特徴や魅力をビルダーやスタッフが語るトークイベントも行われた。今回のレポートPart.2では、G.E.N.参加ブランドのギター/ベースをピックアップして紹介しよう。

_MG_2201.JPGBIZEN-WORKS_MG_1820.JPG

▲BIZEN WORKS MT

 昨年設立されたばかりの新進ブランド、BIZEN WORKS。コンパウンドラディアス指板やコンター加工など弾きやすさの追求したデザインと、PUやテイルピース、ピックガードはオリジナルを採用しているのが特徴。写真はカーリーメイプル・トップ/ホンジュラスマホガニー・バックのMT。

DRAGONFLY_MG_1857.JPG

▲dragonfly SOTTILE CUSTOM 666

 ブランド・スタッフと若いギタリストによる対話イベントとして開催された「G.E.N.ビルダートークライブ」のひとコマ。写真は軽量さを追求した新モデルSOTTILE(ソッティーレ)の666mmスケール、ジリコテ・トップ・モデルのデモンストレーションの様子。

DsDESIGN_MG_1807.JPG

▲D's DESIGN Insect Bass

 個性的なデザインのD's DESIGN Insect Bass。最大の特徴は、独自のシェイプを採用したネック・グリップ。グリップ面を平らに仕上げることで、ネックの厚みを確保しつつ、親指を立てるフォームと握り込むフォームのどちらでも弾きやすい絶妙なフィンガリングを実現。

FCGR_MG_1805.JPG

▲FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH Retrospective Series

 ヴィンテージ・スタイルを継承しつつ、ステンレス・フレットやオリジナル・ピックアップを採用した、同社ならではのノウハウを投入したFREEDOM CUSTOM GUITAR RESERCHのRetrospectiveシリーズ。待望のPJピックアップ搭載の5弦ベースが登場した。

KAMINARI_MG_2187.JPG

▲KAMINARI GUITARS Liquid-2

 KAMINARI GUITARSとD -SOUND GEARのコラボレーション・モデルの2ハムバッカー・バージョン、Liquid-2が登場。オリジナルPUを直付けし、トーンコントロールを追加。さらにゴトー製マシンヘッドとウィルキンソン・ブリッジでさらにチューニング精度を高めている。

KzGW_MG_1858.JPG

▲Kz GUITAR WORKS Kz One Standard

 神奈川県逗子市に工房を構えるKz GUITAR WORKS。ローノイズなオリジナル設計の3つのシングルコイルPUと多彩なコントロールにより、なんと23通りものPUコンビネーションが切り替えられるKz One Standard。ホンジュラス・マホガニーのボディバックはホロウ構造となっている。

MOON_MG_1830.JPG

▲MOON ST Kadomatsu Model

 1987年のインスト・アルバムを再録音してリリース予定の角松敏生。ギタリストとしても定評のある角松が以前から愛用しているMOONから、新たなモデルST Kadomatsu Modelが登場。瞬時にピックアップを切り替えられる4つのミニ・スイッチを搭載している。

SUGI_MG_1839.JPG

▲SUGI GUITARS DS499 "Thunderbird" Amber Mist

 SUGI GUITARSの15周年記念モデル、DS499 "Thunderbird" Amber Mist
。ボディ/ネック材にはコリーナを採用し、オリジナルのミニ・ハムバッカー1基を搭載。シンプルなルックスながら、記念モデルらしいスペシャルさも感じられる一本。

TB_MG_1834.JPG

▲TB GUITAR WORKS J-Modern Gold Foil

 神戸のギターショップ、TONE BLUEが手がけるギター・ブランド、TB GUITAR WORKSよりJ-Modern Gold Foilが登場。25.5インチスケール、オフセット・シェイプ・ボディのヴィンテージ・スタイルに、ローラーピックアップ製ゴールドフォイルを搭載したモデル。

TsGUITARS_MG_1816.JPG

▲T's GUITARS Omni 4/Omni 5

 テクニカル系ギタリストを中心に支持を集めているT's GUITARSはベースのクオリティにも定評がある。Omni 4、Omni 5は同社オリジナル・ベース。写真は共にキルテッド・メイプル・トップ/アッシュ・バックのボディにメイプル・ネックを組み合わせたモデル。

XIMERA_MG_2184.JPG

▲XIMERA Moxino

 SONICとSAGOのコラボ・ブランド、XIMERA(キメラ)。初号機のベースに引き続き、待望のギター、Moxino(モリーノ)が登場。ソニックのジュピターPUとブリッジ、サゴのサーモウッドなどといった両社の特徴的なスペックを融合したギターである。

WISDOM_MG_1844.JPG

▲WISDOM DC5s

 昨年デビューした山野楽器によるオリジナルブランドWISDOM。DC5sは、スギ・ギターズで製作されたハイエンド・モデルで3Aフレイム・メイプル/ヴィオーラによる軽量で中低音域を生み出すボディ、演奏性を追求したカッタウェイ、オリジナルPUなどが特徴である。

XOTIC_MG_1825.JPG

▲XOTIC XJ-1T 5-String Light Weight-Lefty

 チャック・レイニーを始めとする多くのプロ・ベーシストが愛用するXOTIC XJ-1T。国産ならでは丁寧な仕上がりが魅力である。ライトウェイトなアッシュをボディ材に採用した左利き用モデルと、カスタムカラーのサーフグリーンで仕上げられたモデル。

ZEMAITIS_MG_1797.JPG

▲ZEMAITIS CS24SU Wood Leaf Mahogany Top

 ZEMAITISのカスタムショップ・モデルCS24SU Wood Leaf Mahogany Topは、メタル・フロントと同様の彫刻をマホガニー・トップに施した参考出品モデル。木の質感を活かしたリーフ・エングレイヴィングは、メタル・フロントは異なる独特の存在感を放つ。

ZODIACWORKS_MG_1799.JPG

▲ZODIACWORKS ZC-KR P-90II/ZC-KRII

 ZODIACWORKSのニュー・モデル、ZC-KR P-90IIとZC-KRII。ホロウ構造のコリーナにメイプルを組み合わせたボディ、リンディ・フレーリン製ピックアップ、オリジナルのハードテイル・ブリッジを搭載。同社モデルの中でもシンプルなルックスに仕上がっている。

<SOUND MESSE 2017レポート関連記事>
SOUND MESSE 2017 レポート Part.1 
SOUND MESSE 2017 レポート Part.3
SOUND MESSE 2017 レポート Part.4

サウンドメッセ2017 公式ホームページ
http://sound-messe.com

Player

2017年11月号

定価760円(本体704円)A4判

2017年10月2日(月)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

REBECCA

ロング・インタビュー&武道館レポート/プレイバック'85-'86-Maybe Tomorrow Story レベッカ・サウンドの現在・過去・未来に迫る総力特集!

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!