ニュース

 ギター/ベース/ウクレレだけでなく、アンプやエフェクターの出展も充実していたサウンドメッセ。大手ブランドから小規模メーカーまで多彩な機種が展示されていた。今回はハンドメイド・エフェクター・ブランドの出展も目立っており、生産数や取り扱い店舗が限定されているような製品を実際に試すことができるのは、こうしたイベントの魅力である。今回のレポートはアンプ/エフェクターを中心に紹介しよう。

320DESIGN_MG_1904.JPG

▲320design Sunakake

 こだわりのハイエンド・エフェクターで人気の320design待望の新製品Sunakakeは、大賀好修の要望から生まれた真空管の飽和するようなクランチ・サウンドを生み出すペダルで、クリーン・ブースターやファズまで幅広い歪みを生み出す。

BOSS_MG_1936.JPG▲BOSS Amps

 WAZA AMPやKATANA AMPを始め、今年新たにアコースティックアンプのACS-Pro/ACS-Liveも加わり、アンプのラインナップが一気に充実したBOSS。ブース脇にはミニステージが設置され、佐々木秀尚と瀬戸口恵によるデモンストレーションも行われた。

BrushEight_MG_1943.JPG▲BRUSH EIGHT CUSTOM CERIATONE Overtone OTS Mini 20"Lunchbox"

 大阪のBRUSH EIGHTが取り扱う、ダンブル系アンプをマイルドにしたマレーシアのアンプ・ブランド、CERIATONE Overtone OTS Mini 20"Lunchbox"のカスタムモデル。ここで取り扱うカスタムモデルは全て国内で組み込み、追加でモディファイも行われている。

KARDIAN_MG_1931.JPG▲KarDiaN C3H5N3O9

 今年2月に開催された「第4回エフェクターズビルダーズ・コンテスト」で優勝に輝いたKarDiaN C3H5N3O9/ニトログリセリン。60年代ロック・サウンドを目指し、小型の真空管アンプをフルアップしたような温かみのあるドライブトーンを生み出すペダルだ。

LINE6_MG_1878.JPG▲LINE 6 Helix LT

 次世代ギタープロセッサーLINE 6 Helix譲りのパフォーマンスを、優れたコストパフォーマンスで実現したスタンダード・モデルがHelix LT。Helix/Helix Rackとプリセットの互換性があるので、これらのモデルのバックアップ用プロセッサーとしても活用できる。

MXR_MG_1901.JPG▲MXR EVH5150K

 MXRとエディ・ヴァン・ヘイレンとのコラボレーション・ペダルの限定モデル、EVH5150K。世界限定500台で日本入荷144台のスペシャル・モデル。中身の機能は通常モデルと同様で、エディ本人の希望でコントロールや入出力の表記をカタカナにしたもの。

ORANGE_MG_1863.JPG▲ORANGE Kongpressor

 イギリスの名門アンプ・ブランドORANGEよりベース用コンプレッサーのKongpressorが上陸。有名スタジオで使用されたコンプレッサーにインスパイアされたクラスAアナログ回路搭載のコンプレッサーである。モデル名の由来となった筐体のデザインにも注目。

Ovaltone_MG_1944.JPG▲OVALTONE GD-013 Version 2.0

 OVALTONEの人気歪みペダルがバージョンアップした。GD-013 Version 2.0は、従来機の3つの歪みモードやミドルの切り替えによる幅広いサウンド・コンセプトはそのままに、内部回路や筐体デザイン、ノブやミニ・スイッチをブラッシュアップしている。

BrightSwitch_MG_1914.JPG▲ROCK STOCK PEDAL The Bright Switch

 暗いステージ上でエフェクトボードやセットリストを照らすペダル型のLEDライトが、ボード右端にあるROCK STOCK PEDAL The Bright Switch。2系統のUSBバスパワー出力を装備し、LEDライトとして使いつつ、スマホやタブレットの充電も行える。

ShinsMusic_MG_1902.JPG▲SHIN's MUSIC Drive Cat

 SHIN's MUSICの新たな歪みペダルがDrive Cat。ハンドワイヤリングによる回路基板による、ウォームで粘りのあるオーバードライブと、ストレートでスムースなディストーションの2モードを搭載。写真はトップ・パネルにセルロイドを使用した限定モデル。

STOMPROX_MG_2188.JPG▲STOMPROX Black Label For Bass/Ghost Buzz/Black Label

 リペアショップ&ギターブランドのL's TRUSTの傘下ブランドであるSTOMPROXは、若手ミュージシャンを中心に注目を集めている。左からベース用オーバードライブのBlack Label For Bass、ディストーションのGhost Buzz、オーバードライブのBlack Label。

TRIAL_MG_1883.JPG▲TRIAL Bite Distortion/Preamp

 TRIAL Bite Distortion/Preampは、スタック・アンプのようなディストーションが得られる、独自のゲイン回路とEQ設計を採り入れたペダル。3バンドEQを備えているので、プリアンプはもちろん、ブースターとしても効果を発揮する。

<SOUND MESSE 2017レポート関連記事>
SOUND MESSE 2017 レポート Part.1 
SOUND MESSE 2017 レポート Part.2
SOUND MESSE 2017 レポート Part.3

サウンドメッセ2017 公式ホームページ
http://sound-messe.com

Player

2019年6月号

定価890円(本体824円)A4判

2019年5月2日(木)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

SANTANA

サンタナの奇蹟/ギターシーンに衝撃を与えるAFRICA SPEAKS

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!