ニュース

Fender Custom Shop 30th Anniversaryイベントレポート&モア

6月9日に開催されたフェンダーカスタムショップ30thアニバーサリーイベントと最新カスタムショップ製品のプレミアム・ニュース!

フェンダーではカスタムショップを1987年に設立し、今年が30周年となる。1月のNAMMショー以来、30周年の記念企画を続々行なっているが、日本でも「Fender Custom Shop 30th Anniversary」と題した楽器店向けの内覧会が6月9日(金)に行なわれた。このイベントにはマスタービルダーのユーリ・シスコフも来日し、マスタービルダー達が製作したマスタービルトの49本を含む、合計170本ものフェンダー・カスタムショップ製品が展示された。これらの商品は同日に行なわれた入札で全国の楽器店に売約されたが、GAKKIソムリエではイベントに先立ち7本の製品を取材した。一本一本仕様が異なるマスタービルダーの製品を中心に、それらの製品の見どころを紹介しよう。

fcs170609-101.jpg

fcs170609-107.jpg

■CUSTOM DLX TELE HVY RELIC MASTERBUILT BY Yuriy Shiskov

FCS1706-105.jpg

バインディングが有るカスタムテレキャスター、しかもメタリックカラーのキャンディアップル・レッドというユーリ・シスコフの作品。メタリックカラーにも関わらず、ボディ材の2ピース・ライトアッシュの木目、木部の凹凸が浮き出た塗装とリアルなヘビーレリック加工はまさに職人技だ。ネックのシェイプは51年Uネックを採用、ローポジションとハイポジションのネック形状があまり変わらない独特なシェイプ。ピックアップにはフロントがセイモア・ダンカンの59ゼブラ、リアがJBゼブラを採用。かなりパワフルなピックアップをチョイスしている。

fcs170609-121.jpg

FCS1706-121.jpg

FCS1706-119.jpg

FCS1706-122.jpg

FCS1706-125.jpg

FCS1706-124.jpg

■60 STRAT NOS 3TS SASS MASTERBUILT BY Greg Fessler

FCS1706-100.jpg

ボディ材に"ササフラス"(Sassafras)という木材を使用したグレッグ・フェスラー作のストラトキャスター。一説によるとササフラスはレオ・フェンダーがブロードキャスターを製作する際に候補として挙げていたといわれる木材だ。木目や音質等、様々な面でアッシュによく似た木材と言われている。このギターに使われているササフラスは光の加減や見る角度でフレイムが浮き出て見える。 各部の仕様は60年タイプのストラトキャスターをベースとして、ネックグリップはロー・ポジションがやや太めのラージCシェイプ、フィンガーボードはローズウッド材を使用したスラブボード仕様となっている。ピックアップはハンドワウンドのFAT 60sを採用している。

FCS1706-106.jpg

FCS1706-107.jpg

FCS1706-108.jpg

FCS1706-109.jpg

■61 STRAT C.C. 3TS MASTERBUILT BY Dennis Galuszka

FCS1706-102.jpg

ストラトキャスターの61年の仕様を基にしたデニス・ガルスカ製作の一本。一見ヴィンテージ・スペックを採用。60年代初期の薄めのネックグリップを再現している。そして、FAT 50sピックアップを採用している。そんな外見こそヴィンテージ・スペックだが、フィンガーボードはコンパウンド・ラディアス加工。そして、やや大きい出力のファットなサウンドのFAT 50sを使用しつつも独自の配線を施す事で、ブライトなサウンドを楽しめる。

独自の配線とは、本来はセンタートーンであるノブがブレンダーとなっている点だ。これは トグルの5wayの「センター+リア」位置で、リアPUをメインとして、ブレンダーを廻すにつれてフロントPUのサウンドがブレンドされる。 トグルの5wayの「フロント」位置で、フロントPUをメインとして、ブレンダーを廻すにつれてリアPUのサウンドがブレンドされる。 というものだ。これにより3つのピックアップによるストラト本来のサウンドとこのギター特有のブライトな独特のサウンドを1本のギターで楽しめる。

FCS1706-110.jpg

FCS1706-112.jpg

FCS1706-113.jpg

■57 STRAT C.C. LANDAU VBL MASTERBUILT BY Jason Smith

FCS1706-101.jpg

ジェイソン・スミスによる2ハムバッカー仕様のマイケル・ランドゥー・モデル。ピックアップにローラーのインペリアル・ピックアップを搭載している。これは出力が控えめなヴィンテージ風のサウンド、エフェクトの音ノリも良いピックアップだ。ボディ材はアッシュで、薄らと木目が浮き出て見えるブロンド塗装。ネックはメイプルネック、ネック裏は5~12フレット付近が未塗装となっており、グリップはランドゥー'68 Cネックシェイプという独特の肉厚と丸みを持つ。指板のアールはこれまでのランドウー・モデルと同様の7.25Rにミディアムジャンボ・フレットを装着。

FCS1706-114.jpg

FCS1706-118.jpg

FCS1706-116.jpg

FCS1706-115.jpg

■52 TELE RELIC NBL MASTERBUILT BY Dennis Galuszka

FCS1706-139.jpg

デニス・ガルスカによる52年テレキャスター。一見、ブラックガード期の忠実なレプリカに見えるが、実は22フレット仕様。プレミアム・アッシュのボディにクォーターソウンのメイプル・ネック。ブラックガード期の仕様としてシリアルNoはネックプレート上でなく、ブリッジプレート上に入っている。デニス・ガルスカがしばしば好んで入れると言われているスリキズのようなレリック加工もこのギターの特徴だ。

FCS1706-140.jpg

FCS1706-143.jpg

FCS1706-142.jpgFCS1706-141.jpg

FCS1706-138.jpg

■LTD HLE P-BASS CC - HLE GOLD LTD HLE P-BASS CC - HLE GOLD  

FCS1706-104.jpg

NAMM2017ではカスタムショップ30thアニバーサリー・モデルとしてHLEゴールドのストラト、テレキャスター、そしてプレシジョン・ベース。その中の1本がプレシジョン・ベースだ。これまでにもストラトキャスターを中心にHLEゴールドのモデルが生産されているが、このカラーは1920年生まれのアメリカのコメディアン/ミュージシャンのHenry C."Homer"Haynesのためにレオ・フェンダーが用意した#001が元となっている。今回はHLEゴールドにクラックの塗装を施し、アノダイズド・ピックガード、ゴールドのパーツ類を採用。そして、ゴールドのネックプレートにはLIMITED EDITIONの文字とカスタムショップ・ロゴが刻印されている。ネックはAAAの見事なフレイム・メイプル材で作られ、ヘッド裏には30thロゴが入れられている。

FCS1706-133.jpg

FCS1706-134.jpg

FCS1706-135.jpg

FCS1706-136.jpg

FCS1706-137.jpg



Player

2019年5月号

定価890円(本体824円)A4判

2019年4月2日(火)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

角松敏生

保存版『東京少年少女』読本

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!