ニュース

フェンダー「Special Talk Session with Chris Fleming」レポート!

 今年、誕生から35周年の節目を迎えた日本製フェンダーが、新たに本国USAの指導のもと「MADE IN JAPAN TRADITIONAL」シリーズとして生まれ変わった。
 今回、同シリーズの誕生に深く関わったフェンダー・カスタムショップのシニア・マスタービルダー、クリス・フレミングが来日。去る10月20日(金)に、お茶の水のギタープラネットエレキ本館にてトークセッションを行なった。

IMG_1851.jpg

▲クリス・フレミング

 トークセッションでは、MADE IN JAPAN TRADITIONALシリーズ企画のスタートや開発に関する話、ヴィンテージのフィールを再現するために仕様や工程を変更した箇所など、クリスが日本のフェンダーミュージックのスタッフと共に、インタビュー形式で解説。

 MADE IN JAPAN TRADITIONALでは本国USAの製造工程を取り入れ、ネック内部のトラスロッドの設置方法やフレット、最終的なセットアップについてなど、目に見えない部分を改善。より演奏性や機能性を高めることに注力したそうだ。また、ボディの細かな形状や、ヘッドのデカール貼付けを水張りに変更したことなど、よりヴィンテージのディティールを再現しているのも特徴で、これらの改良点について丁寧かつ具体的に説明してくれた。

IMG_1862.jpg

 さらに、話はFENDERの歴史的な部分にまで及び、マスタービルダーだからこそ知る秘話やレオ・フェンダーのことなど、貴重な話を聞くことができた。

IMG_1831.jpg

 また、当日はデモンストレーターとして、様々なアーティストのサポート及びレコーディング、自身のバンドである"THE ANREG"など幅広く活躍する四ツ田侑樹が来場し、デモ演奏を披露。クリスの解説を聞きながら、実際のサウンドを確かめることができた。

IMG_1853.jpg

▲四ツ田侑樹

 後半の質疑応答のコーナーでは、来場者からの突っ込んだ質問にも真摯に答える姿も印象的だった。

 普段、なかなかマスタービルダーの話を直接聞くことができる機会はないだけに、大変貴重で有意義な時間を過ごすことができた。

IMG_1863.jpg

▲クリス・フレミングと今回トーク・イベントを行なったギタープラネットエレキ本館のスタッフ(吉岡副店長/写真右、松本氏/写真左)

ギタープラネット https://www.guitarplanet.co.jp/

IMG_1860.jpg

 MADE IN JAPAN TRADITIONALシリーズのラインナップや、その他スペック等の詳細についてはFENDERの公式ホームページ(http://www.fender.co.jp/)まで。

Player

2017年12月号

定価760円(本体704円)A4判

2017年11月2日(木)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

SUGIZO × ToshI

楽器誌だからできる対談スペシャル!SUGIZO × ToshIをはじめ、6つの対談をフィーチャー。

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!