ニュース

GIBSONより「GIBSON CUSTOM Tak Matsumoto Les Paul Standard Canary Yellow 2018」が発売

 4月1日(日)から始まるB’zの30年間を辿る初の大型エキシビション「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」の開催を記念して、ギブソンから松本孝弘の最新シグネチャー・モデル、GIBSON CUSTOM Tak Matsumoto Les Paul Standard Canary Yellow 2018が限定発売される。

Tak Canary photo lowres.jpg GIBSON CUSTOM Tak Matsumoto Les Paulは、ギブソンによる世界で5人目、アジアでは初のシグネチャー・アーティストとなった松本孝弘の初号モデルとして1999年にリリースされた。そのルックスをそのままに、トーン、プレイアビリティを一新したTak Matsumoto Les Paul Standard (2018 Limited Release)が発売となる。


 ネックには、デジタル・スキャナーでデータ化した本人所有の1959年製レスポールの形状を採用。ボディバックのマホガニーはチェンバード構造(切削により空洞部分を設ける)にすることで軽量化を図っている。これらヴィンテージとコンテンポラリーのハイブリッドにより、プレイアビリティとコンフォータビリティを向上。トーンについては、最新スペックであるチューブレスのヒストリック・トラスロッド、カスタムバッカー・ピックアップ、ハイドグルー(にかわ)による木部接着により、鳴り、レスポンス、サスティーンともに向上している。


【松本孝弘氏コメント】
「約20年の時を経てキャナリーイエローが再び登場です。
"LIVE DINOSAUR" Tourではプロトタイプを使いましたが、ホローボディで軽量化し、ネックもタイトになりました。ヘヴィなサウンドからクリーントーンまで多種多様なプレイスタイルに対応出来るでしょう。
僕のシグネチャーモデル第1号機がB'zの30周年、Exhibition開催を記念してリイシューされることを僕自身も大変嬉しく思います。」

【製品概要】
製品名:「Gibson Custom Tak Matsumoto Les Paul Standard Canary Yellow 2018」
メーカー希望小売価格: 678,000円(税別)
生産上限数: 150  
予定発売時期:2018年6月


【スペック】
ボディ:メイプル・トップ/マホガニー・バック(チェンバード)
ネック:マホガニー Tak Matsumoto 1959 Les Paul プロファイル
指板:インディアン・ローズウッド
フレット:22
ピックアップ:カスタムバッカー×2
コントロール:ボリューム×2、トーン×2、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
フィニッシュ:キャナリーイエロー・トップ、ブラウン・バック
付属品:専用ハードケース、直筆サイン入り認定書


「B'z 30th Year Exhibition "SCENES" 1988-2018」
https://bz-vermillion.com/exhibition/
会期:
前期(1988-2002) / 2018年4月1日(日)~5月6日(日)
後期(2003-2018) / 2018年5月11日(金)~6月15日(金)
開館時間:平日11:00-21:00/土・祝日中日10:00-21:00/日・祝日10:00-20:00
休館日:5月7日(月)~ 5月10日(木)※ただし、グッズ販売・シアターは営業
会場:有楽町インフォス1F

Player

2018年8月号

定価890円(本体824円)A4判

2018年7月2日(月)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

ERIC CLAPTON

至高のエリック・クラプトン / 話題の映画『エリック・クラプトン〜12小節の人生〜』最速特集

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!