ニュース

 2018年5月12日・13日の二日間に渡って、大阪ATCホールにて開催された国内最大規模の楽器イベント「サウンドメッセ2018」レポートのパート3をお届けしよう。

MARSHALL_IMG_7145.jpg■MARSHALL DSL Series:自宅練習からライブまで、伝統的なチューブアンプ・サウンドを楽しめるマーシャルDSLシリーズが生まれ変わった。クリーンからディストーションまでをクリエイトするクラシックゲイン/ウルトラゲインの2チャンネル仕様、小音量でも十分な歪みサウンドを生み出し練習やレコーディングに最適なパワーリダクション機能とエミュレート回路付きヘッドフォン出力など、手軽に本格的アンプ・サウンドが得られる機能を備えている。この他、リバーブやエフェクトループ、トーンシフトも装備。左からDSL1C、DSL5C、DSL20C、DSL20Hと出力のバリエーションやコンボ/ヘッドのラインナップを揃えている。

LINE6_IMG_7144.jpg■Line 6 HX Effects:ライン6のフラッグシップモデル、Helixに搭載されている全てのエフェクトに加えて、人気の高いMシリーズやストンプボックス・モデラーも追加したモデル。豊富なエフェクトに加えて、シンプルなコントロール・レイアウトながら、エフェクトの切り替えや設定、エディットなどでの優れた操作性で、ライブからレコーディングまで幅広く対応する高性能エフェクトだ。

BOSS_3_IMG_7134.jpgBOSS_2_IMG_7135.jpg

■BOSS Compact Series:ずらりと展示されたボス・コンパクト。これらは国内の有名ミュージシャンが実際に使用しているペダルにサインを入れたものを集めて展示した特別コーナー。若手からベテランまで様々なギタリスト/ベーシストに愛用されていることが改めて分かる。また、各ミュージシャンのペダルのチョイスも興味深いところ。

BLACKSTAR_IMG_7022.jpg■BLACKSTAR LT-ECHO 15/ID:CORE10 V2:イギリスのアンプ・ブランド、ブラックスターのニュー・モデル。写真左は練習用に最適な15W出力アンプ。クリーン/オーバードライブの2ch仕様、一つのノブを回すだけでサウンド・キャラクターを変化させるISFコントロール、テープエコーを再現したデジタル・エフェクト、その他、外部音源とのセッションやレコーディングなどに対応する端子類などを装備。写真右はコンパクトサイズながら多彩なサウンドと、2×5Wのワイドなステレオ・サウンドを生み出すアンプの最新バージョン。クリーンウォーム、クリーンブライト、クランチ、スーパークランチ、OD1、OD2の6つのチャンネルとISFコントロール、12のエフェクトで幅広いサウンドを生み出す。USB端子を装備しレコーディングでも活躍する。

PROVISION_IMG_7115.jpg■PROVISION GUITAR PBEG Prototype:山口県宇部市のカスタムギター工房で、根岸孝旨、山崎まさよし、EBIといったプロ・ミュージシャンの愛用者も多いプロヴィジョン・ギター。写真のギターもプロからのリクエストを元に、ヴォーカリストや女性向けに仕上げたギターのプロトタイプ。シルバートーンの"アンプ・イン・ケース"ギターを彷彿とさせるこのモデルは、2ピースのアルダー・ボディはセミホロウ構造で軽量化を実現。ネックは3ピース・メイプルのローズウッド指板、クセのないUシェイプのUグリップを採用。ピックアップはオリジナルのP-90タイプで、チューナーとブリッジはゴトー製。

WATANABE_IMG_7319.jpg■MARTIN Customshop Models:ワタナベ楽器店のブースに並んだマーティン・カスタムショップモデルのユーズド品を中心に展示されていた。同店ではマーティンのカスタムオーダーに力を入れており、そのラインナップには全国のマーティン・ファンの注目を集めている。アディロンダック・スプルース&グアテマラン・ローズウッド・ボディのCTM 000-45(写真上段左)、エリック・クラプトンがアンプラグドで使用した1939年製モデルを再現した000-42 Authentic 1939(写真上段中央)、45グレードのアディロンダック・スプルースとプレミアム・グレードのマダガスカル・ローズウッド・ボディのD-41"Torch Custom"(写真上段右)。最高級のアルパイン・スプルース&インディアン・ローズウッド・ボディのOM-42 Custom SQ(写真下段右から2本目)、アディロンダック・スプルース&マダガスカル・ローズウッド・ボディのCTM OM-42(写真下段右から2本目)。

MORISS_IMG_7277.jpg■MORISS Luthier Made Premium Models:熟練のルシアーが全行程に携わって製作したモーリスのオーダーメイド・ラインであるルシアー・メイド・プレミアムの最新モデル。写真左からジャーマン・スプルース&マダガスカル・ローズウッド・ボディにハカランダ指板を採用したグランド・オーディトリアム・モデルのSC-171 Bevel。中央がイングルマン・スプルース&インディアン・ローズウッドによる薄めのグランド・オーディトリアム・ボディのSC-131BP。右がイングルマン・スプルース&インディアン・ローズウッドによるオリジナル・ドレッドノート・シェイプのMG-130PWH。

WIZARD-LEATHER_IMG_7114.jpg■WIZARD LEATHER Straps:元プロ・ミュージシャンの山田ミチローが埼玉県所沢市に工房を構えるウィザード・レザー。プロ・ミュージシャンの経験から得たアイディアを元にしたストラップ、ピックガード、スティック・ケースから、ウォレットやコインケース、ベルトなども製作している。皮革素材には主に栃木レザーなどの高級皮革のタンニンなめしを施したものを使用。使うごとに味わいや深みが増すのが魅力である。写真中央に並んでいるのが最新作のストラップ。カービング加工や金属パーツを使用したロック・テイスト溢れるストラップに仕上がっている。

<<Part.2へ Part.1へ>>

Player

2019年8月号

定価1,620円(本体1,500円)A4判

2019年7月2日(火)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

THE ALFEE

インタビュー&最新ギターレポでがっつり45頁超え!

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!