ニュース

ボス、ペダルボード組み込みのためにデザインされた高機能ワイヤレス「BOSS WL-50」発表

 ボスより、手軽にペダルボードへ組み込むことができ、自由に楽器演奏を楽しめるワイヤレス・システムの新製品、WL-50がリリースされる。
 2018年7月14日(土)より発売。

WL-50_F_1.jpg▲WL-50 価格=オープンプライス

 BOSS独自のワイヤレス・テクノロジーにより、音の遅れや音質劣化の心配なく、超高品質で安定した信号伝送を実現。レシーバーはペダルボードにセッティングしやすいコンパクト・ペダル・サイズを採用しており、充電用のドッキング・ポートにトランスミッターをスマートに収納できる。さらに、ボード内の他のペダルに電源を供給できるDCアウト端子を搭載。また、自動で最適なワイヤレス接続を確立してくれるため、面倒な接続設定も一切不要。ライブや友人とのセッション、自宅での演奏時など様々な場面で、素早いセッティングと自由に動き回れるストレス・フリーな演奏環境を実現する。ライブでのサウンド・チェック時には、客席から自分のサウンドを確認できる他、本番中も自由に動き回ることができ、今まで以上にダイナミックなライブ・パフォーマンスが可能となる。

●BOSSの完全ワイヤレス・ギター・アンプKATANA-AIRで開発された、独自の高性能ワイヤレス・テクノロジーを搭載しており、ダイナミック・レンジの広い高音質を実現。2.4GHz帯で動作し、最適なチャンネルを自動設定。音の途切れがない安定した通信を行う。また、2.3msという超低レイテンシーの通信により、違和感のない弾き心地が得られる。同じ場所で最大14台のBOSSワイヤレス・システムを同時使用でき、ワイヤレスを導入した複数のミュージシャンが同時に演奏する場合でも安心。※使用環境により、同時使用できるワイヤレス・システムの台数が減る場合もあり

●BOSSコンパクト・ペダルとほぼ同じサイズで、電源に関しても他のペダルと同じように駆動できるため、ペダルを1台追加する感覚で手軽にペダルボードへ組み込むことができる。WL-50のレシーバーをエフェクト・チェーンの最前段にセットし、アウトプットを最初のペダルのインプットへ接続するだけで、簡単にワイヤレスを組み込んだペダルボード・システムが完成。レシーバーには標準サイズのインプット・ジャックも装備されており、急に有線接続が必要になった場合も即座に対応が可能。

●トランスミッターの充電とワイヤレスの自動接続設定が可能なドッキング・ポートを搭載。

●ペダルボードにセットしてトランスミッターを充電すれば、ギター・ケーブル同様シンプルかつ、簡単に使用できる。トランスミッターをレシーバーに約10秒間ドッキングして、ギター/ベースに接続するだけで最適なワイヤレス接続が自動的に設定されるため、複雑な操作は一切不要。

●一般的なパッシブ・タイプのピックアップを搭載したギターやベースを演奏する際には、ギター・ケーブルの長さにより音質に微妙な変化が現れるが、WL-50にはその自然な音質変化を再現するケーブル・トーン・シミュレーションが2種類搭載されている。プリアンプ内蔵のエレクトリック・アコースティック・ギターやアクティブ・ピックアップ搭載のエレクトリック・ギターを使用する際は、この効果をOFFにすることも可能だ。

●別売アダプター(PSA-100S) 使用時には、WL-50のレシーバーをパワー・ディストリビューターとして機能させることも可能。別売のパラレルDCコード(PCS-20A)を使用することで、複数のBOSSコンパクト・ペダルへ同時に電源を供給することができる。

●ストリート・ライブ等、電源確保が難しい環境では、ペダルを電池駆動させるのが一般的だが、WL-50のレシーバーも同様に電池駆動が可能となる。2本の単三電池で最大10時間稼働することができるため、あらゆる環境でのワイヤレス演奏を実現。電池駆動の間は、レシーバーからのトランスミッター充電はできないが、多くのスマートフォンやタブレットで使用されているものと同じタイプのUSBアダプター(5V / 500 mA 以上)を使用して、直接充電することはできる。

wl-50_board_l_image5.jpg

※トランスミッターWL-T(価格=オープンプライス)はスペア用として単品でも販売。

Player

2018年8月号

定価890円(本体824円)A4判

2018年7月2日(月)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

ERIC CLAPTON

至高のエリック・クラプトン / 話題の映画『エリック・クラプトン〜12小節の人生〜』最速特集

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!