ニュース

ヤマハの企業ミュージアム『イノベーションロード』がオープン!

 静岡県浜松市のヤマハ本社内に誕生した新たな開発拠点『イノベーションセンター』。その1階に併設された企業ミュージアム『イノベーションロード』がオープンを果たした。

 イノベーションロードは同社の130年に及ぶ製品開発の歴史、その中で培われた高い技術力、そこから未来へ向かって歩み続ける挑戦の"道のり"をシンボライズした企業ミュージアムだ。「見て」「聞いて」「触れて」、実際に体感しながら、ヤマハの"想い"を肌で感じることができる。

 今回、オープンしたばかりのイノベーションロードの模様をレポート!

180607_0049.JPG入ってすぐ、ヤマハならではの新しいコンセプトを提案する「コンセプトステージ」がお出迎え。

180607_0051.JPG「ものづくりウォーク」では、実際に楽器の分解構造を示しながら、ヤマハのものづくりへのこだわりを展示している。なかなか見られない楽器の内部構造や各パーツの説明など、とても興味深い内容。

180607_0057.JPGギターや管楽器の分解構造も展示されている。使用されている木材の解説や、金属加工技術を説明。

180607_0050.JPG「楽器展示エリア」にはピアノやギター、管楽器に至るまで、総合楽器メーカーらしい幅広い種類の楽器が勢揃いしている。特に、グランドピアノがずらりと並んでいる様子は圧巻だ。

IMG_1909.JPG
IMG_1911.JPGアコースティックギターはもちろん、エレキギターやベースの現行モデルを展示。これらは試奏することもできる。

180607_0056.JPGFGの最初期モデルなど、貴重なヴィンテージ・ギターも展示されている。

180607_0060.JPG世界に誇るヤマハのマーチング楽器。

IMG_1889.JPGヤマハのこれまでの挑戦やイノベーションの歴史を、技術や素材のつながりという視点から絵巻物風に紹介した「イノベーションロードマップ」。文字とイラストでわかりやすく表現している。

180607_0068.JPG創業当時のオルガンや最初のピアノから、現行製品に至るまでの歴代の革新的モデルなど、200点を超えるアイテムを壁面やフロアに一堂に展示した「ヒストリーウォーク」。実際の製品と共に、これまでの進化の歩みを辿ることができる。

180607_0078.JPG技術革新への挑戦や製品開発ストーリー、未来への取り組みを紹介する「イノベーション・ラボ」。最新技術を体感できる。

180607_0079.JPG
180607_0085.JPG「音響展示エリア」では、同社製のミキサーやスピーカーなど、音響関連機器を展示している。楽器のみならず、音楽事業全般をフォローするヤマハの多様性が感じられる。

180607_0088.JPGバーチャル映像と連動した楽器の自動演奏による「バーチャルステージ」。生のライブ会場さながらの演奏が楽しめる。

 この他、ヤマハが世界に誇る立体音響技術ViReal(バイリアル)による圧倒的な音の臨場感を味わえる「スーパーサラウンドシアター」、タッチパネル式のディスプレイに映し出された膨大なデータの中から直感的に気になる製品を探すことができる「デジタルライブラリー」など、体感型の展示が盛りだくさん。

 ヤマハの130年の歴史と総合楽器メーカーたる圧巻のラインナップ、楽器という枠だけにとらわれない幅広い取り組み、そして未来へ向けた革新的な挑戦など、ヤマハの「過去」「今」「未来」が一堂に会した企業ミュージアム『イノベーションロード』。見学は無料で、完全予約制となる。

 楽器・音楽が好きな人やヤマハ製品の愛用者はもちろん、日本のものづくりに興味がある人も必見だ。

<イノベーションロード>

予約電話番号:053-460-2010

所在地:静岡県浜松市中区中沢町101号 ヤマハ株式会社本社事業所21号館内

開館時間:9:3017:00(受付は16:00まで)

休館日:日・月・祝日(年末年始・夏季・GWなどの当社休業日、メンテナンス実施日等)

駐車場:乗用車28台・大型バス3

 その他の詳細はホームページ(https://www.yamaha.com/ja/about/innovation/)をチェック!

 

 

 また今回、イノベーションロードの取材に際して、掛川市にあるヤマハピアノのふるさと「ヤマハ掛川工場」も見学させてもらった。こちらも簡単にレポート!

IMG_1913.JPGまずはピアノの構造について、断面を見せながらわかりやすく説明してくれた。

IMG_1916.JPG230本もの弦を、1本ずつ張っていく作業。

IMG_1918.JPG鍵盤とアクション部分の動きを調整する整調作業の様子。この整調作業や、音を整える調律作業は何度も行われる。

 繰り返し細かな調整やチェックを行いつつ、とても丁寧に作られていく様子から、世界に誇るヤマハのグランドピアノの真髄を見たような気がした。

 ひとつひとつの工程についてわかりやすい説明があり、ピアノの構造に詳しくない人でも楽しみつつ学べるもの魅力。掛川工場も予約をすれば入場無料で見学可能。興味がある人は、こちらも併せて是非!

<ヤマハ掛川工場>

所在地:静岡県掛川市領家1480

予約申し込み:ヤマハ株式会社 掛川工場ハーモニープラザ TEL0537-24-8069

受付時間:平日9:30-12:0013:00-17:00(年末年始、GW、夏季休暇等を除く)

 その他の詳細は下記をチェック。

 https://www.yamaha.com/ja/about/locations/piano_factory_tour/

Player

2018年12月号

定価890円(本体824円)A4判

2018年11月2日(金)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

JIMI HENDRIX

ジミヘン解体新書〜歴史的名盤『エレクトリック・レディランド』50周年

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!