ニュース

フェンダーがジミー・ペイジのシグネチャー・モデル製作中。2019NAMMでお披露目

フェンダーからジミー・ペイジのシグネチャー・モデル製作中とアナウンス フェンダーからジミー・ペイジのシグネチャー・モデル製作中とのニュースが届いた。

jp_fender-101.jpg

このモデルはLED ZEPPELINの結成50周年(1968年10月)を記念して、ジミー・ペイジが愛用した1959年製のテレキャスターを「ミラー 」と「ドラゴン 」として再現しており、製品は2019年1月に開催される THE NAMM SHOW 2019にて 正式に披露される予定だ。開発されているのは4つのモデルで、2モデルはフェンダーのレギュラーラインから、残りの2モデルはカスタムショップから「LIMITED EDITION JIMMY PAGE TELECASTER SET」としてリリースされる。

この「ミラー」と「ドラゴン」は1959年製の同じ個体でヤードバーズ在籍時やアルバム『LED ZEPPELIN I』で使われた、元々はジェフ・ベックから譲り受けたものだ。「ミラー」とは1967年2月にギター8枚の丸いミラーを貼り付けていた頃の姿の状態。同年の中盤には、「ドラゴン」のペイントが施され、『LED ZEPPELIN I』のレコーディングや69年のツアーなどで使われ、当時のメインギターとなった(※)。

カスタムショップから発売されるのはポール・ウォーラーが製作するマスタービルトモデルで、それぞれ50本の限定生産、ヘッドストック裏のサインやハンドペイントによるドラゴンのアートワークのディティールはジミー・ペイジ本人が手がけた仕上げになっている、とのこと。 このギターの製作には8ヶ月もの間にジミーが何回もカスタムショップを訪れ、ポールと密にコミュニケーションして、細部まで再現。ジミー・ペイジからも110%の完成度と言わしめるものとなっている。

jp_fender-102.jpg

レギュラーラインからのモデルも、よりお求めやすい価格帯でアーティストが直々に施したサインとペイントではないもののオリジナルに限りなく近づけられてたモデルとなる。

今回、フェンダーからジミー・ペイジが出演しているティーザー動画がアップされている。

※このドラゴンを使っているジミー・ペイジの写真およびギターの解説は小社刊の『WHOSE GEAR? ARCHIVE VOL.1』(P.46-)にも掲載されている。

Player

2019年9月号

定価1,620円(本体1,500円)A4判

2019年8月2日(金)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

J × Duff McKagan

日米ロック・ベーシストの2大巨頭を徹底追究

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!