ニュース

サウンドメッセ2019 in OSAKAレポート

5月11日(土)と12日(日)の2日間大阪南港エリアのATCホール『Sound Messe 2019in OSAKA』が開催された。

soundmesse2019-900-158.jpgsoundmesse2019-900-2.jpgsoundmesse2019-900-8.jpgsoundmesse2019-900-161.jpg

以前はハンドメイドのアコースティック・ギターが特色が特色の大阪のショーとして認知されていたが、年々規模が拡大し、現在では関西発の日本のギターショーとして楽器ファンや関係者に注目される存在となっている。事実、出展者は日本では北海道から鹿児島まで、世界的にもアジアとオセアニアからの出展もある。また、このショーの"特質"に合わせ、内容をチョイスして出展しているメーカーも多い。その特質とは、他のギターショーよりも来場者が積極的に楽器に触れ、ブース担当者とトークすることだろう。その例としてアイバニーズでは発売前のアコースティック・ギター、ボスでも発売前のWAZA Tube Expanderを展示し、それを見つけた来場者が列を作って試奏している。また、都内などから参加する楽器店も昨年の傾向を参考に、ショー向けに厳選した在庫やお買い得品に敏感なファン向けの特価品などを車に積み込んで出店する。どちらもこのショーが持つ本音重視な独特の雰囲気を捉えた現象といえるだろう。

soundmesse2019-900-3.jpgsoundmesse2019-900-20.jpg

soundmesse2019-900-7.jpg

soundmesse2019-900-54.jpg
 この数年で、大手楽器ブランドの出展が増加したため場内ではややマイルドになった感があるアコースティック・ギターだが、出展されている製品の質の高さやこのショーでなければ見られないルシアーなども多数参加しており、アコギのファンにも納得のショーである点は変わらない。

soundmesse2019-900-76.jpg

soundmesse2019-900-89.jpgsoundmesse2019-900-99.jpgsoundmesse2019-900-95.jpgsoundmesse2019-900-92.jpgsoundmesse2019-900-83.jpg


 今回も注目されたのは、日本で活躍する日本製ギターの集合体GEN(Gakki Engine of Nippon)の動きだ。GENはその中心メンバーともいえるFreedom Custom Guitar ResearchやSugiなどが積極的に製品を展示し、作品はショーで売約済みとなっていた。他にK'sギターワークスやフォースパイラルズなどカスタムオーダーが中心で店頭には並びにくい新進気鋭のブランドの実機も多数展示され、来場者とビルダーが熱く語り合っていた。ブースに隣接したGENステージでは有名ビルダーによるトークショーを開催。マニアックな来場者が熱心に参加していた。日本の音楽市場で有名ミュージシャンがGEN参加ブランドの楽器を使っているケースも増えており、そう遠くない未来に日本製ギターが日本の音楽市場のメインストリームを作る可能性を感じる。また、GENのイベントとして中部関西でギタークラフトスクールに通う学生が作ったギターを来場者が投票し、各賞を決めるイベント「ギタークラフト甲子園」も開催された。soundmesse2019-900-48.jpgsoundmesse2019-900-145.jpgsoundmesse2019-900-163.jpgsoundmesse2019-900-127.jpgsoundmesse2019-900-142.jpg

 このショーの開催前にはショーへの様々な意見が飛び出していることは楽器業界人である私も聞いている。しかし、サウンドメッセ主催者はそれらの意見や要望を毎回出来る限り受け入れてきた。ショーが掲げる"弾けまっせ・買えまっせ・サウンドメッセ"というコピーには一切嘘がない素晴らしいショーとして発展している。来年はいよいよ第10回となるが、さらなる発展に期待できそうだ。

Player

2019年8月号

定価1,620円(本体1,500円)A4判

2019年7月2日(火)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

THE ALFEE

インタビュー&最新ギターレポでがっつり45頁超え!

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!