ニュース

ボスから多彩なサウンドと表現力を実現したディレイ・ペダルの新製品「BOSS DD-8 Digital Delay」登場

 ボスから、同社のコンパクト・ディレイ・ペダル史上最もワイドレンジで多機能なディレイ・ペダル、DD-8 Digital Delayが登場した。

dd-8_F.jpg

▲DD-8 Digital Delay 価格=オープンプライス(市場想定売価:17,500円/税別)

 多彩なサウンド、柔軟なディレイ・タイム、豊富なコントロール・オプションと接続端子など、あらゆる面で優れたスペックを誇る多機能なディレイ・ペダル。モノ/ステレオの入出力に対応し、様々な接続が可能である。11種類のディレイ・モードは、幅広い音楽ジャンルに馴染むベーシックなサウンドからプレイヤーの想像を掻き立てる個性的なサウンドまで、多彩な音色を搭載。さらに、オーバーダブと外部コントローラーに対応したルーパーも備えている。

 

充実したディレイ・モード

 本機は多彩なディレイ・モードを搭載し、コンパクトな筐体ながら高品位かつ圧倒的なサウンド・バリエーションを誇る。クリーンなデジタル・ディレイのSTANDARD、温かみのあるヴィンテージ・サウンドのANALOGとTAPEECHO、ゆらぎのあるディレイ・サウンドのMODULATION、幻想的なアンビエント・サウンドのWARP、独創的なSHIMMERやREVERSEなども搭載。また、ディレイ・サウンドにリバーブをブレンドした+REVERBや、マイルドでありながらも存在感のあるサウンドのWARM、リズミカルなディレイが得られるGLTなど、新開発のモードも搭載している。

ステレオ接続により広がりのある空間を演出

 完全ステレオ対応の入出力に加えて、3つのステレオ・アウトプット・モード(完全独立ステレオ/パンニング/ワイド・ステレオ)を装備し、求める音像にあったアウトプット・モードに設定することで、ディレイ・サウンドの空間への広がりをより一層演出できる。

パフォーマンスをサポートする充実のコントロール・オプション

 豊富なコントロール・オプションにより、リアルタイムにディレイを制御しながらパフォーマンスが可能。本体のペダル・スイッチでは、演奏中に足元でのディレイ・タイム変更が可能なタップ・テンポ機能や、WARPやGLTといった個性的なディレイ・サウンドのコントロールに対応。また、最大で2つの外部フットスイッチを増設でき、タップ・テンポ、ルーパーの制御、トリッキーなTWIST効果の付加など自由で創造的な演奏をサポートする。さらに、エクスプレッション・ペダルを使用することでE. LEVEL、FEEDBACK、TIMEのいずれか、もしくはその全てを連続的にコントロールすることもできる。

ルーパー機能

 ペダルボードにルーパーを組み込むことで、練習やライブでのサウンド・チェック、ソロ演奏時のバッキングの再生など様々な場面で活用できる。本体のペダル・スイッチですべてのルーパー機能を制御できることはもちろん、外部フットスイッチを接続すれば、ループ・トラックの停止やクリアをワン・アクションで行なえる。

出力設定をシンプルかつスマートに

 DD-8のディレイ・サウンドは、ケーブル接続の仕方によって出力方法を簡単に選択することができる。INPUT Bのみにケーブルを接続した場合、ディレイのサウンドとダイレクト音をOUTPUT A/Bから個別に出力。OUTPUT Aだけにケーブルを接続すればディレイのサウンドだけを出力でき、アンプなどのパラレル・エフェクト・ループでブレンドする際に最適。その他にも、INPUT AとOUTPUT Bを使用したモノ接続時は、通常の2倍のディレイ・タイムにすることも可能。

dd-8_R.jpg

https://www.boss.info/jp/

Player

2019年12月号

定価1,620円(本体1,500円)A4判

2019年11月1日(土)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

BARBEE BOYS

まさかの新作『PlanBee』完成

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!