製品レビュー

伝統のアンペグ・サウンドがプリアンプ/DIに

AMPEG SCR-DI

価格 36,500円 (税抜)

 ベーシストにとってはライブやレコーディングの際にプリアンプやDIを介してPAミキサーやパソコンに音を送ることが日常となっている。オーディオ的な観点からすると、プリアンプやDIは音を劇的に変えるものではなく、忠実に音をPAなどに送る、または音を補正する目的で使われるツールである。しかし、ベーシストたちの中にはプリアンプで積極的にサウンド・メイキングをする人たちが多い。今回紹介するAMPEGのSCR-DIは、ベースアンプの代表的ブランドが開発した多用途プリアンプ/DIだ。SCR-DIをONにするとPAにアンペグのアンプのサウンドを出力できるだけでなく、パワフルなオーバードライブまでかけることができる。そして、様々なシチュエーションで使うことができる多機能もある。今回はアンペグ・サウンドが出るプリアンプSCR-DIを紹介しよう。

scrdi

▲AMPEG SCR-DI 価格=36,500円(税抜)

■伝統のアンペグ・サウンドを再現

 アンペグは1960年代からアンプを作り続けるメーカーだ。中でも大型で高出力のベースアンプはロック系のベーシストのステージ用アンプとしてロック・コンサートを支えてきた。現在では、小型のコンボからアンペグの真骨頂と言えるSVT-Proのような高出力アンプヘッドまで非常に多くの機種がラインナップされている。日本でもライブハウスやリハスタの常設機材として定番のベースアンプとしても人気の機材であり、自身の機材として愛用するベーシストは多い。ただし、ベースの場合、PAミキサーやパソコンのインターフェイスにラインで直接入力することも多い。つまり、せっかくベーシスト本人がアンペグのアンプを使ったアンペグ・サウンドが好みでも、PAから客席に届く音やレコーディングされる音はラインのサウンドということもある。
 今回のSCR-DIはアンペグが自ら開発した正真正銘のアンペグ・サウンドを生み出すプリアンプ/DIである。エフェクター・ボードやギグバッグのポケットにも入るコンパクトな筐体にアンペグのサウンド・エッセンスを詰め込んでいるため、SDR-DIさえあればどこでもアンペグ・サウンドを生み出せる注目の製品だ。

■サウンド・メイクの鍵を握る豊富なトーン・コントロール

ampeg_scr-di-2

 パネル右上には5つのトーン・コントロール・ノブが並んでいる。これは右からボリューム、ベース、ミッド、トレブル、AUXレベルの5つのノブだ。
 トーン・コントロールは3バンドで

ベース(40Hzを最大14dB)
ミッド(500Hzを最大5dB)
トレブル(4kHzを最大16dB)

ブーストまたはカットすることができる。

 これらはサウンド・メイキング上、おいしい周波数帯を使いやすいレベルでブースト/カットできるポジションだ。
 これに加えて、アンペグのアンプの特徴とも言えるウルトラ・ローとウルトラ・ハイの2つのボタンを装備している。ウルトラ・ローをオンにするとプリセットで40Hzを1dBブースト、500Hzを10dBカットする。また、ウルトラ・ハイをオンにすると8kHzを5dBブーストすることができる。
 これらの豊富なコントロールはSVT-Proをはじめとするアンペグのアンプに採用されているので、それらのアンプを使っているベーシストには嬉しいコントロール機能だ。

■パンチのあるオーバードライブScrambler

 SCR-DIの特徴のひとつはパネルの左上のBass Scramblerだ。これはSVTシリーズのような音圧感を再現するオーバードライブ機能だ。
 単体のエフェクターとしてのオーバードライブと同様にドライブとブレンドの2つのノブを装備しており、最大に歪ませればプリアンプをはるかに越える歪みを生むが、音圧感を求め軽くドライブさせるような使い方をすることもできる。

ampeg_scr-di-4

 このスクランブラーは単独で使えるため、「スルー音」、「プリアンプ音」、「プリアンプ+スクランブラー」、「スルー音+スクランブラー」という4つのサウンドを使い分けることもできる。

■AUX IN装備によりトレーニングツールとしても使用可能

 インプット/アウトプットはベース用のインプット、スルー・アウト、XLRライン・アウトと1/4バランス・アウトなどプリアンプ/DIとして求められるイン/アウトの他、AUXインプットとヘッドホン・アウトも装備している。つまり、ライブやレコーディングだけでなく、AUXインにデジタル・プレイヤーなどからの音源を入れ、ヘッドホンでトレーニングするといった用途もSCR-DIだけで対応できる。

ampeg_scr-di-3

ampeg_scr-di-5

 幅193mm×奥行き110mm、重さ約1.2kgというサイズのため、エフェクター・ボードやギグバッグのポケットにも入れることができる。あのアンペグ・サウンドをこのサイズ、重さで持ち運べるというのは画期的なことである。ライブやレコーディングでアンペグ・アンプを使ってきたベーシストはもとより、アンペグに憧れていたベーシストがアンペグ・サウンドを手軽に手中にできるプリアンプ/DIといえるだろう。

※本記事は2015年5月時点の情報です。

《SPEC》 AMPEG SCR-DI 価格=36,500円(税抜) ■Signal to Noise Ratio: 90 dB (20 Hz–20 kHz, unweighted) ■Maximum Gain @ 1 kHz: [Input] 24 dB; 45 dB, [Scrambler] in/max., [Aux] input 27 dB ■Tone Controls: [Bass] +14/–14 dB @40Hz, [Mid] +5/–11 dB @500Hz, [Treble] +16/–15 dB @4kHz ■Power Requirements: [Internal] 9 V Battery, [External] 9–12 VDC @ 100 mA ■Size (H x W x D): 56 x 193 x 110 mm ■Weight: 約1.2kg

製品情報

AMPEG SCR-DI

価格 36,500 円(税抜)

問い合わせ : (株)神田商会
http://www.kandashokai.co.jp/
製品専用ページ

もっと見る

Player

2019年8月号

定価1,620円(本体1,500円)A4判

2019年7月2日(火)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

THE ALFEE

インタビュー&最新ギターレポでがっつり45頁超え!

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!