製品レビュー

ヒストリー・アコースティックのハイエンド・モデル『HISTORY NT-C1』

HISTORY NT-C1

価格 450,000円 (税抜)

 国産ならではの丁寧な作りと、美しいサウンドと弾きやすさを実現する独自のスペックを採り入れたエレクトリック・ギター/ベース、そしてアコースティック・ギターまで多数のモデルをラインナップしている。ヒストリーのアコースティック・ギターは、厳選された木材の単板で作られたボディが生み出す豊かな鳴りが特徴である。さらに全てのモデルに正確な音程と音の立ち上がりの良さを生み出すサークル・フレッティング・システム(C.F.S.)をはじめ、ボディ・バックの形状や薄い塗装など随所に独自の仕様を盛り込んだオリジナリティの高さも特徴である。ラインナップはオーソドックスなDやOOOスタイルの他、オリジナル・シェイプのカッタウェイ・スタイルを持つCシリーズを揃えている。この度、アコースティック・ギターのCシリーズから新たなモデル「NT-C1」がリリースされた。

history_ntc1-1HISTORY NT-C1 価格=450,000円(税抜・ハードケース付)

■入手し得る厳選された木材を採用

 ヒストリーNTシリーズの中でも最高峰モデルに位置するNT-C1。ハイエンド・モデルにふさわしい極上の木材を使用している。まずボディ・トップ材にはシトカ・スプルースを採用。硬質で密度が高く、アコースティック・ギターでは定番の材であるが、NT-C1には非常に目の詰まった材を厳選している。ボディ・サイド/バック材には、ハカランダに近い特性を持ち、"ニュー・ハカランダ"の別名を持つホンジュラス・ローズウッドを採用。存在感のある木目と重厚感のある木材で、アタックの強いサウンドを生み出す。この他、ネック材にはホンジュラス・マホガニー、フィンガーボードとボディのバインディング材にハワイアン・コアを使用している。

history_ntc1-4

▲目の詰まった極上のシトカ・スプルースをトップ材に採用

history_ntc1-19

▲存在感のある木目のホンジュラス・ローズウッド。フィンガーボードとボディに施されたハワイアン・コア・バインディングがウッディな質感を演出する。

■オリジナリティを追求したボディ・シェイプ

 NT-C1のボディ・サイズは、幅がドレッドノートとほぼ同じ15-7/8″、厚さがドレッドノートとOOOの間の4-3/8″を採用。ウェストのくびれが深いシェイプは、特にフィンガーピッカーに人気の高いスモール・ジャンボに相応する。スモール・ジャンボはウェストがくびれているため、特に座って演奏する際にはドレッドーノートよりも抱えやすい点が特徴である。独自のカッタウェイ・シェイプはなだらかに仕上げられ、ハイ・ポジションでの弾きやすさと共に、デザイン面では優雅な印象を与える。
 また、ボディ・バックは"フレアード・バック"と名付けられたアーチ形状に仕上げられている。バイオリンやアーチトップ・ギターで採用されている仕上げだが、一般的なアコースティック・ギターでは加工面や材の容量など、手間やコストがかかるため、あまり採用されていない仕様である。このバック形状により、ボディ容積が増して奥行きのある響きを生み出すと共に、強度面でも優れているのが特徴である。

history_ntc1-8

▲深みのあるボディ鳴りを生み出すフレアード・バック。優雅で高級感のあるアーチ形状も魅力である。

■あらゆるプレイに対応するネック・グリップ

 ネックはNTシリーズでも採用されている"シームレス・VUネック・グリップ"で仕上げられている。コード・プレイで多用するロー・ポジションをVシェイプ、ハイ・ポジションに行くに従って滑らかにUシェイプへと変化し、ソロ・プレイをサポートする。ナット幅は43mm、全体的にやや薄めのグリップはあらゆるスタイルのギタリストの手に馴染みやすいだろう。

history_ntc1-9

▲幅広いプレイ・スタイルに対応するネック・グリップ。希少材であるホンジュラス・マホガニーを惜しげもなく使用している。

■高級感のある仕上がりと高い実用性

 ボディ・バインディングとサウンドホール・ロゼットには前述のハワイアン・コアに加えてアバロンを贅沢に使用。煌びやかで高級感のあるルックスに仕上げられている。また、プリアンプ搭載のハイランダーIP-1ピックアップを内蔵し、エレアコとしても使用可能。ギター本来の豊かな生鳴りをエレクトリックでも忠実に再現している。

history_ntc1-6

▲ハイエンド・モデルにふさわしい美しさを演出するサウンドホール・ロゼッタの装飾

history_ntc1-16

▲ハイランダー製ピックアップからのサウンドを出力するエンドピン・ジャック

■立ち上がりの良い豊かなサウンド

 厳選された材が生み出す豊かな鳴りに加えて、ヒストリーではおなじみのサークル・フレッティング・システムを採用。正確な音程と立ち上がりに優れた音を生み出す。明るく粒立ちの良いトーンに、奥行き感が加わった存在感のある鳴りが特徴。コード・ストロークではバランスが良く音圧のあるサウンド、フィンガー・プレイでは各音のニュアンスが際立ったサウンドと、あらゆるプレイ・スタイルに対応出来るギターに仕上がっている。他のブランドにはない独自の技術が生み出すサウンドと弾き心地は、ヒストリーでしか味わえない魅力である。

history_ntc1-2

※本記事は2015年7月時点の情報です。

製品情報

HISTORY NT-C1

価格 450,000 円(税抜)

問い合わせ:島村楽器株式会社 商品開発事業部
Tel.03-3613-4160
http://www.shimamura.co.jp/


※価格は記事掲載時点のものです。








nagoya_parco島村楽器 名古屋パルコ店 古川惠亮氏 :ジャパン・ハンドメイドならではの精巧で華麗な外観と、 最高級の木材から生み出される極上のサウンド。 セレクテッド・ウッドから繰り出されるダイナミックな低音と 鈴鳴りで抜けの良い高音は弾き手を魅了しいつまでも弾いていたい気分にさせてくれます。 一見 ソロ・プレイヤー向きかと思いきや、素直でレスポンスの良いサウンドは ジャンルに捉われないオールラウンド・プレイヤーに愛されるギターだと思います。 またPUシステムには多くのプロミュージシャンに選ばれているHIGHLANDER IP-1を搭載。ウッディな音色はそのままに太く艶やかなサウンド・クオリティを実現しています。 自然なアプローチで演奏の幅を広げられるHISTORY NT-C1は間違いなく 弾き手と一生涯を共に歳を重ねていけるギターでしょう。
<HISTORYアコースティックの最新在庫はこちらまで>

Player

2017年11月号

定価760円(本体704円)A4判

2017年10月2日(月)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

REBECCA

ロング・インタビュー&武道館レポート/プレイバック'85-'86-Maybe Tomorrow Story レベッカ・サウンドの現在・過去・未来に迫る総力特集!

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!