製品レビュー

トゥルー・ヒストリックを基にしたアーチストモデル。エース・フレーリー・1959レスポール

GIBSON CUSTOM Ace Frehley 1959 Les Paul Standard
ヴィンテージ・フィニッシュ・モデル

価格 1,199,000円 (税抜)

■トゥルー・ヒストリック以降初めてとなるアーチスト・モデル

 ギブソンカスタムでは、2015年よりヒストリック・コレクションをベースに、新たなヴィンテージ・リイシューとなるトゥルー・ヒストリックを完成させた。これはボディの形状やネックのフィーリングなど基本的な製造工程の変更をしなくては不可能であった事柄までを含むリニューアルで、リアルにヴィンテージ・ギターを再現した意欲的な製品として、大きな話題を呼んでいる。

 ギブソンカスタムでは、ヴィンテージのレプリカには、"トゥルー・ヒストリック"、"ヒストリック・セレクト"、"コレクターズ・チョイス"、そして"アーチスト・モデル"の4種類があり、今回紹介するのは、そのアーチスト・モデルの一本。KISSの初代ギタリストのエース・フレーリーが所有していた59年製のレスポール(シリアルナンバー:9-1878)を再現したエース・フレーリー・1959レスポール・スタンダードである。このギターは9-1878を3Dスキャナーなどで細部まで正確に採寸し、それをギブソンカスタムのエドウィン・ウィルソンの指示のもと、ギブソンカスタムのファクトリー・スタッフが再現した。その再現方法はトゥルー・ヒストリックと同様。つまりトゥルー・ヒストリックと同様の製造工程を経ながら、アーチスト・モデルとして9-1878を再現した特別なモデルだ。
 エイジド&サインド・モデル(価格=1,951,000円 / 税抜)が50本、ヴィンテージ・フィニッシュ・モデル(価格=1,199,000円 / 税抜)が250本生産される。『GAKKI ソムリエ』ではヴィンテージ・フィニッシュ・モデルを取材している。

ace-01

▲GIBSON CUSTOM Ace Frehley 1959 Les Paul Standard ヴィンテージ・フィニッシュ・モデル(価格=1,199,000円 / 税抜)

■エース所有ギターのトップ形状、色合い、木目のニュアンスを忠実に再現

 トゥルー・ヒストリックでは、ボディトップの形状について"ある有名なギター"を採寸したデータに基づいて製作されている。そのギターは具体的に明かされていないものの、ピックアップ部分の盛り上がりがやや少なく、ボディのエッジ部分の反り返り方が鋭いという特徴がが見られる。このエース・フレリー・1959レスポール・スタンダードでは、エッジ部分は一般のトゥルー・ヒストリックに近い形状だが、フロントPUからテイルピースにかけての盛り上がり方がややグラマーになっている。

ace-03

▲一般のトゥルー・ヒストリックとは、やや異なるボディ形状。ブリッジやテイルピース部分そしてPUにかけて盛り上がっている。

 今回は取材したギターの他にも楽器店に入荷した別の個体も確認したが、どちらのギターもトップのフレイム・メイプルは、ややワイドでフレイムの本数が多いことが特徴といえる。トップのカラーも赤が退色し、黄色が品良く残った様子を再現した"エース・フレーリー・サンバースト"という特別色で塗装されている。

ace-04

ワイドなフレイムが出たメイプル・トップ。また、赤の要素が抜けて濃い目の黄色となったトップ。これはこのギターのために用意された特別色だ。

 ボディバックにも特徴がある。エッジ部分の削り方が一般の59年モデルよりもエッジがやや多めで、エッジが特別な形になっている。また、バック材として使用されているマホガニーはエドウィンがこのギター用に選別した特別な木材が使用されている。写真のように木目が上質である点、柾目で使用している点に注目。このギターの色を再現するために専用に調合されたアニリンダイによる色合いも美しい。

ace-09

エッジ部分の削り方がやや大きめで、特別な形状になっている。

ace-10

ボディ材のマホガニーは、柾目の木取りである。これは、このオリジナルのギターを再現するためにエドウィンが選別している。

 ネックは59年モデルの中でも個体差が大きいところだが、エース・フレーリー・1959レスポール・スタンダードは、59年モデルの中ではややファットなフィーリングという印象がある。もちろん、ボディのトップとバック、ボディとネック、ネックとフィンガーボードの接着は59年当時と同様にハイドグルー(にかわ)を使っている。

ace-11

59年モデルの中では、やや太めの印象があるネックグリップ。また、エドウィンはボディ材とネック材はよく似た木目をマッチさせている。

■ロックなサウンドを生むピックアップやパーツのセレクト

 サウンドをオリジナルの個体に近づける手段として、エドウィン・ウィルソンは数あるPAFのレプリカPUの中から、再現の対象となる個体のサウンドに最も近くなるPUを選択している。エース・フレーリー・1959レスポール・スタンダードでは、フロントにアルニコ3のカスタムバッカー、リアにアルニコ5のバーストバッカーを採用。元気があるサウンドで、ロック向けのピックアップといえるだろう。

ace-05

フロントにアルニコ3のカスタムバッカー、リアにアルニコ5のバーストバッカーを採用している。

 エース・フレーリー・1959レスポール・スタンダードは、コレクターズ・チョイスではなく、アーティスト・モデル。つまり、エースがこのギターをステージなどで使用できるように、エースが好む仕様も再現されている。チューナーがクルーソンではなく、グローバーのキッドニーに変更、フレットもジャンボ・フレットを使用している。これらはロックギタリストが好む仕様であり、ピックアップのチョイスと相まって、59年レスポールのレプリカとしてはロック色が強い一本といえるだろう。

ace-08

ヘッド裏。チューナーはグローバーのキッドニー。なお、シリアルナンバーはAFから始まる連番となっている。

ace-06

ジャンボ・フレットを採用。なお、トゥルー・ヒストリックでバインディングの製造工程が見直され、ヴィンテージの再現と同時にフィーリングも良くなったと好評を得ている。

ace-02

バック

※本記事は2015年7月時点の情報です。

製品情報

GIBSON CUSTOM Ace Frehley 1959 Les Paul Standard
ヴィンテージ・フィニッシュ・モデル

価格 1,199,000円 円(税抜)

問い合わせ :
GIBSON GUITAR CORPORATION JAPAN カスタマーサービス
http://www.gibsoncustom.com

もっと見る

Player

2018年2月号

定価890円(本体824円)A4判

2018年1月4日(木)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

LUNA SEA

5人ゆえのプレイ、ソングライティングが結実した、今、明かされる『LUV』その境地

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!