製品レビュー

P-90とLRバグスを搭載した斉藤和義シグネチャー・モデル

GIBSON Kazuyoshi Saito J-160E

価格 553,000円 (税抜)

 ギブソン・アコースティックから斉藤和義の新しいシグネチャー・モデル“Kazuyoshi Saito J-160E”が発売される。このモデルは初回生産の100本を皮切りに、2016年3月には50本、と順次生産される。このギターは斉藤和義のアイディアとギブソンの最新技術が融合し、解説すべきポイントも盛りだくさんのギターに仕上がっている。

KSJ-160E


gibson_KS160E-1▲GIBSON Kazuyoshi Saito J-160E 価格=553,000円(税抜)

 斉藤和義が愛用するエボニーのJ-45フレーバーを取り入れてデザインされたKazuyoshi Saito J-160Eが遂にお目見えした。

 初期のザ・ビートルスが愛用したことでも知られるこのモデルは、J-45と同じラウンド・ショルダー・ギターのネック・エンドに、P-90ピックアップを組み込んだモデル。その影響でネック/ボディ・ジョイント位置は、一般的な14フレットから15フレットへと変更されている。

■NECK

 J-160Eには、ヘッドストック・フェイスのクラウン、そしてローズウッド・フィンガーボードにトラペゾイド・インレイといった装飾が施されていて、さらに斉藤自身のサインがエングレービングされたトラスロッド・カバーが取りつけられている。43.8ミリのナット幅、ファットながらやや肉付きを抑えたグリップは、2010年にジョン・レノン生誕70周年を記念して、ジョン・レノン・ミュージアム・モデルとして限定発売されたJ-160Eとも共通する形状になっている。

gibson_KS160E-3▲クラウン・インレイがあるヘッド。斉藤和義のサインがエングレービングされたトラスロッド・カバーを装着。

gibson_KS160E-5▲ チューニング・マシンはニッケル・ゴトー。プロトタイプ1号機と同様にカスタム・ショップのデカールが貼られている。

gibson_KS160E-12▲ ファットながら肉付きを抑えたネックグリップ。

Neck in Process▲マホガニー・ネックにローズウッド指板を貼り付け。パーロイド製のトラペゾイド・インレイも鮮やか。

■BODY

 16インチ幅のボディは、スプルース/マホガニー製。レギュラー・モデルのサウンドボードにはエレクトリックを前提としたプライウッドが使われているのに対して、このモデルにはヴィンテージ・トーンを生み出すためにギブソンとミネソタ・ダルース大学で共同開発されたサーマリー・エイジド処理(サウンドボードに水分と圧力をコントロールしながら加熱処理することで、木材内部の細胞に経年変化とほぼ同じような特性を与える)が施されたソリッド・スプルースにX ブレイシングが使われている。ブリッジはボーン・サドルを使ったノンアジャスタブル・タイプを採用。

gibson_KS160E-13▲サウンドホールからも確認できるXブレイシング。

gibson_KS160E-8▲ボーン・サドルを使ったノン・アジャスタブル・ブリッジ。

gibson_KS160E-100▲ ボディ内のオレンジ・ラベルには、"Style:SAITO、Gibson J-160E"。更にシリアルナンバーがスタンプされている。

Cured top by regular top▲通常のスプルース(左)とサーマリーエイジド加工の施されたスプルース(右)。板材の段階で色がはっきり異なる。

Saito Bracing▲製作途中のボディ・トップ。サーマリー・エイジド加工がされたトップ材とXブレイシング。

■Electronics

 マグネティック・タイプのP-90ピックアップに加えて、L.R.バッグスのリリック・システムが2つ目のアウトプットとして組み込まれている点も特徴となる。これは、ギター専用に開発された小型のマイクロフォンをブリッジ裏側に組み込み、リアルなアコースティック・トーンを生み出すシステム。サウンドホール内には、専用プリアンプに加えてボリューム/プレゼンス・コントロールが組み込まれている。

gibson_KS160E-9▲エレクトリック的なサウンドを担当するP-90ピックアップ。なお、エレクトリック・アコースティック的なサウンドを担当するL.R.バグスのリリックのピックアップはブリッジ下に装着されている。

gibson_KS160E-11▲L.R.バグスのリリックのプリアンプ。写真左の"穴"がプレゼンスのコントロール。専用ドライバーを使ってトーン・キャラクターを調整できる。

gibson_KS160E-7▲エンドピンがリリック用のアウトプット。ボディ・サイドはP-90用のアウトプットだ。

■付属品

gibson_KS160E-15▲専用ハードケースには"KS"と書かれている。

gibson_KS160E-14▲従来のシグネチャーモデルと同じく、直筆サイン入りの認定書が付属する。写真はプロトタイプを使用するライブ写真。

(Text / Jun Sekino, Gear Photo / GAKKI ソムリエ, Factory Photo / Gibson Acoustic)

1602cover_72dpi月刊『Player』2016年2月号は斉藤和義が表紙に登場。ロング・インタビューに加え、彼が所有するギブソン・アコースティックを中心に、今回のKazuyoshi Saito J-160Eのプロトタイプなども多数掲載しています。2月号の購入はこちらから。

※本記事は2015年12月時点の情報です。

製品情報

GIBSON Kazuyoshi Saito J-160E

価格 553,000 円(税抜)

初期のザ・ビートルスが愛用したことでも知られるこのモデルは、J-45と同じラウンド・ショルダー・ギターのネック・エンドに、P-90ピックアップを組み込んだモデル。その影響でネック/ボディ・ジョイント位置は、一般的な14フレットから15フレットへと変更されている。


問い合わせ/製品情報 :
GIBSON GUITAR CORPORATION JAPAN カスタマーサービス
http://www.gibson.com/Products/Acoustic-Instruments.aspx


もっと見る

Player

2019年5月号

定価890円(本体824円)A4判

2019年4月2日(火)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

角松敏生

保存版『東京少年少女』読本

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!