製品レビュー

ベーシスト注目のボス・コンプレッサー BOSS BC-1Xの性能に迫る

BOSS BC-1X Bass Comp

価格 オープンプライス

 ボスのコンパクト・エフェクターのスペシャル・エディションモデルであるXシリーズより、新たにベース用コンプレッサーBC-1Xが加わった。昨年登場して好評を得ているBB-1Xプリアンプに続くコンパクトペダルである。特にプロベーシストから多かったというノイズレスなコンプレッサーへの要望、そして独自のMDP(Multi-Dimensional Processing)技術を駆使してベース音の芯やアタックを失わないナチュラルなコンプレッサーを追求していたボスの理念により、スタジオ・クオリティの性能をコンパクト・サイズで実現した、ベーシスト注目のコンプレッサーに仕上がっている。

BC-1X_F.jpg

■マルチバンド・コンプレッサーとは?

 ベーシストにとってのコンプレッサーは、音を圧縮するエフェクターというだけでなく、サウンドそのものを変えることなく、スラッピングのように音が暴れやすい奏法のダイナミクスを整えたり、ベース・ラインを滑らかにしたり、音量の異なる奏法を切り替えた時の極端なレベル変動を抑えたりといった、スタジオ機器のような役割も帯びている。ところが、たとえばスラッピング奏法でサムピングの低音が伸びているうちにプリングの高音を鳴らしたり、1、2弦でハーモニクスを鳴らしたまま4弦の開放弦をドーンと鳴らしたりするような場合、通常のコンプレッサーは後で鳴らした音のアタックに反応して、先に延ばしていた音の音量が急激に下がるという、不自然な現象が発生してしまう。この問題を解決したのが、周波数帯域をいくつかの帯域に分割し、それぞれを専用のコンプレッサーに受け持たせた、マルチバンド・コンプレッサーである。このタイプのコンプレッサーは回路が大がかりになってしまうのだが、ボスは昨年発売のBB-1Xにも採用されていたMDP技術を応用することで、コンパクトなペダルのフォーマットでベース専用のマルチバンド・コンプレッサーを実現した。それが今回ご紹介するBC-1Xである。

■コントロールについて

 本来のマルチバンド・コンプレッサーには複雑な操作が必要なものもあるが、BC-1Xの操作系はごくシンプルにまとめられている。

BC-1X_panel

 コントロール・ノブは、エフェクトがかかり始める音量レベルを設定するTHRESHOULDと圧縮率を調節するRATIO、音のメリハリの度合いを調節するRELEASE、エフェクトの出力レベルを調節するLEVELの4個のみで、マルチバンドという特殊性を意識せず、直感的なツマミ操作で音作りができることが特徴だ。ボスのペダルは伝統的に、全てのノブを12時の位置に設定すれば標準的な効果が得られるようになっているので、BC-1Xもまずは12時の位置で試してみるのが良いだろう。THRESHOULDは反時計方向に回すと、より小さな音量から圧縮がかかり始める。RATIOは時計方向に回すほど圧縮率が高く(効果が強く)なる。RELEASEは、反時計方向に回すほど、エフェクトがかかっている時間が短くなり、メリハリの効いたサウンドになる。ロング・トーンを多用する滑らかなベース・ラインを演出するなら、長めに設定するのが良いだろう。LEVELは通常のボリュームと同様だ。

■ナチュラルな効き具合のコンプレッサー

 最初の2本の動画では、出来る限り自然な効果になるような設定にして、それぞれツー・フィンガー奏法とスラップ奏法で弾いている。同様のフレーズでエフェクトのオンとオフを切り替えているが、圧縮の度合いを示すインジケーターが点灯していなければ、コンプレッサーがかかっているかどうかわからないだろう。スラップ奏法でサムピングの音がプリングの音に影響されていないのは、マルチバンドの面目躍如だ。コンプレッサーのクセが最も顕著に出るアタックの部分にも、不自然さは感じられない。なお、RELEASEは最短になるように設定しているが、これはエフェクトがかかっている時間を最小限に抑えるためである。

■エフェクティブな設定にも対応

 3本目の動画では、あえてコンプレッサーの効果がかなり深くなるように設定し、乱暴な弾き方をしているが、音が歪む気配もなく、確実に圧縮がかかっている。本器の電源電圧は、標準のACアダプターやバッテリーが使える9Vだが、実際の回路は内部で昇圧させた18Vという高い電圧で動作している。これが効果を発揮して、ダイナミック・レンジの広いベースの信号をしっかりと受けて止めているようだ。自然なサウンドを持つ一方、タフな性格も持ち合わせたコンプレッサーだと言えるだろう。

※本記事は2016年3月時点の情報です。

<その他のBOSS/Roland製品関連レビュー>
『ボスのオーバードライブを代表するロング・セラー BOSS SD-1を再検証!』
『ボス ディストーションの原点、BOSS DS-1を再検証!』
『ボスのコンパクト・シリーズにエレアコ用プリアンプBOSS AD-2が登場』
『BOSS "技 WAZA CRAFT"シリーズを再検証 Part.2〜ボスBD-2W/VB-2W』
『BOSS "技 WAZA CRAFT"シリーズを再検証 Part.1〜ボスSD-1W/DM-2W』
『ベーシスト注目のボス・コンプレッサーBOSS BC-1Xの性能に迫る』
『ボス、話題のBOSS SY-300ギター・シンセサイザーをベースで使う』
『ボス・ハイゲイン系エフェクター BOSS MT-2/ML-2/MD-2を比較検証!』
『ローランド・ジャズコーラスにステレオ入力対応のROLAND JC-40が登場』
『自宅でのギター演奏がさらに楽しくなるローランド・ギターアンプROLAND CUBE-Lite』
『ボスGTシリーズのコンパクトなデスクトップ・モデルBOSS GT-001』
『シンプルながら幅広い応用が可能なボス・ベース用ドライバーBOSS BB-1X』

BOSS BC-1X Bass Comp 試奏動画

ナチュラルな効き具合での設定によるツーフィンガーとスラッピング、そして深めに効く設定でピッキングも強めにした3パターンを収録。ノブの位置とインジケーターにも注目してほしい。

製品情報

BOSS BC-1X Bass Comp

価格 オープンプライス

問い合わせ:ローランド株式会社お客様相談センター
Tel.050-3101-2555
http://jp.boss.info

もっと見る

Player

2018年8月号

定価890円(本体824円)A4判

2018年7月2日(月)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

ERIC CLAPTON

至高のエリック・クラプトン / 話題の映画『エリック・クラプトン〜12小節の人生〜』最速特集

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!