製品レビュー

多弦ギタリストに最適なモデリング・ギター Line 6 Variax Shuriken

Line 6 Variax Shuriken

価格 オープンプライス

 Line 6より、 オーストラリアのヘヴィロック・バンド「トゥエルブ・フット・ニンジャ」のギタリスト、スティーヴ・マッケイとのコラボレーションから誕生したモデリング・ギター「Variax Shuriken」がリリースされた。リアルで使いやすいモデリング・サウンド/オルタネート・チューニング機能に加えて、27インチのスーパーロング・スケールを採用。重低音を追求し、多弦ギターやダウン・チューニングを駆使するギタリストに最適なギターに仕上がっている。

<POINT>
◇Line 6 モデリング・ギター初のアーティスト・コラボレーション・モデル
◇重低音の再現を追求したヘヴィ・ロック向けのギター
◇プレイアビリティを追求したボディ・デザイン
◇27インチ・スーパーロング・スケールを採用
◇様々なチューニングを瞬時に替えられるオルタネート・チューニング機能
◇27インチスケールとオルタネート・チューニング機能の組み合わせで、通常の弦のテンション感のまま、7弦や8弦といった多弦ギターの音域までをカバー
◇多彩なサウンドを網羅したモデリング・ギターサウンド
◇Line 6 マルチエフェクトとの組み合わせでさらにパフォーマンスを発揮

【GAKKIソムリエ試奏動画:Line 6 Variax Shuriken Part.1】:27インチ・スーパーロングスケールを採用したモデリング・ギター「Line 6 Variax Shuriken」のデモンストレーション。Part.1ではデモンストレーターの渡辺キョータのオリジナル「Circus Time」に合わせての演奏を収録。

line6_1280-140.jpg

 ▲Line 6 Variax Shuriken (価格=オープンプライス)

■Variaxを知り尽くしたギタリストとのコラボレーション・モデル

 スティーヴ・マッケイはオーストラリアのヘヴィロック・バンド「トゥエルブ・フット・ニンジャ」のギタリストであり、そのプレイの中でVariaxのポテンシャルを最大限に引き出したユニークかつクリエイティブなスタイルを確立してきた、いわばVariaxを知り尽くしたギタリストと言える。
 ジェームス・タイラーやヤマハといったブランドがギター本体のデザインを手がけた従来のVariaxでは、一般的なエレクトリック・ギターと同様の弾き心地を再現したモデルをラインナップしてきた。今回もヤマハが開発に加わり、そのノウハウを元に重低音を追求するヘヴィロックギタリストを主なターゲットとしたギターに仕上がっている。

line6_1280-148.jpg エルボー部やカッタウェイ部などに施されたコンター加工は、まるで手裏剣の刃をイメージさせる。

■多弦ギターのサウンドを再現する27インチ・スーパーロング・スケール

 最大の特徴と言えるのが、一般的なロングスケールの25/5インチ(約648mm)に比べて約38mmも長い、27インチ(約685.8mm)スーパーロングスケールの採用だろう。これに加えて、カスタム・チューニングをノブで切り替えられるオルタネート・チューニング機能により、6弦はもちろん、7弦や8弦といった多弦ギターや、さらにダウン・チューニングでも通常のテンションによる弾き心地のままプレイできるのが特徴である。この点は重低音を追求する多弦ギタリストには最適なスペックと言える。

line6_1280-122.jpg ネック・グリップはやや薄めのCシェイプ。マットで滑らかな感触と相まって弾きやすい。

line6_1280-136.jpg 低音弦のテンションを確保するリバースヘッドを採用。マシンヘッドは精度の高いシールドロッキング・チューナーを搭載。

line6_1280-117.jpg 素早いフィンガリングを実現するミディアムジャンボ・サイズのフレット。

■絶妙なバランスと軽量化を実現したボディ・デザイン

 モデル名の"手裏剣"は、スティーヴ・マッケイのバンド名にある"忍者"、さらにそのボディ・デザインを共に掛け合わせてのネーミングである。やや長めにデザインされた低音弦側のホーン、オフセット・シェイプ、大胆にカットされたボディ・エンド部、さらに随所に施されたコンター加工により、手裏剣を彷彿させるシェイプに仕上げられている。しかしこれは奇をてらったものではなく、優れた演奏性を実現するデザインである。長いスケールでもネック落ちを防ぎ、ボディをカット/コンター加工することで体にフィットしやすく、さらに軽量化にも繋がる。これは長年ギターを開発してきたヤマハのノウハウが反映された成果だろう。ボディはアルダー製で、重量は3.4kgと非常に軽量なのも特徴である。

line6_1280-135.jpg ハイポジションでのフィンガリングがしやすいように加工されたカッタウェイの内側。

■使いやすいオリジナル・ピックアップ

 様々なサウンドを使い分けられるのがモデリング・ギターの魅力だが、このギターに搭載されているオリジナル・ハムバッカーがなかなか優れものである。クリーンでタイトなトーンと、パッシブながらノイズも非常に少ないピックアップに仕上がっている。エフェクトとの相性も良く、モデリング・サウンドにこだわらず、ピックアップのみでこだわりのサウンドを作りたいギタリストにも使いやすい点が魅力である。

line6_1280-103.jpg パッシブ・タイプのオリジナル・ピックアップ

■7-8弦の音域を実現するオルタネート・チューニング機能

 モデリング・ギターサウンドを使用するVariaxモード時には、10種類のオルタネート・チューニング(変則チューニング)が切り替えられる。出荷時の設定は下記の通りとなる。

・STANDARD:E/A/D/G/B/E
・USER I:D/A/D/G/A/D
・USER II:E/B/E/B/B/E
・USER III:E/A/A/A/A/A
・USER IV:B/E/E/E/E/E
・1 DOWN:D/G/C/F/A/D
・2 DOWN:C/F/B♭/E♭/G/C
・DROP C:C/G/C/F/A/D
・BARITONE:B/E/A/D/F♯/B
・DROP A:A/E/A/D/G/B
・OCTAVE:E/A/D/G/B/E

 ギターモデル・セレクターのUSER I〜IVとShurikenでは、オルタネート・チューニングとVariaxギターモデルを組み合わせたプリセットを内蔵し、5ウェイ・セレクタースイッチで様々なプリセットを切り替えられる。USER I〜IVには自分でカスタマイズしたセッティングも設定可能である。

 さらにダウン・チューニングで使われることの多い、1音下げや2音下げ、そこからさらに6弦を下げたドロップC、7弦ギターの7弦(このギターでは6弦)を1音下げたドロップ A、そしてバリトンやオクターブ下など、7-8弦ギターの低音域をこのギター1本でカバーできる。
 さらにギターの6弦を1音下げた状態でこれらのオルタネート・チューニンと組み合わせれば、さらなる重低音も実現可能である。

line6_1280-110.jpg オルタネート・チューニングとモデリング・ギターの切り替えは本体のノブと5ウェイセレクターで行う。

■多彩なサウンドを網羅したモデリング・ギターサウンド

 同社独自のモデリング技術によるギター・サウンドは、スティーヴ・マッケイによるプリセットを含む、プリセット8種/ユーザーセッティングが可能な4種がノブで切り替えられ、さらに各バンクに収められた5種のモデルをセレクター・スイッチで切り替えられる。 50〜70年代の代表的なエレクトリック・ギターを始め、アコースティック・ギター、12弦ギター、フルアコ/セミアコ、バンジョーやレゾネーターと、7モデル×各5ポジションの合計35種類のモデリングサウンドを内蔵している。
 また専用のVDI入力を装備した同社マルチエフェクト・プロセッサーと組み合わせれば、モデリングの切り替えなどがフットスイッチで行えるので、より最適化されたパフォーマンスが可能となる。

line6_1280-137.jpg アウトプットは通常の1/4インチと、同社マルチエフェクト・プロセッサーに接続用のVDI(Variax Digital Interface)を装備。

line6_1280-147.jpg

【GAKKIソムリエ試奏動画】Line 6 Variax Shuriken Part.2

話題のモデリング・ギター「Line 6 Variax Shuriken」のオルタネート・チューニング機能と、モデリングギター・サウンドにクローズアップして解説。デモンストレーターはPart.1に引き続き渡辺キョータ。


デモンストレーター/渡辺キョータ 
 ギタリストコンテスト(GIT MASTERS)でグランプリを受賞し、キャリアをスタートさせる。
 音楽雑誌での連載や楽器デモンストレーターなどをおこなう反面、MI JAPAN東京校、EMS東京校GIT講師としての顔も持っている。
 ギター&ボーカルとしての活動も多く、ジャンルを問わないスタイルが特徴。
 テクニカルなプレイはもとより、そのギターがもつ魅力を瞬時に引き出す多彩な表現力を持つ新世代ギタリストだ。
近年では大橋彩香など、数多くのアーティストのサポートをはじめ、テレビや各メディアで使うテーマソングの制作も手掛けている。
 大切な人へ宛てた手紙を歌詞にして世界に一つだけの歌を作る音色ポストプロジェクトにも参加している。
Twitter @w_keshigomu
Facebook https://www.facebook.com/KyotaW
音色ポスト http://www.neiropost.com


・ボディ:アルダー
・ネック:メイプル
・フィンガーボード:ローズウッド
・スケール:27インチ
・フレット:23フレット/ミディアム・ジャンボ・サイズ
・チューナー:シールドロッキング・チューナー
・ブリッジ:ピエゾサドル付きカスタムブリッジ(Variax処理用)
・ピックアップ:シングル・ミディアム出力ハムバッカー
・コントロール:ボリューム/トーン/モデルおよびオルタネート・チューニング・コントロール/5ウェイ・セレクター・スイッチ(Variaxモデル切り替え用)
・アウトプット:6.3mm/VDI出力
・演奏可能時間:12時間のリチウムイオン電池
・重量:3.4kg

製品情報

Line 6 Variax Shuriken

価格 オープンプライス

問い合わせ:Line 6 インフォメーションセンター
Tel.0570-062-808
http://www.line6.jp/support

もっと見る

Player

2017年12月号

定価760円(本体704円)A4判

2017年11月2日(木)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

SUGIZO × ToshI

楽器誌だからできる対談スペシャル!SUGIZO × ToshIをはじめ、6つの対談をフィーチャー。

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!