製品レビュー

「Player」×「GAKKIソムリエ」コラボ企画  大和が弦を交換して弾いてみた ~ IMPRESSION of STRINGS

弦を交換するとギターの音が変わる。これは当たり前のことだが、数ある製品の中から色々な弦を弾き比べる人は意外に少ない。この特集は「ギター弦を交換すると、本当にサウンドは変わるのか?」という素朴な疑問に、ギタリストの大和に試奏して答えてもらった。使用した弦は、本人が選んだアーニーボールの「スリンキー・Mスティール」と「コーテッド・スリンキー」の2種類。3時間の試奏を終えた大和に、その感想を語ってもらった。


INTERVIEW

大和「弦を選ぶのが楽しくなるし、すごく奥が深いですね」

sq800-101.jpg

▲大和

バンド「大凶作」や「DOPEDOWN」、ギタリスト集団「G.O.D.GUITARISTS ON DEMAND」 「G5 Project」などで活躍する実力派ギタリスト。ギタリスト以外にも、コンポーザー 、アレンジャーとして、幅広い音楽活躍を行っている。

 ●アーニーボールの弦を2種類試奏していただきましたが、その印象から教え下さい。

  ○このところ、ある程度固定したブランドの弦しか使用していなかったので、アーニーボール弦を使用したのは久しぶりでした。もちろんレギュラー・スリンキーは何度も使用していますが、Mスティールとコーテッド・スリンキーは初めて使用したので、ブランドによって、また同じブランドでも、弦の種類によってずいぶん音が違うんだと驚きました。そういう意味で、今回の企画に参加させてもらえて良かったです。

 ●最初に試奏された「Mスティール弦」はいかがでしたか?

 ○まず、弦のパッケージを開けて中身を取り出した段階で、見た感じがいつもの弦とはちょっと違う印象でした。実際に弦を張り替えて弾いた時の第一印象は、Mスティールはスタンダードなスリンキーよりも、ちょっとイカツイかなと思いましたね。僕はどちらかというと激しい演奏が多いんですが、そういった奏法には合っているというか、ピッキングに十分応えてくれそうな印象です。弦のテンション感もしっかりしているし、出音のタイトさとアーニーボールらしい煌びやかさがあります。僕みたいなギタリストには使いやすいタイプの弦だと思います。

  ●パワフルな印象はありましたか?

 ○ええ、ありました。歪みの乗りかたがだいぶ違う印象ですね。今日は自分のミュージックマンのギターで、その他の機材もいつも自分で使用しているものなので、違いがよくわかります。歪み方がだいぶ違いますよ。特にローの出方が違いました。そもそも、弦を張り替え終わった時、アンプを通す前の生音自体が大きいように思いました。メタル系の低音域を強調した演奏には、かなり合うんじゃないですかね。

 ●手触り感とか、弾き心地に関してはいかがでした?

 ○僕は日頃コーティング弦を使用しているので、それと比べるといつもより引っ掛かりというか、手触り感がだいぶ違いました。ザラツキと言うか、弦の存在感と言うか ...。でもそれは、けっして嫌な引っ掛かりや、弾きにくい引っ掛かりではないです。まあ、コーティングしていない一般的な弦のザラツキ感に近いですね。

 ●では、コーテッド・スリンキーに関しては?

 ○そちらは、手触り感に関してはスタンダードなスリンキーとあまり変わらない印象でした。自然な感じというか...。正直最初は、"これ、本当にコーティングされてい るのかな...?"っていう印象でしたね(笑)。弾き心地はほとんどレギュラーのスリンキーと変わらないように思います。また、アーニーボールらしい元気なサウンドで、キラキラした部分もちゃんと感じられました。それでこのキャラクターが長持ちしてくれるのであれば、ユーザーには実にありがたいですね。コーティング弦はメーカーによって色々とコーティング素材や加工方法が違うみたいですけど、エリクサーなどは薄い樹脂で弦を覆っているのでかなり指触りが滑らかというか、すべすべしています。ですが、それも好き嫌いが分かれるところで、好きな人には使いやすいし、逆にあの独特のツルッとした感触が苦手な人もいるようですね。コーテッド・スリンキーは、詳しくは分からないですけど極薄のエナメルコーティングを焼き付けていると聞いているので、手触り感はスタンダードのスリンキーとほとんど変わらないですね。

 ●試奏の最中に、何度かピッチ感が良いとおっしゃっていましたが...。

 ○ええ、それは思いました。長年ギターを弾いているとギターのベーシックな部分、特にピッチには敏感というか、チューニングの大事さが分かるようになりました。でもこのピッチ感はコーテッド・スリンキーだからというわけではなくて、アーニーボールというブランドがそうなのかもしれませんが、チューニングはかなり安定してます。ちょっと驚きましたね。特に不安定になりやすい3弦の安定感は素晴らしいです。

 ●一般的に、コーティング弦の場合音のまとまりやバランスが良い言われますが...。

 ○そうですね...、まあ確かにそんな気がしますね。コーティング弦は、ちょっと音がおとなしく聞こえる傾向があると思いますけど、コーテッド・スリンキーの場合はどうだろう...、それはないように思いますね。アーニーボール特有の元気で煌びやかなキャラクターはそのまま残ってますから。しかもトータル的なバランスも良いので使いやすいと思います。今日使用したギターは、アーニーボール系列のミュージックマンですけど、どんなギターでもスタンダードな弦として使えると思います。コーティ ング弦であるということを意識させないという意味で、すごく標準的な感じがしました。弾いていて、"そうそう、ギターってこの音だよね"っていう感じです。

yamato_1280-102.jpg ●弦によってだいぶ音のニュアンスや弾き心地が変わるようですね。

 ○今日こうして弦を実際に交換して良く分かりましたけど、弦によって確かにサウンドも感触もだいぶ違いますね。だから、色々なブランドの色々な弦を試してみるのは、すごく良いことだと思います。皆さん日頃使っている弦は気に入っていると思うけど、たまにはまだ使ったことがない弦や新発売の弦とか試してみるのも良いと思いますよ。 それに、同じギターで同じ弦ばかり使っていると、マンネリ化しやすいから、そう言う意味でも時々弦をいつもと違うものに交換してみるのも良いんじゃないですかね。

 ●レスポールに最適な弦が、必ずしもテレキャスターにも最適とは限りませんからね。 何本かのギターを持っている人なら、ギターごとにマッチングの良い弦を探してみるのも楽しいですね。

 ○そうですね。色々試してみると、これまで以上にうまくマッチする弦が見つかるかも知れませんからね。それに、音の好みって、時間が経つとけっこう変わりますし。

 ●新しい自分のサウンドを捜すヒントになりそうですね。

 ○そうですね。それに、弦を取り替えるのってそれほどお金が掛からないですからね。ピックアップや色々なパーツを交換することを考えたら、サウンドのニュアンスを変える最も手軽で、最もお金が掛からない方法だと思います(笑)。音を変えようと思うと、みんなどうしてもアンプやエフェクターの方に目がいくけど、その前に弦を換えるだけでもかなりニュアンスが変わるから、試す価値はあると思います。

 ●もしも弦で音のニュアンスが変われば、演奏スタイルや表現の仕方なども多少変わりそうですね。

 ○僕が思うギターの良い音というのは、その楽曲を表現するのにうまくハマル音のことなんですね。だから、ギター単体として絶対的に良い音というのはないと思うんですよ。曲を作る時なども、まず「こういうジャンルの曲を作るなら、このギターを使 う」という風に考えていますが、そこに「このギターにこの弦を張ってみる」がプラスされると、さらにイメージが広がりやすいと思います。そう考えると、弦を選ぶのって楽しくなるし、すごく奥が深いですね。だって、アーニーボールだけでもこんなに弦の種類があって、さらに他にもいくつものメーカーがあるわけですから、その組み合わせを考えるともう無限大ですよね。そんなことを思いながら弦を選んでみると、 弦選びが楽しくなりますね。最近はネットで楽器の評判をチェックできますけど、さっきも言ったように弦とギターとのマッチングや人それぞれの好みがすごく大切なので、 自分自身で、自分のギターで試してみると、評判と全然違う印象を持つこともあると 思います。きっと新しい発見があると思いますよ。もしかしたら、弦を張り替えた後 のサウンドが自分の好みではないこともあるかもしれないですけど、その時はまた別の弦に張り替えれば良いわけですからね(笑)。

Interview & Text by MINORU TANAKA

P02921-front-2.png ●SLINKY M-STEEL

 サウンド、耐久性、強度、全てのパフォーマンスを向上させるために、新たな技術で開発した新しいエレキギター弦。芯線に業界初となる強靱なマルエージング・スティール・ヘックス・コアを採用し、巻線にはコバルト含有率を60%まで高めたスーパー・ コバルト・ワイヤーを使用。高出力なレスポンスを実現した次世代のエレキギター弦。

P03121-2.png●COATED SLINKY

 エナメルを焼き付けることで超極薄エナメルコーティングを施したワウンド弦を採用。 プレーン弦は、チタニウムによるレインフォースド・テクノロジーによるさらなる耐久性を実現。これによりボールエンド部でのズレや弦切れを防いでいる。従来の手触り感とサウンドを失うことなくロングライフを実現した画期的なエレキギター弦。

《製品に関するお問い合わせ》

https://www.ernieball.jp/

Player

2018年11月号

定価890円(本体824円)A4判

2018年10月2日(火)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

SLASH

すべての音楽人に捧げるGIBSONリスペクト特集

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!