製品レビュー

TLタイプなのにウォームなサウンド TMG Scarlettカスタムオーダー・モデル

TMG Scarlettオーダー・モデル

価格 370,000円(税抜 / ハードケース付)

中古楽器で有名な新大久保のTC楽器はアメリカのギターブランドTMGの輸入代理店でもある。同店がTMGにカスタムオーダーしたギターはギャップ感が面白いモデルだ。それはどんなギャップ感なのか。ご覧いただきたい。

カスタムギターのブランドであるTMGは米オレゴン州のベンドという町で作られている。この街にはギター工場や個人ビルダーが多く集まりコミュニティを形成しているという。TMGギターは決まった工場を持たないブランドで、ベンドの町のギター工場や工房たちが時間を見つけて、それぞれ得意なパートを担当して作っている"コミュニティ・メイド"という珍しい形態のギターブランドだ。TMGではDover(ドーヴァー)、Gatton(ガットン)、Kashmir(カシミール)などのトラディショナルなギターをアレンジしたラインナップが中心。しかし、今回紹介する、Scarlett (スカーレット)はトラディショナルなアウトラインの中に、オリジナリティを多分に盛り込んだギターだ。


スカーレットはHillsong UnitedのギタリストのNigel Hendroff(ナイジェル・ヘンドロフ)のシグネイチャー・モデルである。ヘンドロフ本人が自身のシグネチャー・モデルを弾いている動画がYouTubeにアップされているので、まず、ご覧いただきたい。

見た目こそTLスタイルのボディ外形、シンライン構造ながら、音はかなりファット。音の要素としてはピックアップのTV ジョーンズの power'tron(パワートロン)が大きいようで、TVジョーンズがしばしば搭載されているグレッチにニュアンスが近いようだ。

今回紹介するのは、ヘンドロフ本人のモデルを基に日本の輸入代理店のTC楽器が独自にオーダーしたカスタム・モデルのスカーレットだ。そのポイントは

・プレーンのメイプルを使ったネックに変更

・カラハムのブリッジを使ったハード・テイル仕様

の2点である。

内容的にはシグネチャー・モデルからのダウングレード(!!)という内容のカスタムオーダーだが、TC楽器では、日本の市場を見て、「軽量化」「チューニングの安定」「価格を押さえたい」という意図の下、カスタムオーダーしている。

tmg_skarlet-3-1.jpg

▲TMG Scarlettオーダー・モデル 価格=370,000円(税別)

【ボディ/ネック】

豊富な自然に恵まれ、ギタークラフトマンが集うオレゴン州の木材を使用

◇ボディ / 最上級のギター用木材を使用し、上質な塗装と軽いレリック加工

オレゴン州ベンドにはギター製作の素地がある。気候などの地勢的な要素に加え、木材業者やギター製作者などが多いためギター製作に適した良質な木材が集まりやすい。

ブロンド・カラーのスカーレットでは、透けて見える白い塗装の下に良質なスワンプ・アッシュがボディ材の木目が見える。また、今回のギターはバーズアイがないプレーンのメイプル・ネックとしてオーダーされている。ヘビーなレリック加工が施されているため、木地が露出している。

tmg_skarlet-7.jpg

tmg_skarlet-14.jpg

このギターの木部は薄いラッカー塗装とレリック加工がされている。ボディのブロンドの色合い、ほど良く抑え気味なレリック加工はヴィンテージ風の雰囲気。

ブロンドカラー、1ボリューム、1トーン、そしてボディのアウトラインといった要素はヴィンテージのTLタイプをリスペクトした仕様だろう。ただし、ボディのfホールでわかるようにシンライン構造となっている。これにより軽量で、ソリッド・ボディのギターに比べると若干のエアー感が生まれる。 シンラインのギターはラウドな音よりも、クラシックなロックやジャズ・ギターなどに向いているし、ボリューム調整でバッキングとソロを頻繁に切り替えるようなギター兼ボーカリストにも向いている。そして、(本来の使い方ではないが)生の音がやや大きめに響くため、アンプにプラグインせずに自宅リビングなどで演奏を楽しんだり、曲を思いついた時、すぐに弾きたい、そんな人にも好都合だ。

また、軽量もこのギターの大きな特徴だ。TC楽器店頭で重さを量ったところ、実測で「2665g」だった。同時に店頭にあったオーソドックスなTLタイプ(ソリッド)の3本の重さは平均値で3674g。また近年のシンラインは3005gだった。構造が異なるTLタイプ(ソリッド)との差があるのは当然だが、ほぼ同じ構造のギターでも300g以上の違いがあり、このギターの軽さは際立っている。

◇ネック

ネックはグリップ部がボディとは逆にヘビーなレリック加工となっている。これはギタリストが手で直接触れる部分。ギタリストが木の手触りを楽しめる要素となっている。

tmg_skarlet-12.jpg

【ハードウェア】

◇ピックアップ / ルックスを裏切るほどのギャップ感を生み出すTVジョーンズのピックアップ

ギターの心臓部であるピックアップにはネック/ブリッジともTV ジョーンズの power'tron(パワートロン)を搭載している。多くのTLタイプ・ギターが2シングルPUでトレブリーなサウンドだ。しかし、スカーレットではウォームなサウンドとなっている。しかも、PUがグレッチに頻繁に搭載されるTVジョーンズ製だからか、PAF系のサウンドではなく、グレッチに近いキャラクターのようだ。

ルックスとサウンドのギャップ感こそこのギターの真骨頂だ。

tmg_skarlet-17.jpg

もちろん、サウンドはPUだけでなく、ギター全体の仕様で決まるが、この出音はルックスから想像できるサウンドではない。TC楽器の店頭では試奏もできるので、プラグインして、そのギャップ感を楽しんでいただきたい。

◇ブリッジ他 / チューニングの安定と軽さを目指してハードテイル化

ヘンドロフのシグネチャー・モデルはビグスビーのトレモロ・ユニットがついているが、TC楽器では最初からトレモロがないハードテイル仕様でオーダーした。ブリッジにはCallaham(カラハム)のVintage Hardtail Bridge with Enhanced Brass Saddlesが使われている。カラハムはヴィンテージ・ギターのリプレイスメント用パーツとして有名で、特に米国内では人気が高い。このブリッジはヴィンテージ・テレキャスターのように3Wayブリッジだ。一般に3Wayブリッジは構造上、正確なオクターブピッチを合わせることが難しいとされるが、カラハムのこのブラス製のサドルは、プロの実用レベルでの正確なオクターブ・ピッチが得られる。

tmg_skarlet-20.jpg

チューナーはクルーソンだ。

tmg_skarlet-13.jpg

tmg_skarlet-22.jpg

"レーザー焼き入れ"による立体感があるTMGのロゴ。

TMG Scarlett TC-GAKKIカスタムオーダー品

tmg_skarlet-3-1.jpg
[ BODY ]
Swamp Ash

[ NECK ]
Maple
[ FINGER BOARD ]
Indian Rosewood
[ FRET ] 
Vintage Type 21F
[ SCALE ]
25.5inch

[ PICK UP ]
TV jones power'tron
Neck/Bridge
[CONTROL]
1Vol./1Tone
3way PU Selector

[ BRIDGE ]
Callaham
Vintage Hardtail Bridge

with Enhanced Brass Saddles
[ PEG ] Kulson 

[その他]
オリジナルハードケース
代理店(TC楽器)による認定証付属

[PRICE]
上記スペックによるオーダー価格
370,000円(税抜き)円(税抜き)


■TMGは"ただ普通に良いギター"ということだけです。

TC_tanakasan-103.jpg

▲TC楽器リペアー&TMGギター担当 : 田中 壮一郎

 一般的にTC楽器は中古楽器専門店のイメージが強いと思います。TC楽器がTMGの輸入代理店となった経緯について教えてください。

 出会いは2018年1月のNAMMショーです。弊社の商品管理部長が見つけてきました。日本では2018年の楽器フェアでデビューしました。中古楽器のビジネスは、(買い取りなどで)来たものを売ることで成り立っています。しかし、TMGには作り手の"エゴ"がないギターだったことが取り扱わせていただく決め手になりました。

 エゴ・・ですか?それはどんなことでしょうか?

  カスタム・メイドのギターには作り手の思いが過剰なぐらい入ったギターというのがありますよね。そういったギターには作り手のエゴのようなものを感じてしまいます。中古品として買い取るのは歓迎ですが、輸入代理店の立場でそのような新品楽器を販売することには躊躇してしまうことも少なくありません。しかし、TMGには作り手のエゴが全く感じられませんでした。まず、作った人の名前がブランドに入っていないですよね。それにTMGだけの特殊な機能や装飾もありません。あるのは"ただ普通に良いギター"というそれだけなのです。

■ヴィンテージ・ギターにはない機能や演奏性を求める人にこそTMGをお勧めしています

 TMGはヴィンテージ・ギターが多い2階でディスプレイされていますが、これはどのような考えででしょうか?

 TMGはヴィンテージ・ギターに通じるフィーリングやサウンドを持っています。そして、現代の音楽シーンで使える性能も同時に持ち合わせています。だから、単なるヴィンテージ・ギターのレプリカではありません。同じフロアにはヴィンテージ・ギターを沢山在庫していますから、TMGとヴィンテージやカスタムショップなどと弾き比べも歓迎しています。その上で、ヴィンテージ・ギターがお好きな方はヴィンテージ・ギターをお買い求めいただければ結構です。

 ああ、TC楽器での売り方もエゴがありませんね(笑)。

 (笑)ヴィンテージが持っていない機能や演奏性を求める人にはTMGもおすすめしています。ヴィンテージ・ギターに比べると値段帯もTMGはお求めになりやすいですし。

TC_tanakasan-101.jpg

 お客様からの評判はいかがでしょうか?

 TC楽器の常連の方からも「ヴィンテージに近しいモデルはヴィンテージっぽくて、そうでないのはそうじゃないね」といった評価をいただいています。「そんなの当然じゃないか!」と思われるかもしれませんが、とても大切なことだと思います。実際に、こういうギターブランドは多くないでしょう。ヴィンテージ・ギターがお好きな方からは、レリック加工の良さとグリップを握った瞬間に「あ!」っと感じる・・言葉にできないフィーリングの良さも評価していただいています。それにミュージシャン気質の方、音を楽しんでいただけるの方からの評判も高いです。

■TMGは「ココを調整するとこうなる」が予想ができて、その通りの音になる。

 田中さんはTC楽器のリペア担当ですが、その視点からTMGのココがすごいと思う点はどんな点でしょうか?

 TMGには特殊なスペックはありません。楽器として当たり前のことをやっているだけです。しかし、その当たり前と言われる部分の技術の高さがすごいのです。変な部分がなくて、ギター全体で整合性が取れています。僕も当たり前に調整をするだけですが、その調整の微妙な具合などもしっかりと応えてくれます。リペアはお客様のリクエストに応えることが仕事ですので、お客様の思い通りの音を出せるのが良いギターです。リペア担当としてはTMGは良い仕事ができる楽器です。

 入荷した際にも田中さんが調整しているのですか?

 もちろんです。当店に入荷した楽器は基本的に全て僕が調整しています。年間では2千本くらいでしょうか。TMGも(気候が異なる)アメリカから日本に来ているので入荷した時点での調整は不可欠です。1本1本を一番良い状態にして店頭に出しています。

 アフターサービスはどうなっていますか?

 新品ですので、メーカーとしての保証が1年付きます。それと当店の"調整保証"は5年です。調子が悪くなるようだったら、いつでもお持ちください。

■お客様のお好みに合わせてカスタムメイドできる幅広さもTMGの魅力だと思います。

 今回はTC楽器でオーダーしたギターを取材しましたが、お客様の好みの仕様で作るカスタム・オーダーはできますか?

 ホームページの専用フォームで自動で見積りができますので、まずはお気軽に試してみてください。スペックが決まったらフォーム送信ボタンを押してください。それでご注文決定ではありませんのでご心配なく(笑)。頂いた内容を元に、お客様のご希望通りのギターができるようお打ち合わせさせて頂きます。フォームには出ていないパーツや細かい仕様などのご希望も、できるだけ実現できるように努力しています。こうしてお客様の好みに合わせてカスタムメイドできる幅広さもTMGの魅力だと思います。

問い合わせ: TMG JAPAN

main_visual_h2.png

製品情報

TMG Guitars

もっと見る

Player

2020年4月号

定価1,620円(本体1,500円)A4判

2020年3月2日(月)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

OZZY OSBOURNE

我が青春のオジー・オズボーン “メタルの帝王に捧ぐ”

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!