製品レビュー

検索結果3件 1~3件を表示
クラウス・フォアマンの新作アートワークを使用したヘフナー
製品レビュー

クラウス・フォアマンの新作アートワークを使用したヘフナー

HOFNER Limited 60th Anniv. Violin Bass by Klaus Voormann

 ヘフナーは1880年代にヴァイオリンなどの弦楽器の工房としてスタートした総合的な楽器メーカーだ。ギター分野では1930年代からアーチトップ・ギターの製造を開始。1956年にはポール・マッカートニーの愛用で知られるエレクトリック・ベースの500/1を発売した。500/1はヴァイオリン型のエレクトリック・ベースで、独特の構造と個性的なサウンドで異彩を放っているが、ヴァイオリンやコントラバスなどを製造してきた歴史を持つヘフナーならではの製品と言える。
 今回紹介するリミテッド・60th アニバーサリー・ヴァイオリンベース・バイ・クラウス・フォアマンは、500/1の誕生60周年を記念した世界で60本限定のモデルだ。このベースはホワイトのボディにブラックのバインディング、ハードウェア類を採用しており、通常の500/1とは全く異なる趣きを持ち、クラウス・フォアマン(Klaus Voormann)によるアートワークが描かれている。

価格 オープンプライス

全てが異なる仕様を持つプレミアムな一本モノ、ESP エキシビジョン・リミテッド2016
製品レビュー

全てが異なる仕様を持つプレミアムな一本モノ、ESP エキシビジョン・リミテッド2016

EX16-30 HORIZON-8 Exhibition 2016

 ESPから“エキシビジョン・リミテッド2016”が発表された。これは、世界で開催されるギター・ショウのためにESPが製作した特別モデルで、アメリカでの「NAMM 2016」やドイツの「ムジークメッセ2016」で注目され、ようやく日本でも披露された。このシリーズは、全てが埼玉県新座市にあるESPファクトリーで製作された1点限りの製品である。今回は、総勢87本のモデルが製作された中からセレクトした6本を紹介する。
 ESPは約40年前から、オーダーメイドというギター製作スタイルを日本で実践してきた。現在もギタリストの様々なリクエストに応える形でオーダーメイドのギターを製作している。今回紹介するエキシビジョン・リミテッド2016は、ギタリストからのオーダーではなく、経験を積んだクラフツマン達の視点でデザインされたシリーズ。クラフツマンは、使用する木材、構造、そして組み込まれたハードウェア類まで、トータル的なキャラクターを見据えてプロデュース/製作している。彼らが培ってきた経験や技術に裏打ちされたこれらのギターは、量産モデルとは一線を画した高い芸術性と唯一無二の個性、強い存在感を漂わせている。

価格 1,380,000円 (税抜)

ポールが使用したユニオンフラッグ500/1をHCTシリーズで再現したヘフナー
製品レビュー

ポールが使用したユニオンフラッグ500/1をHCTシリーズで再現したヘフナー

HOFNER Limited HCT 500/1 Union Flag

価格 135,000円 (税抜)

1

Player

2019年7月号

定価890円(本体824円)A4判

2019年6月1日(土)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

Tak Matsumoto(B’z)

B'z、令和の幕開けを飾る意欲作『NEW LOVE』

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!