製品レビュー

検索結果4件 1~4件を表示
「Player」×「GAKKIソムリエ」コラボ企画  大和が弦を交換して弾いてみた ~ IMPRESSION of STRINGS
製品レビュー プレミアム

「Player」×「GAKKIソムリエ」コラボ企画  大和が弦を交換して弾いてみた ~ IMPRESSION of STRINGS

弦を交換するとギターの音が変わる。これは当たり前のことだが、数ある製品の中から色々な弦を弾き比べる人は意外に少ない。この特集は「ギター弦を交換すると、本当にサウンドは変わるのか?」という素朴な疑問に、ギタリストの大和に試奏して答えてもらった。使用した弦は、本人が選んだアーニーボールの「スリンキー・Mスティール」と「コーテッド・スリンキー」の2種類。3時間の試奏を終えた大和に、その感想を語ってもらった。

ミュージックマンの定番ベースがリニューアル「ERNIE BALL MUSIC MAN StingRay Special」
製品レビュー

ミュージックマンの定番ベースがリニューアル「ERNIE BALL MUSIC MAN StingRay Special」

ERNIE BALL MUSIC MAN StingRay Special / StingRay5 Special

 エレクトリック・ベースの定番モデルの一つ、アーニーボール・ミュージックマンのスティングレイがサウンドと演奏性を根本から見直し、新たなデザインとパーツを採用し、スティングレイ・スペシャルとして生まれ変わった。

◇演奏性を追求した各種設計の見直し
◇新開発ピックアップ/18V駆動プリアンプを搭載
◇徹底的にこだわった軽量化
◇優れた重量バランスと使いやすいサウンド
BFRでルカサーのL III が登場 !! MUSIC MAN L III BFR
製品レビュー

BFRでルカサーのL III が登場 !! MUSIC MAN L III BFR

ERNIE BALL / MUSIC MAN L III BFR

 アーニーボール・ミュージックマンのBFRシリーズから、スティーヴ・ルカサーの最新シグネチャー・モデルとなるL III BFRが登場した。BFR(ボール・ファミリー・リザーヴ)とは、特に希少でグレードの高い木材を使い、特別なスペックを盛り込んで作られるハイグレードなシリーズ。レギュラーラインとは異なり、BFRはその性質上、生産本数が限られた希少なモデルでもある。

価格 600,000円 (税抜)

クラプトンも愛用したミュージックマンのアンプが復刻。HDシリーズ&RDシリーズ
製品レビュー プレミアム

クラプトンも愛用したミュージックマンのアンプが復刻。HDシリーズ&RDシリーズ

ERNIE BALL / MUSICMAN 212 HD 130 Combo

 フェンダー社を売却したレオ・フェンダーが1970年代に設立したミュージックマン・ブランドからは、セイバー・ギターやスティングレイ・ベースといったヒット・モデルが生み出された。そして、ギター/ベースよりも一足早く1974年に発売されたのが、レオの右腕として知られるトム・ウォーカーの主導で開発されたミュージックマン・アンプである。ドライヴ・サウンドを想定したマスター・ボリューム回路が組み込まれたアンプの第一世代となるミュージックマン・アンプは、トランジスタ/チューブを組み合わせた独自のハイブリッド構造でも知られ、そのフェンダー・アンプにファットな力強さを加えた口当たりを備えたオーバー・ドライヴ・サウンドが、エリック・クラプトンを筆頭とするギタリスト達に人気を博した。

価格 320,000円 (税抜)

1

Player

2019年7月号

定価890円(本体824円)A4判

2019年6月1日(土)発売

お求めは全国の楽器店、書店、またはWebで!

Tak Matsumoto(B’z)

B'z、令和の幕開けを飾る意欲作『NEW LOVE』

J-guitar

厳選されたギターが集まる!国内最大級のギター専門情報サイト!