ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. フレットで覚える音楽の仕組み |テンション・コードの作り方【2】

マイページ

ギタ-テクニック

フレットで覚える音楽の仕組み
ドレミから始めよう!!
フレット上の音名を自分のものにする
リズムは基本 【1】
音符の長さを理解しよう
リズムは基本 【2】
リズム・パターンを読んで弾いてみよう
曲の構成を読む
譜面の読み進め方をマスターする
音程について
音程の距離を正確に把握しよう
コードについて 【1】
コードはどんな仕組みで成り立ってるの?
コードについて 【2】
ちょっと難しいコードもじっくり理解しよう
コードの作り方~基本編~
指板上のどこでもコードが作れる
コードの作り方~応用編~
これで480個のコードを作れるようになる!
テンション・コードの作り方【1】
「テンション」を押さえる指を確保しよう
第11回
テンション・コードの作り方【2】
どんなコードでもその場で作り出せる!
コード進行について
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から

第11回 テンション・コードの作り方【2】

前回で3rd&7thのみでコードの種類を表せることを説明しました。
今回はその3rd&7thに「テンション」をのせて実際に“テンション・コード”を組み立ててみましょう。
その際の考え方の手順も含めてコード・タイプ別に解説していきます。

7thタイプ (例としてC7)
まず、ドモナント7thとしてもっともたくさんのテンションを付けることにできる「7thコード」を例にとって考えてみましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



M7th(メジャー7th)タイプ (例として“C△7”)
コードの作り方、考え方は“7th”とまったく同じです。違うのは「基本となるコード・フォーム」のb7thがM7thに変わったことのみですので、同じやり方でコードを作ってみましょう。
尚、比較しやすいように「Eフォーム」と「Cフォーム」で考えてみます。

 Eフォームでの例

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



m7thタイプ (例として“Cm7”)
マイナー7th・コードになっても「基本となるコード・フォーム」が違うだけで、テンションの位置などは変わりません。やり方もまったく同じですので確認してください。
Eフォームでの例

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



○参考
「5th」が変化した“オルタード・コード(変化和音)”や「テンション音」で基本になるコードの上にさらにコードを想定してしまう「ハイブリッド・コード」などについても簡単に触れておきます。

オルタード・コード(変化和音)
「オルタード・コード」とは4和音の5thの部分が変化(オルタード)した和音です。“5th”又は“♭5th”の2種類になります。例えば、「C△7(♯5)」&「C△7(♭5)」、「C7(♯5)」&「C△7(♭5)」「C7(♭5)」「Cm7(♭5)」「Cm7(♭5)」、というコード表記になります。
「テンション・コードの作り方」と同じ要領で「オルタード・コード」を作ってみましょう。
(例としてEフォームのC7を使用)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



注)「4way closed voicing」では“♯11th”を加える時に3rdを省略するので厳密には違うコードだがギターでがあまり区別なく使用してしまう。


ハイブリッド・コード(変化和音)
もとになるコード(基本コード)に対してテンションだけで構成されたもうひとつの別のコードを上にのせるコード。分数で表わす。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




今回紹介したような手順&考え方ができれば、どんなコードでも“その場で作る”ことが可能です。じっくりと理解していってください。必ず役に立つはずです。あとは『発想』しだいで素晴らしいハーモニーを作り出すことができるかもしれません。私はこの考え方でほとんどのコードに対応しています。
今回はスペースの都合上、“Eフォーム”と“Cフォーム”のみでの説明になってしまいましたが、“Aフォーム”&“Dフォーム”&“Gフォーム”でも同じようにコードを組み立てることができます。
無限にコードを作りだせるのです。ぜひ自分のオリジナル・コードを開発してください!これでコードを作ることはできるようになりましたが“使い方”についてはまた別の研究が必要です。そのためにも次回からは『ダイアトニック・コード』に入って、『コード進行』について解説していきたいと思います。


↑上へ
(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.