ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. リズムでコミュニケーション|ギターでアプローチ

マイページ

ギタ-テクニック

リズムでコミュニケーション♪ Take the communication with rhythm !
このコーナーには、FLASHを使用しています。プラグインの最新バージョンはこちらから無料でダウンロードできます。▲HELP
第1回リズム楽器を意識する
ドラムを意識したリズム感覚を身に付けよう!
第2回リズム隊の要素を知る
ベースとドラムからリズムの要素を学ぶ
第3回ギターでアプローチ
ギターのアプローチ次第で曲が変わる
第4回リズムを引き寄せる
曲のポイントをおさえて余裕を持とう
第5回16分音符を感じる
正確にタイミングを把握しよう!
第6回デュオギターから学ぼう
メロディーとバッキングのハーモニー
第3回 ギターでアプローチ
同じベースラインが続いても、ギターのアプローチ次第で、様々な表情を生むことができます。単純なコード進行に単純なリズムの曲であっても、曲全体を通して山も谷も欲しいところ。曲に変化をつける場合は、リズムに変化をつけると分かりやすく、無難ですが、同じリズムにおいてギターで変化をつけるという事も、ギタリストにとっては、楽しみの一つです。

簡単な音源でベースを感じてみましょう。

トレーニング.1

ベースに動きがある場合、ギターが気をつけなければいけない事は、やはりリズムです。まずは、リズムギターに徹してみましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

裏拍にアクセントがあるということをしっかりと認識し、タイミングには気をつけましょう。

トレーニング.2

ユニゾンでベースと同じリフを弾いてみましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

※ベースに息を合わせ、ドラムのキックとスネアのタイミングも意識しましょう。

トレーニング.3

簡単なフレーズを入れてみましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

※曲の雰囲気を左右するフレーズは、重要なポイントになります。その後の展開にも大きく影響します。タイミングを明確に把握しましょう。

トレーニング.4

更に細かいフレーズを弾いてみましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

※ギタリストの見せ場ともなるフレーズも、リズムが乱れてはぎこちない演奏となってしまいます。しっかりとリズム隊をよく聴いて演奏しましょう。

トレーニング.5

最後に、全トレーニングを含めた曲を練習してみましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ギターのアレンジにより、曲が大きく変わります。ベースと同じラインを弾くのならば力強く聴こえ、高音のカッティングなどを取り入れると曲の音域の幅が広がります。ギターのアプローチにより曲は様々な方向へ進んでいきます。曲が、今どのような展開を迎えているのかを感じ、それにあったリズムやフレーズを奏でること(呼吸をあわせる)は、ギターを気持ちよく演奏するために欠かせない要素です。
荒谷みつる推薦! このレッスンに合うおすすめCD

▲上へ

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.