ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. 即戦力シリーズ|ギターで作曲【1b】

マイページ

ギタ-テクニック

今回からリニューアル・スタートしたこのコーナーでは
「ルーツへ帰ろう!」&「フレットで覚える音楽の仕組み」の続編として
2つのコンテンツで勉強した基礎を活かして、より実戦的でわかり易く進めていきます。
わからない用語などがでてきたら前の2つのコーナーを見直してください。
第1回 ギターで作曲【1】
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から
第2回 ギターで作曲【2】
「偽終止」と「サブ・ドミナント・マイナー」
第3回 ギターで作曲【3】
サビ作りの要になる「セカンダリー・ドミナント」
第4回 ギターで作曲【4】
「おいしいコード」&「トゥ・ファイブ」
第5回 ギターで作曲【5】
ウラ・コード&コード装飾法
第6回 ギターで作曲【6】
ディミニッシュ&オーギュメント
第7回 ギターで作曲【7】
マイナーkey&マイナースケール
第8回 ギターで作曲【8】
分数コードによるベース・ラインなど
第9回 メジャースケールを覚えよう!【1】
指板上の並び方と覚え方
第10回 メジャースケールを覚えよう!【2】
“アセらず毎日”がキーワード
第11回 メジャースケールを覚えよう!【3】
コード・フォームとスケール・フォーム
第12回 コード・トーン・アルペジオ
“メロディアス”な感じを出そう
第13回 ペンタトニック裏技使用法【1】
ソロに『ペンタ』で“色”を加える
第14回 ペンタトニック裏技使用法【2】
『ペンタ』を使った様々なコード進行
第15回 マイナースケールを極めよう!!
基本のスケール3種類を覚えよう
第16回 モードの世界
7種類の“モード”を理解しよう
第17回 モードの世界2
“モード”の雰囲気をつかもう
第18回 リディアン7thスケール
あらゆるジャンルに適応できるスケール
第19回 ダブル・ストップを極めよう!!【1】
“オシャレ”な複音フレーズをマスター
第20回 ダブル・ストップを極めよう!!【2】
ギタープレイの幅をどんどん拡げよう
第21回 ホールトーン・スケールとコンディミ
“サウンド”で雰囲気をつかもう
第22回 トライアド(3和音)+α
トライアドとおいしい音で組み立てるフレーズ
第23回 使えるブルースバッキング【1】
気の利いたバッキング
第24回 使えるブルースバッキング【2】
使える6種類のバッキングを紹介

★定番コード進行集

ここからは『トニック』&『サブ・ドミナント』&『ドミナント』の3つ役割分担をふまえた上で“定番コード進行”を項目別に分けて解説していきます。
「コード進行」の基本としてまずは「ダイアトニック・コード」を並べる形で説明していきます。
たまに「ダイアトニック・コード以外のコード」が出てきてしまうことがありますが、後ほどきちんと説明しますので、まずは弾いてみて響きを体験しておいてください。


・・・V7→I
まずはもっとも“強い”コード進行である『ドミナント・モーション』から入ります。
V→I と進むこの進行は、一番不安定な「ドミナント」の代表から一番安定している「トニック」の代表に進むという流れから「強烈に落ち着く感じ」がします。
そのことから曲の終わりによく使われます。
その強烈な進行感から学校の集会などの“礼”の合図などにも使われています。
私達は知らず知らずのうちに『ドミナント・モーション』を体感していたのです。
それでは実際に弾いて『ドミナント・モーション』の流れを覚えましょう!

ドミナント・モーションを表わす記号

ドミナント・モーション

(ドミナント・モーション)の部分を意識して、実際に弾いてみましょう。※△7th、7thを省くこともある

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



参考1
『トライ・トーン』(3全音)について
ではなぜ『ドミナント・モーション』がこんなにも強烈な進行感をもつのでしょう?それには理由があります。
7thコード内に含まれる“トライ・トーン”(3全音)という音程がその秘密です。
詳しくは下図を参照してください。

トライトーン3全音全音(2フレット)が3つ分の音程にあたる減5度音程と同じ(増4度)
トライ・トーン(3全音、減5度音程)はすべての音程の中で最も不安定な音程である
例1.  

-----ではなぜG7(V7)からC△7(I△7)へ進むと安心感が出るのでしょうか? -----


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


II7V7の代理・・・II7(D7)は、V7(G7)と同じトライ・トーンを持つので代理コードとして使える

例2.
--------------それでは弾き比べてみましょう---------------
例3.

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


参考2
『サークル・オブ・フィフス』(5度圏)について
この表(下図)を見るとわかるようにコードを4度上(または5度下)に進行させていくと1周してもとのコードに戻ってきます。また平行調にあたるマイナー・コードを内側に書いておきました。参考にしてください。


サークル・オブ・フィフス(5度圏)
注:( )内は平行調のマイナー・キー    

※ 図5の「G7」の代理が「D7」というのを思い出してください。
この表を見てみると「G」の真ウラに「D7」があります。
このことからV7(G7に対してII
7(D7裏コードと呼びます。



(教会終止、アーメン終止)・・・IV→I(またはIIm7I
『終止』という言葉どおり「サブ・ドミナント」から終わるコード進行という事です。
『ドミナント・モーション』も意味としては『ドミナント終止』という事になります。
『サブドミナント終止』は『ドミナント・モーション(終止)』に比べて“柔らかい”終わり方になります。
教会音楽などによく使われるため、『教会終止』または『アーメン終止』とも呼ばれます。
『ドミナント・モーション(終止)』がちょっと強烈すぎるな~っと感じた時などに使ってみてください。
それでは弾いてみましょう!

 

サブ・ドミナント終止=サブドミナント(IV△7IIm7)から に進む進行のこと


(ドミナント・モーション)の部分を意識して、実際に弾いてみましょう。
※△7th、7thを省くこともある

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

●まとめ
今回は“コード進行”を学ぶための準備として『ダイアトニック・コード』の役割分担を中心に、曲(コード進行)の終わり方を2種類(『ドミナント・モーション』&『サブ・ドミナント終止』)解説してみました。
次回からも引き続き“定番のコード進行”について詳しく解説していきます。必ず自分でも実際に弾いて、音を出して“コード進行”が演出する雰囲気&響きの流れを感覚に染み込ませてください。
コードを自由に操って素敵な曲を作れるようになるために頑張ってください。
それではまた次回に!

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.