ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. JギターHOME >
  2. ギタ-テクニック

マイページ

ギタ-テクニック

Guitarよもやま話
第1回 オクターブチューニングをあわせよう
あなたのギターは大丈夫?
第2回 “ウラ拍”を鍛えよう
ノリの基本はバックビート
第3回 ネックをチェックしよう
ネックは生きている
第4回 色々なフラット・ピックを試そう!
ピックによってキャラクターの違う音が出る
第5回 「耳コピ」にチャレンジしよう!
「根気」と「慣れ」が大事!
第6回 コードをぶっちぎれ!
理論はあとまわしでとりあえず楽しもう!
第7回 変則チューニング大百科1
オープンやドロップチューニング
第8回 変則チューニング大百科2
少し変わったチューニングにもチャレンジ!
第9回 ハンマリング・オンとプリング・オフ
項目別基本テクニックCHECK!第一回
第10回 トリル、グリス&スライド
項目別基本テクニックCHECK!第二回
第11回 チョーキング
項目別基本テクニックCHECK!第三回
第12回 ビブラート
項目別基本テクニックCHECK!第四回
第13回 アルペジオ
これは便利!!右手パターン集【1】
第14回 右手バリエーション
これは便利!!右手パターン集【2】
第15回 ピック・カッティング
これは便利!!右手パターン集【3】
第16回 ピックで弾くアルペジオ他
これは便利!!右手パターン集【4】
第17回 ウォーム・アップ・エクササイズ
運指トレーニングを兼ねたエクササイズ
第18回 ウォーム・アップ・エクササイズ2
実戦に役立つエクササイズ
第19回 歪みを知る!
いい音を作るために基本を理解しよう!
第20回 手クセ・フレーズ集
“すぐに使える”便利なフレーズ集
第21回 エフェクターの接続順
どんな種類があるの?接続順は?
第22回 アンプ&エフェクター
状況別セッティング例を紹介!
第23回 音楽用語辞典
今さら聞けない用語をピックアップ
第24回 TAB譜記号辞典
色々な奏法を示す“記号”を理解しよう
第12回 ビブラート

今回は『ビブラート』について細かくチェックしていきたいと思います。
『ビブラート』とは“音を揺らす”テクニックですが、メカニズム的には「細かく音程を変える&戻す」という動きになるわけです。音程を保つコツや音の揺らし方の種類などを整理していきたいと思います。
自分の演奏を演出するために有効なテクニックですのでこの機会にぜひマスターしてください。
まずは基本的な動きを確認しながら実際に弾いてみましょう!

◆ 『ビブラート』で“音程を保つ”コツ

音を連続的に変えているにもかかわらず、聴感上は“一定の音程”が揺れているように聞こえるのはなぜでしょう?
その秘密を、目でも確認できるように図を使って解析してみたいと思います。
「音の揺れ方」のイメージを頭に描いてから『ビブラート』するようにしましょう。
『ビブラート』&『チョーキング・ビブラート』&『スライド・ビブラート』の3種類の「音の揺れ方」の比較をしてみます。

図1.
  ○ビブラート



  ○チョーキング・ビブラート




  ○スライド・ビブラート




◆ 『ビブラート』の練習法
基本的な『ビブラート』は“細かいチョーキングの繰り返し”です。
上図でわかるように必ず音程を「もとに戻す」ことに注意してください。
自由自在に『ビブラート』を使いこなすためにまず“スピードのコントロール”から練習しましょう!
まずはハーフ・チョーキングを連続する“揺れ”の小さいビブラートから入ります。



さらにクォーター・チョーキングを連続する、より小さい“揺れ”の『ビブラート』も試してみてください



◆様々な『ビブラート』


 ○基本的なビブラート
まずは「薬指」を使った基本的なビブラートです。チョーキングを連続するわけですから、左手のフォームはチョーキングの時と同じように人差指でのミュートなどを忘れないようにしましょう。
尚、“揺れ幅”&“スピード”は手首でコントロールするようにしましょう。同じ動きを「中指」でもおこなってください。




○クラシカルなビブラート
クラッシック・ギターでよく使われるビブラートですが、チョーキングで音程を変化させたりせずに、弦を押さえた指をその場(フレット)で揺らして行うテクニックです。
音はあまり大きく揺れませんが“上品”なニュアンスのビブラートです。


 参考:チョップ奏法について
  強調したい音に2~3本の弦のブラッシング音を混ぜて、いっきに弾きおろすテクニックです。
  迫力満点のサウンドはブルースなどに最適です。




『ビブラート』について視覚的にサウンド的にいろいろな角度から確認してみましたが参考になりましたでしょうか?自在に音を揺らして表情豊かなプレイができるように心がけてください。
音を揺らすことに気を取られて“音程”が悪くなりがちになってしまわないように注意しましょう。
『ビブラート』をかけない事もひとつの表現方法ですので、自分なりのセンスで使いこなしてみてください!
(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.