1. HOME
  2. 管楽器
  3. トロンボーン
  4. テナートロンボーン
  5. Bach 36 中細管テナートロンボーン[大久保管楽器店] 1975年 ビンテージ 640991 Bach(バック)【楽器検索|Jギター】

Bach 36 中細管テナートロンボーン[大久保管楽器店]

  • ビンテージ
程度:3+[EX]  年代:1975年 

バック中細管テナートロンボーン、プレヴィンテージ品 ブラスアンサンブルからソロまで幅広いジャンルに対応可の中細テナートロンボーン36


¥110,000(税込)

0人がブックマークしています

ブックマークする 値下げ通知に登録
商品の購入・問い合わせ
こちらの商品はカートでの販売を行っておりません。
上記のボタンから楽器店へご連絡ください。
楽器店の商品ページへ(外部ページ)

Access Count : 1,865 Since 2020/09/07 03:17:33

商品説明

※古今東西ありとあらゆるトロンボーン、中低音ブラスの買取(下取り)随時承ります。大久保管楽器店、水本・中村にご相談ください。電話03-5386-4563
メールwind@tcgakki.com

概要
ヴィンセント・バック・テナー・トロンボーン。8インチ・イエローブラスベル。13.34ミリ・スライドボア。ラッカー剥離状態。ヤマハ樹脂製ハードケース付き。1975年製。定価421,300円

状態
表面のラッカー塗装は剥離された状態です。バランサーは外されています(付属なし)。スライドに小エクボ痕1箇所あり。ベル、主管等には事故歴、凹みなし。管内洗浄・軟モノ交換・各管・スライド調整整備済み。

特徴・魅力
バック細管テナートロンボーンの中でもっとも太いスライドボアも持つ中細管の36。ジャズ・コンボやビッグ・バンドをはじめ、太管トロンボーンをメインの方のポップス・オーケストラ用など、幅広いジャンルに対応可。入荷品は暖かなフィーリングを感じさせるCORP刻印のプレヴィンテージ品。ラッカー塗装が剥がされていることも手伝い、軽快なレスポンスが得られます。

☆大久保管楽器店は移転しましたm(_ _)m
【新店舗】
新大久保駅改札から徒歩30秒!!
東京都新宿区百人町1-11-23 TC楽器3Fフロア
大久保管楽器店/TC楽器
wind@tcgakki.com
電話03-5386-4563
営業時間:11:00〜20:00 
(休日 水曜定休・祝祭日は営業、年末年始)
※メールアドレス・電話番号・営業時間の変更はございません。

詳細情報

商品名 Bach 36 中細管テナートロンボーン[大久保管楽器店]
商品ID 640991
楽器カテゴリ 管楽器 > トロンボーン > テナートロンボーン
ブランド Bach(バック)
型番・モデル 36 中細管テナートロンボーン[大久保管楽器店]
楽器区分 ビンテージ
年式 1975年
程度 3+[EX] : 年代相応で標準的な状態
公開日 2020/09/07
更新日 2021/01/24

TC楽器『大久保管楽器店』

住所 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23 TC楽器3F
アクセス JR新大久保駅より徒歩30秒 JR大久保駅北口より徒歩3分
TEL / FAX TEL:03-5386-4563
営業時間 / 定休日 11:00~20:00 ※当面の間 営業時間を12:00〜19:00に変更いたします。 / 毎週水曜日
ホームページ http://www.okubogakki.com
取扱商品タイプ 新品, 中古, ビンテージ
取扱商品カテゴリ バイオリン/ビオラ/チェロ, 管楽器/アクセサリ
対応サービス・設備
  • 買取
  • リペア
  • カスタマイズ
  • 近隣駐車場
Jギター決済
店名 TC楽器『大久保管楽器店』
所在地 東京都新宿区百人町1-11-23 TC楽器3F
メールアドレス wind@tcgakki.com
営業時間 11:00~20:00 ※当面の間 営業時間を12:00〜19:00に変更いたします。
販売事業者
代表者又は責任者
所在地 - 0
電話番号 --
販売価格
販売代金以外に必要な手数料等
支払方法及び支払時期
引渡時期
申込み有効期限申込み有効期限
保証
返品・交換・キャンセル
販売数量制限その他の特別な条件

この楽器店の新着楽器

在庫一覧へ
このお店の全在庫を見る

Bach (バック):創業者のヴィンセント・バックがトランペットプレイヤーの経験を活かし1918年に作り始めたマウスピースが高い評価を得、その後、1924年に製作を始めたトランペットはその質の高さからトランペットにおけるストラディヴァリウスと評された。1961年に親交の深かったセルマーUSA社(現コーン・セルマー社)に工場が委ねられ、以来、トランペットトロンボーンなど、最高の金管楽器として愛用され続けている。(Bach/バックのキーワード検索結果はこちら)

Bach (バック):創業者のヴィンセント・バックがトランペットプレイヤーの経験を活かし1918年に作り始めたマウスピースが高い評価を得、その後、1924年に製作を始めたトランペットはその質の高さからトランペットにおけるストラディヴァリウスと評された。1961年に親交の深かったセルマーUSA社(現コーン・セルマー社)に工場が委ねられ、以来、トランペットトロンボーンなど、最高の金管楽器として愛用され続けている。(Bach/バックのキーワード検索結果はこちら)

×
×