ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. ギターはじめの一歩

マイページ

ギタ-テクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
これからギターを始めようと思っているが、何から始めていいかわからないという人、 どんなギターを買ったらいいかわからない人、いろいろ知りたくてもまわりに詳しい人がいない・・・などという人の素朴な疑問にわかりやすくお答えする新コーナーです。
「ギターそのもの」についてはもちろん、ギターの弾き方、ギターにまつわるおいしい話など幅広い内容で総合的に進めていきたいと思います。
「アコギ」と「エレキ」それぞれについて、より詳しく解説していきますので、自分が「アコギ派」だと思った人は「アコギのコーナー」へ、「エレキ派」だと思った人は「エレキのコーナー」へ、それぞれ進んでみて下さい。まずは比較的多くよせられている質問にお答えする形で、自分に合ったギター選びのお手伝いをしていきたいと思います。
動画で見られる初心者向けコンテンツ「ギターはじめの一歩【動画編】」もございます。
■Q&A
Q:エレキギターとアコースティックギターってどこが違うんですか?
A:「エレキギター」は基本的に音を出すために「電気」を必要とします。 ギター本体からはほとんど音が出ませんので「アンプ」と呼ばれるスピーカーを通して音を出します。大きな音が出るし、色々な音色が出るので『“バンド”をやりたい』と思っている人は「エレキギター」が向いています。
一方「アコースティック・ギター(アコギ)」は構造上、ギター自体に共鳴して音を出す“箱(ボディ)”を持っているため弦を弾くだけで、きちんとした音が出ます。とりあえず一人で弾き語り(ギターを弾きながら歌う)をしてみたいとか、とにかくギターを弾きたいと思っている人に向いています。
Q:「アコギ」と「エレキ」、どっちから始めたらいいのでしょうか?
A:自分がギターを始めたいと思ったきっかけになったアーティストを参考にすれば良いと思います。自分の好きなアーティストがバンドなら「エレキ」でしょうし、ヴォーカリストで「アコギ」を弾きながら歌っていたら「アコギ」から始めればいいでしょう。とにかく自分の好きなアーティストの“マネ”から入るのが基本です。購入するギターも“モノマネ”して、好きなアーティストの持っているギターに似ているものから選ぶと満足度も高く、やる気も出るのでオススメです。最後は予算と相談してお気に入りのギターを手に入れてください。
Q:どこで買ったらいいんでしょうか?
A:『ギターの買い方』には大きく分けて、3種類の買い方があります。
1)店頭(楽器店など)で買う
メリット
実際にギターを自分の目で見て、手で触れて選べるので納得して購入できる。わからない事があったら店員に直接質問できる。値段の交渉&アフター・ケアなどについても直接確認できる。
デメリット
お店を探して、実際に足を運ぶのに手間がかかる。特に近くに楽器店が無い人などは、他の店をあたるのが面倒になって、妥協したギターを買ってしまいがち。初心者だと何をどう聞いていいかわからず尻込みしてしまう。
2)“通販”で買う
メリット
インターネットや雑誌広告などを利用して買うのが一般的。全国の楽器屋さんの「写真&スペック&価格など」の膨大な情報から自分に合ったギターを選べる。お店に足を運ぶ手間がはぶける。試奏や返品可能なお店が多いので手間さえ惜しまなければ納得のいくギターが見つかるまで、家に居ながら選べる。
デメリット
やはり実際に手に取って選べないのが最大の弱点。質問するにしても、ギターに関するある程度の知識が必要になってしまう。送られてきたギターが「ビミョー」でも送り返すのが面倒になって妥協して購入していまうことも・・・。
3)“個人売買”で買う
メリット
雑誌&インターネットの個人売買コーナーからフリーマーケットやネットオークション、友人&知人から譲り受けるなど、その方法は多種多様。どちらにしても相場よりも安く手に入る可能性が高い。新品の相場、中古の相場など、事前に欲しいギターが決まっていれば、そのギターについての情報収集しておくのが基本。
デメリット
あくまで中古市場なので、自分の欲しいギターに巡り会うことが難しい。お店を通していないので、ギターの状態やアフターケア・保証関連など不安材料が多い。ある程度の「ギターを見る目」が必要になってくる。知らない人との接触が不安に感じる人もいる。

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.