ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. アコースティック ソロギター道場 | メロディ・パートとベース・パート

マイページ

ギタ-テクニック

このコーナーには、FLASHを使用しています。
プラグインの最新バージョンはこちらから無料でダウンロードできます。

▲HELP
 ここでは 主にアコギの"指弾き"にスポットを当てたソロ・ギターのスタイルを紹介してゆきます。
 趣味として最高に楽しい奏法ですのでエレキを弾いている人も、ぜひこの機会にアコギにチャレンジしてみてください。
 もちろん、今までアコギを弾いてきた人達にも向くように奥深い内容にしてゆきます。楽しみながらじっくりと取り組みましょう。
第1回 メロディ・パートとベース・パート
それぞれを独立させる練習をしよう
第2回 交互ベース&メロディ
合わせてメロディを弾いてみよう
第3回単音ベース
かっこよく聞かせるコツ
第4回 KeyGで練習曲を弾いてみよう
ベースとメロディを合わせて弾く(1)
第5回KeyAで練習曲を弾いてみよう
ベースとメロディを合わせて弾く(2)
第6回 KeyAで練習曲を弾いてみよう
ベースとメロディを合わせて弾く(3)
第7回 KeyCで練習曲を弾いてみよう
ベースとメロディを合わせて弾く(4)
第8回 KeyCで練習曲を弾いてみよう
ベースとメロディを合わせて弾く(5)
第9回 KeyEで練習曲を弾いてみよう
ベースとメロディを合わせて弾く(6)
第10回 KeyEで練習曲を弾いてみよう
ベースとメロディを合わせて弾く(7)
第11回 KeyCで練習曲を弾いてみよう
ベースとメロディを合わせて弾く(8)
第12回 KeyDで練習曲を弾いてみよう
ベースとメロディを合わせて弾く(9)
第13回 KeyCで練習曲を弾いてみよう
ベースとメロディを合わせて弾く(10)
第14回 右手のカットを使用したシャッフル
シャッフルを歯切れ良く弾くコツ
第15回 ドロップDで練習曲を弾いてみよう
ヨーロッパ民謡風
第16回 ドロップDで練習曲を弾いてみよう
カリブ海風の南国テイスト
第17回 カントリーロール
レギュラーチューニングでカントリーロール
第18回 ゴーストノート
隠し味のスパイス
第19回 ウォーキング・ベース
ベース音をキープして演奏する
第20回 タッピングにチャレンジ
色々なテクニックを駆使して曲を盛り上げる
第21回 ピックで弾けるソロギター
ピックと指を組み合わせて弾いてみよう
第22回 DADGAD(ダドガド)チューニング
ソロギターで頻繁に使用されるチューニング
第23回 タッチ・ハーモニクス
様々なハーモニクスを盛り込んだアレンジ
第24回 トレモロ奏法
クラッシック曲で有名なテクニック
第1回 メロディ・パートとベース・パート

氏名 岩下 潤(いわした じゅん)
経歴 学生の頃からプロギタリストとして活動を始める。
数々のセッションを重ね、現在はライブ&レコーディ ングをギタリストとしてこなすだけでなく、作曲・アレンジを中心として新人アーティストのプロデュース、また専門学校などでの講師や音楽ライターなど様々な顔を持つ。みんながハッピーになれる音楽をめざすマルチプレイヤー。
自身のアルバムも制作中!


まず、ソロ・ギターの基本コンセプトである“メロディ・パート”と“ベース・パート”を独立させる練習から入りましょう。
基本的に1~3弦(高音弦)が“メロディ・パート”を担当して、4~6弦(低音弦)が“ベース・パート”を担当します。
  最初のうちは、混乱しないように、
「1~3弦の“メロディ・パート”」は右手の人さし指&中指で弾いて、「4~6弦の“ベース・パート”」は右手の親指で弾く、
という規則の中で練習していきます。

交互ベース
  はじめにソロ・ギターにとって基本となる“ベース・パート”の練習から始めましょう!
“ベース・パート”で「コード」と「リズム」の両方を表現することになるので、非常に大切な練習です。
“ベース・パート”の基本として大きく『交互ベース』と『単音ベース』の2種類に分けられます。
今回は2本のベース弦を交互に弾いてリズムを刻む『交互ベース』について詳しく紹介してみます。
まずは各コードごとのベースパターンをチェックしましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




※各コードとも『交互ベース』では2&4拍(4弦にあたる拍)を軽く強調するのが“ノリ”を出すコツ。

4つのコードでコード進行を作ります

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


  次に上記のベース・パートに合わせて”メロディ・パート”の弦(1~3弦)を1本ずつ弾いていきます。
まずは「アタマ拍」のみの簡単なパターンです。
”ベース”は今の段階では常に「アタマ拍」ですので、メロディ弦をベースと同時に弾く形になります。
リズムトレーニングのつもりでしっかりとタイミングをつかんでください。それでは弾いてみましょう。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



単音ベース
  同じ音を連続するベース・パターンの事を『単音ベース』といいます。
さっそく実際に弾いて、雰囲気をつかんで下さい。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


  ※各コードとも『単音ベース』では、ルートに当たる弦だけでなくその下の弦も一緒に2本ずつ弾くように心掛けるのが、
力強いベースを弾くコツ。


この3つのコードでコード進行を作ります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  次に上記のベース・パートに合わせて”メロディ・パート”の弦を弾いていきます。
「交互ベース」で「アタマ拍」にメロディを入れたので、ここでは「ウラ拍」を中心にメロディ弦を弾いていきます。
”ベース”は「アタマ拍」で弾いていますので、「ウラ拍」の場合ベースとズレたタイミングでメロディ弦を弾く形になります。
それでは弾いてみましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



まとめ
今回はソロ・ギターの基本になる“ベース”を中心に解説してきましたが、これらの練習は“メロディ・パート”と“ベース・パート”の分離&独立の他に、リズム・トレーニングにもなっていますので、しっかりリズム・キープして練習してみて下さい。
次回は実際のメロディを“ベース”に合わせて弾いてみます。だんだん曲らしくなってきますので、楽しいですよ!お楽しみに~!
(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.