1. HOME
  2. ギターテクニック
  3. アコースティック ソロギター道場TOP 第1回 メロディ・パートとベース・パート-それぞれを独立させる練習をしよう- by J-Guitar.com
セール J-Guitar 春爛漫セール 2020 4月13日(月)午後3時まで

ギターテクニック-Guitar Technique-

ギター初心者からベテランまで、ギター好きなら誰でも楽しめる【完全無料のテクニック講座】
エレキギター、アコースティックギター、どちらもOK!

アコースティック ソロギター道場

新コンテンツ「アコースティック・ソロギター道場【動画編】」も
合わせてご利用ください。
※以下の内容は旧コンテンツで、FlashPlayerが必要です。

アコースティック ソロギター道場

岩下潤

岩下 潤
(いわした じゅん)
学生の頃からプロギタリストとして活動を始める。
数々のセッションを重ね、現在はライブ&レコーディ ングをギタリストとしてこなすだけでなく、作曲・アレンジを中心として新人アーティストのプロデュース、また専門学校などでの講師や音楽ライターなど様々な顔を持つ。みんながハッピーになれる音楽をめざすマルチプレイヤー。

岩下潤

岩下 潤
(いわした じゅん)
学生の頃からプロギタリストとして活動を始める。
数々のセッションを重ね、現在はライブ&レコーディ ングをギタリストとしてこなすだけでなく、作曲・アレンジを中心として新人アーティストのプロデュース、また専門学校などでの講師や音楽ライターなど様々な顔を持つ。みんながハッピーになれる音楽をめざすマルチプレイヤー。

第1回 メロディ・パートとベース・パート

それぞれを独立させる練習をしよう

まず、ソロ・ギターの基本コンセプトである“メロディ・パート”と“ベース・パート”を独立させる練習から入りましょう。
基本的に1~3弦(高音弦)が“メロディ・パート”を担当して、4~6弦(低音弦)が“ベース・パート”を担当します。

最初のうちは、混乱しないように、
「1~3弦の“メロディ・パート”」は右手の人さし指&中指で弾いて、「4~6弦の“ベース・パート”」は右手の親指で弾く、という規則の中で練習していきます。

交互ベース

はじめにソロ・ギターにとって基本となる“ベース・パート”の練習から始めましょう!
“ベース・パート”で「コード」と「リズム」の両方を表現することになるので、非常に大切な練習です。
“ベース・パート”の基本として大きく『交互ベース』と『単音ベース』の2種類に分けられます。
今回は2本のベース弦を交互に弾いてリズムを刻む『交互ベース』について詳しく紹介してみます。
まずは各コードごとのベースパターンをチェックしましょう。



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


※各コードとも『交互ベース』では2&4拍(4弦にあたる拍)を軽く強調するのが“ノリ”を出すコツ。

4つのコードでコード進行を作ります



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


次に上記のベース・パートに合わせて”メロディ・パート”の弦(1~3弦)を1本ずつ弾いていきます。
まずは「アタマ拍」のみの簡単なパターンです。
”ベース”は今の段階では常に「アタマ拍」ですので、メロディ弦をベースと同時に弾く形になります。
リズムトレーニングのつもりでしっかりとタイミングをつかんでください。それでは弾いてみましょう。



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


単音ベース

同じ音を連続するベース・パターンの事を『単音ベース』といいます。



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


※各コードとも『単音ベース』では、ルートに当たる弦だけでなくその下の弦も一緒に2本ずつ弾くように心掛けるのが、
力強いベースを弾くコツ。

この3つのコードでコード進行を作ります。



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


次に上記のベース・パートに合わせて”メロディ・パート”の弦を弾いていきます。
「交互ベース」で「アタマ拍」にメロディを入れたので、ここでは「ウラ拍」を中心にメロディ弦を弾いていきます。
”ベース”は「アタマ拍」で弾いていますので、「ウラ拍」の場合ベースとズレたタイミングでメロディ弦を弾く形になります。
それでは弾いてみましょう。



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


▲上へ

まとめ
今回はソロ・ギターの基本になる“ベース”を中心に解説してきましたが、これらの練習は“メロディ・パート”と“ベース・パート”の分離&独立の他に、リズム・トレーニングにもなっていますので、しっかりリズム・キープして練習してみて下さい。
次回は実際のメロディを“ベース”に合わせて弾いてみます。だんだん曲らしくなってきますので、楽しいですよ!お楽しみに~!

ギターテクニックTOPへ

×
×