ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. >
  4. エレキギター | チューニングの手順

マイページ

ギタ-テクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
はじめに
第1回 各部の名称
エレキ・ギターの各部の名称
第2回 ギターの種類
エレキ・ギターの種類について
第3回 ギターの選び方
ギター選びのポイント
第4回 まずはこれが必要
ギターを弾くにあたって必要なもの
第5回 ギターの持ち方
さまざまなシーンでのギターの構え方について
第6回 チューニングの手順
チューニングをしてみよう!
第7回 弦の基礎知識
弦の種類・材質・太さについて
第8回 弦交換の仕方
弦を張り替えてみよう!!
第9回 ギターでドレミ
フレットと音の関係
第10回 ハーモニクス
ナチュラル・ハーモニクスについて
第11回 TAB譜の読み方
TAB譜の読み方を解説
第12回 コードをおぼえよう
コードの押え方、読み方
第13回 パワー・コード
パワー・コードを弾いてみよう!
第14回 基本テクニック
ギターを弾くための基本テクニック
第15回 Fコードに挑戦
Fコード(バレー・コード)に挑戦しよう!!
第16回 B♭コードに挑戦
B♭コード(バレー・コード)に挑戦しよう!!
第17回 シンコペーション&アルペジオ
シンコペーション・アルペジオの解説
第18回 指で弾くアルペジオ
指弾きに挑戦しよう!!
第19回 ギター・リフ
『リフ』を弾いてみよう!!
第20回 シャッフル・ビート
『シャッフル・ビート』でブルースを弾こう
第21回 ストローク
12/8拍子のストロークにチャレンジしよう!
第22回 ブラッシングアクセント
ブラッシングを使ってアクセントをつけよう!
第23回 ピック・アップ・セレクターの基礎知識
ピック・アップ・セレクターについて解説!!
第24回 お手軽ジャズ・ギター
ジャズギターを弾いてみよう
エレキギターはこちら
第6回 チューニングの手順
チューニングをしてみよう!

チューニングとは、いわゆる「調弦」で6本の弦をそれぞれ決められた音程に合わせる作業です。
ギターのもっとも一般的なチューニングを『レギュラー・チューニング』と呼びます。
まずはこのチューング&音程を覚えてしまいましょう。
『ギターを弾く前に必ずチューニングするクセを付けましょう!!


※弦は糸巻の内側にまわり込むように巻く



■ レギュラーチューニングの開放弦の音
  開放弦とは、どこも押さえない弦のことです。
  弦をクリックすると音が出ます。正しい音程を耳でも覚えるようにして下さい!

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


“チューナー”とは、「チューニング・メーター」と呼ばれるチューニング用の機械です。
内蔵マイクやギターのジャックからの信号を感知して機械が正確な音程を示してくれる便利な道具です。
価格は2千円~1万5千円くらいで、感度など性能に差はありますが機能はほとんど変わりません。
半音刻みでチューニングできる“クロマチック・チューナー”と、レギュラー・チューニングのみを合わせるシンプルなものがありますが、初心者の人は気にしなくて良いでしょう。のちのち、「半音下げ チューニング」や「色々なチューニング」もやってみたいと思う人は“クロマチック・チューナー”の方を購入しておくと良いと思います。どちらにしても、ギターの正しい音程がわからない初心者の方には“チューナー”でのチューニングがお薦めです。



■ チューニングの手順

【1】
チューナーのInputとギターのジャックをシールドでつないでチューナーの電源を入れる。
【2】
6弦からチューニングしてみる。6弦の開放弦のみを弾いてチューナーがE音(ミ)を示すことを確認する。※マニュアル式のチューナーならばスイッチで選択
【3】
メーターが真ん中を示すようにペグを回してチューニング(調整)する! 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


【4】
5弦のみを弾いてチューナーがA音(ラ)を示すことを確認する → 【3】の要領でチューニングする
【5】
4弦のみを弾いてチューナーがD音(レ)を示すことを確認する → 【3】の要領でチューニングする
【6】
3弦のみを弾いてチューナーがG音(ソ)を示すことを確認する → 【3】の要領でチューニングする
【7】
2弦のみを弾いてチューナーがB音(シ)を示すことを確認する → 【3】の要領でチューニングする
【8】
1弦のみを弾いてチューナーがE音(ミ) を示すことを確認する → 【3】の要領でチューニングする

一通りチューニングを終えた後、必ずもう一度6~1弦まで同じ手順でチェックしなおすようにしましょう。
ネックと弦の張力の関係で各弦とも少しづつ音程が狂いますのですべての弦が安定するまで何度かこの作業を繰り返すのがコツです。


ドレミでチューニングを確認しよう!

ひと通りチューニングを終えたら、慣れ親しんだ「ドレミ」・・・の音階で自分のチューニングが 間違っていないか確認してみましょう。 押さえる場所(フレット)と弾く弦を覚えてしまいましょう。
詳しくは下図を参考にゆっくりと弾いてみて下さい。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




ギターだけでチューニング

チューナーを使わずにチューニングする方法にチャレンジしてみましょう。
ギターには「異なる弦同じ音(音程)」になる場所(フレット)=異弦同音が複数できるので、それを利用してチューニングするわけです。
最近ではプロを目指している方でもチューナー無しでチューニングできない方が増えています。
ギター2本(2人)のみのセッションなどでは、チューナーを使わずにギター同志でチューニングしてしまうことも多いので、「いざという時」に困らないように覚えておきましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得