ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. 即戦力シリーズ|メジャースケールを覚えよう!【1】

マイページ

ギタ-テクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回からリニューアル・スタートしたこのコーナーでは
「ルーツへ帰ろう!」&「フレットで覚える音楽の仕組み」の続編として
2つのコンテンツで勉強した基礎を活かして、より実戦的でわかり易く進めていきます。
わからない用語などがでてきたら前の2つのコーナーを見直してください。
第1回 ギターで作曲【1】
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から
第2回 ギターで作曲【2】
「偽終止」と「サブ・ドミナント・マイナー」
第3回 ギターで作曲【3】
サビ作りの要になる「セカンダリー・ドミナント」
第4回 ギターで作曲【4】
「おいしいコード」&「トゥ・ファイブ」
第5回 ギターで作曲【5】
ウラ・コード&コード装飾法
第6回 ギターで作曲【6】
ディミニッシュ&オーギュメント
第7回 ギターで作曲【7】
マイナーkey&マイナースケール
第8回 ギターで作曲【8】
分数コードによるベース・ラインなど
第9回 メジャースケールを覚えよう!【1】
指板上の並び方と覚え方
第10回 メジャースケールを覚えよう!【2】
“アセらず毎日”がキーワード
第11回 メジャースケールを覚えよう!【3】
コード・フォームとスケール・フォーム
第12回 コード・トーン・アルペジオ
“メロディアス”な感じを出そう
第13回 ペンタトニック裏技使用法【1】
ソロに『ペンタ』で“色”を加える
第14回 ペンタトニック裏技使用法【2】
『ペンタ』を使った様々なコード進行
第15回 マイナースケールを極めよう!!
基本のスケール3種類を覚えよう
第16回 モードの世界
7種類の“モード”を理解しよう
第17回 モードの世界2
“モード”の雰囲気をつかもう
第18回 リディアン7thスケール
あらゆるジャンルに適応できるスケール
第19回 ダブル・ストップを極めよう!!【1】
“オシャレ”な複音フレーズをマスター
第20回 ダブル・ストップを極めよう!!【2】
ギタープレイの幅をどんどん拡げよう
第21回 ホールトーン・スケールとコンディミ
“サウンド”で雰囲気をつかもう
第22回 トライアド(3和音)+α
トライアドとおいしい音で組み立てるフレーズ
第23回 使えるブルースバッキング【1】
気の利いたバッキング
第24回 使えるブルースバッキング【2】
使える6種類のバッキングを紹介

第9回 メジャースケールを覚えよう!【1】

今回からもっとも重要な基本スケールである『メジャー・スケール(ドレミファソラシド)』の練習に入ります。
まずは指板上でどのようにスケールが展開するのかを把握する必要があります。
この時、できるだけ「効率的に」且つ「応用のきく形」でスケールを覚えていく事をお薦めします。
結局はドレミファ・・・を弾くだけなのですが、きちんとした形で覚えておくと他のスケールやモードへの応用がスムーズに行えます。
下図で詳しく解説していきますので参考にしてみてください。
少し大変ですが毎日練習してしっかり覚え込んでしまいましょう。

スケール(音階)をギターで弾く時、必ずスケールを構成している音の数だけ“形(フォーム)”ができます。
メジャー・スケールなら「ド~シ」まで7つの音で構成されていますので、各音から始まる7つの“形”ができる事になります。メジャー・スケールではこの7つの“形”にそれぞれ“名前”が付いています。


さらに、ギター上でスケールを弾く時大きく分けて、
なるべくポジションを変えずに真下に展開する縦型フォームと、
1つの弦について3つの音を当てはめる横型フォームの2つの運指のパターンがあります。

(横型フォームは一般に「速弾き」向きと言われています)
下図ではこの2つの運指パターンを並べて比較してみます。余裕のある人はすべて覚えてください。
 星印がついているものは運指に無理のない形」&「応用範囲の広い形」ですので優先して覚えてください。


イオニアン型

ドリアン型

フリジアン型

リディアン型

ミクソリディアン型

エオリアン型

ロクリアン型
上図のすべてを覚える余裕の無い人はがついてる図だけ覚えればいいでしょう。最低限これだけは覚えてください。


  参考 同じ形(リディアン型)上で始まる音によって、リディアン型とミクソリディアン型を分ける考え方
ミクソリディアン型が少し弾きにくくなってしまうと思います。
そこで、リディアン型ミクソリディアン型を、リディアン型一つの形でカバーすることができます。
これで、さらに弾きやすくなって、より実用的になると思います。


●まとめ
今回はメジャー・スケールの指板上の並び方と、覚え方を解説してみました。
『覚えるべき形』=「赤で囲った形」は必ず覚えてください。尚、各形(フォーム)に名前が付いていますので一緒に覚えてください。ここで忘れないでほしいのが、いろいろな“形”や“名前”が出てきますが、すべて『メジャー・スケール』を弾いているという事です。
次回はさらにツッコンで『メジャー・スケール』を理解していきたいと思いますので、しっかりと覚えておいてください。

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.