1. HOME
  2. J-Guitarからのお知らせ
  3. ギターテクニック【高みへ挑戦!トミー・エマニュエル・スタイル】第9回 アップしました!

ギターテクニック【高みへ挑戦!トミー・エマニュエル・スタイル】第9回 アップしました!

【高みへ挑戦!トミー・エマニュエル・スタイル】第9回
【高みへ挑戦!トミー・エマニュエル・スタイル】第9回

多彩なギターテクニック、グルーブ感、ダイナミクスの表現力、全てにおいて圧倒的で聴く者を常に魅了しつづける至高のギタリスト「トミー・エマニュエル / Tommy Emmanuel」のギタースタイルをしっかりと学ぶことは、皆さんのギターライフにとても良い影響や刺激を与えてくれると思います。
これまでのトミーとの交流のなかで僕が直接学んだことをはじめ、日本人の目線でのトミーのアレコレ、色々な角度から考える楽曲の成り立ちなどもお伝えしていきます。
ギャロッピング奏法やサムピックを使ったテクニック等は本当に奥が深く、長期的な練習の継続も必要ですが、何よりも「トミーのように弾けたらきっと楽しいだろうな、自分もやってみたい!」と思うことが一番大切です。
楽しく演奏をするためにしっかりと土台を作り、トミーのスタイルを吸収して成長していきましょう!
ギタリスト 西山 隆行

第9回) 開放弦を使ったカントリー・リック
開放弦音と押弦音がミックスされた独特のサウンドと高速フレーズ

< EX-18 >
・サスティンを保つため、押弦をしている指を早めに弦から離してしまわないこと。
・右手のピッキングと左手の押弦のタイミングをしっかり合わせる。

< EX-19 >
・小分けにした各々のグループの最初の音にアクセントを置くように意識する。
・プリング音がしっかりと発音できるように左手側の指に力を入れる。

高みへ挑戦!トミー・エマニュエル・スタイル TOPページ

×
×